ブラック企業

ブラック企業の休日出勤で熱中症になりかけた夏

筆者は以前、ブラック企業に勤めていました。

5年間も勤務していると色んなことがありましたが、その中でも毎年、夏になると必ずと言っていいほど思い出すエピソードがあります。

それは職場の中庭で草取りをして、熱中症になりかけたことです。

 

土日出勤して猛暑の中を1人で働かされた社員時代

あれは8月上旬頃だったと思います。

最高気温が35度にも到達し、外に数分間立っているだけでベトベトした気持ちの悪い汗がにじみ出てくる日でした。

当時、勤めていた職場は高齢者のデイサービスでした。

施設の庭には、植物や野菜がたくさん植えられており、その世話をするのが筆者の役割でした。

良識のある会社なら、1人の従業員に負担が偏らないよう上司が配慮するのでしょうが、そこはさすがブラック企業です。

そんな良識や思いやりなどとは全く無縁な環境でした。

「なんで自分ばかり…」

そう思いながらも猛暑の中、せっかく育ててきた野菜や植物を腐らせるわけにはいきません。

暗に「お前しかいない」と社長から言われ、仕方なく休日返上で会社に行き水やりその他の畑仕事をしていたのです。

水をかける量も慣れるまでは加減が難しく、時には水を多くあげすぎて根腐れさせてしまうこともありました。

そんな失敗もありながら、水やりのために職場に通うのも恒例になっていました。

 

社長に怒られる恐怖心から猛暑で草取り

少し前から薄々気付いていたのですが、無視できないくらいに庭の雑草が育っていました。

「これ以上、雑草を放置していたら上司から何を言われるか分からない」

そんな恐怖心から、怒られる前に雑草を抜いてしまうことにしました。

ここで問題が1つ。

いつもは気温が下がる夕方に水やりをしていたのですが、その日はたまたま夕方に用事があり、職場に行ったのは日差しが最も照りつける時間帯でした。

一瞬、「別の日にしようかな?」とも思ったのですが、大量の雑草なので覚悟を決めたうちにやらないと後になるほど心が折れちゃいます。

早速、軍手をはめてカマとスコップを手に持って取りかかります。

いざやってみると『草取り』は体力仕事です。

腰や足の痛みに切っても減らない雑草。

次第に、手の握力もなくなってきます。

広い庭だったので、しゃがんだり立ち上がったり等の繰り返しも思っていたより体力が奪われます。

根っこが土の中で立派に広がっているので、それを手で引っ張る作業も意外にキツい…。

体力も限界に近づいていました。

 

猛暑の中、水分なしの草取りで倒れそうになる

休みなしで1時間くらい作業した頃でしょうか。

腰が痛くなったので、一度立ち上がって思いっきり腰を伸ばそうとした時です。

急に強い目眩がして平衡感覚がなくなり、その場で倒れそうになりました。

同時に襲ってきた吐き気と、わずかに頭痛もします。

施設の外壁に手をついて倒れるのは防いだのですが、とっさに空を見上げてカンカン照りの太陽を見た時に

(ああ、しまった…)

と思いました。

作業中、一口も水を飲んでいなかったのです。

いつもは涼しい夕方に水やりをしてましたし、今日も水やりをしてすぐに退散するつもりだったので、水分を用意していなかったのです。

しかも施設の鍵を筆者は持っていませんので、施設の中に入って水を飲むこともできません。

(マジでやばいかも…)

と思った直後、筆者の車の中に、飲み残したペットボトルの水があるのを思い出しました。

車のある場所まで20mもなかったと思いますが、歩きながら腕が外壁にぶつかるので真っ直ぐに歩けていないことに気付きました。

それでも何とか車に辿り着いて、エアコンを全開にしながらペットボトルの水を一気に飲み干します。

既に温くなってましたが、こんなにうまい水は久しぶりに飲みました。

まだまだ水分が足りませんが、このまま運転する自信はありません。

目をつぶると目の前がチカチカします。

火照った体をエアコンで冷やし、目眩が治まってからその場を去りました。

 

その後は、夏場に限らず水分は必ず持参し、庭まで持って行き作業することにしています。

もしあの時、対処が遅れたら草取りしながら庭に倒れていたのだろうか?

真相は分かりませんが、普段、ご利用者に

「水分は小まめに飲んで下さい」

と言っておきながら、自分のことになると管理が出来ていないことを反省しきりでした。

また、ブラック企業に高圧的な社長や上司がいると、平常心が保てずまともな判断が出来なくなることが多々あります。

自分を責める前に、そういった環境にいること自体が問題であることも多いのです。

 

ブラック企業の時間外労働は過酷だった/『極寒の除雪作業』や『酷暑の庭仕事』で消耗こんにちは。ぷ~すけです。 筆者が以前に働いてた会社は【ブラック介護施設】でした。 給与がとんでもなく低く(月の手取り14万...