40代の悩み・生き方

《40代の薄毛の悩み》育毛サプリメントと低刺激性シャンプーで一定の効果があったお話

私が薄毛であることは友人からの一言で気付きました。

40代になった時に「後頭部の所が薄い」と言われたのです。

日常生活において後頭部のことなど気にも留めなかったので、友人から言われて驚きました。

薄毛対策は色々な方法があるようですが、自分ができることは限られてきますのでできる範囲内でやってみようと思いました。

今回の記事では私が《薄毛対策》としてやった内容と、その効果についてご紹介させて頂こうと思います。

 

薄毛対策その1:喫煙を辞めた

まず行った薄毛対策としては、喫煙を止めたことです。

タバコは身体に悪いので、それが原因で発毛を阻害することは一般常識として知っていました。

さらに調べてみると、“タバコがなぜ発毛を阻害するのか?”分かるようになりました。

タバコを吸うことで、頭皮の血管を収縮させ血行不良を起こしやすくします。

そのため健康な髪の毛が生えてこなくなったり抜け毛が多くなるということでした。

薄毛対策にはまずは禁煙という認識をもちました。

薄毛が理由とは言え、今まで当たり前に吸っていたタバコが吸えなくなるのは簡単ではありませんでした。

禁煙に挫折しようになった時に、効果的だったのは友人の「後頭部が薄い」という言葉です。

キツい時に何度もこの言葉に助けられて感謝しています。

 

薄毛対策その2:育毛サプリメントの使用

そして、次に行ったことは育毛サプリメントを摂ることでした。

タバコは発毛にマイナスなので止めましたが、育毛サプリは発毛にとってプラスの要因を期待して始めたのです。

「育毛サプリメント」で頭皮や髪の毛にも良い働きをしてくれるものがあります。

この育毛サプリメントを購入するようにして、毎日飲むようにしました。

 

薄毛対策その3:シャンプーを低刺激性に変更

その他にもシャンプーを、頭皮に優しい低刺激性のものに変更しました。

今までは香りを優先してシャンプーを選んでいましたが、これを機に頭皮へのダメージを考えたシャンプーを選ぶようにしました。

 

タバコを禁煙してからは抜け毛の量が減りました。

今までシャンプーで髪の毛を洗う際に抜け毛が多かったのですが、禁煙をしてからは抜け毛が少なくなったように感じました。

それから育毛サプリメントを摂るようになってからはペタッと髪がへたることは減り、髪の毛にコシが出てくるような実感が湧きました。

育毛サプリメントはそれなり効果があるように感じているので、引き続き摂り続けるようにはしています。

『低刺激性のシャンプー』を使い出してからも抜け毛が減りました。

同時に、髪の毛にボリューム感が出てくるようになって、友人からも

「最近髪の毛が増えてきたね」

と言われたほどなので一定の効果があると思います。

これらの薄毛対策がどんな人にオススメかと言うと、月並みですが行動力根気がある人です。

今まで『育毛サプリメント』と『低刺激性のシャンプー』を使ったことのない人は、ネットなどで「どんな商品があるか?」調べなければいけません。

毎日、サプリを飲んで髪を洗いながら浴室で抜け毛の量も確認したりと地味ですが根気のいる作業だと思います。

1週間くらいで成果が出れば良いですが、そんな簡単にいくことは少ないでしょう。

もし効かなかった場合、違う商品を探したり試したりしなければいけません。

 

とはいえ、「育毛サプリメント」も「低刺激性のシャンプー」も購入して使っていくだけなので簡単です。

関心のある方は1度試してみてはどうでしょうか?