スポーツと運動

不況に強いのは「体力がある人間」今、スロージョギングをお勧めする理由

昨年の消費増税や今年に入ってからの新型コロナの影響で、日本の経済は苦境に立たされています。

「公務員だから大丈夫」

「大企業だから安心」

と言っていられない状況になりました。

今、働いている人たちはいつリストラされるか不安でしょうし、これから就活を迎える学生も希望を持ちにくい情勢になっています。

とはいえ、企業側に必要とされる人材に近づく努力は、いつの時代もしなければいけません。

今、閉塞感が漂うこの世の中で、どの企業も欲しがっている人材って分かりますか?

体力のある人間です。

 

どの分野の仕事でも、最終的にものをいうのは体力なのです。

体力がなければ、いくら能力の高い人でも気力や集中力が最後まで続きません。

集中力が途切れれば能率が下がるだけでなく、ミスも多くなって上司や取引先の信用も失いかねません。

また体調を崩したりすれば、会社としての勝負所で良いパフォーマンスを発揮できず「本番に弱い社員」という烙印を押されることも考えられます。

 

逆に体力があれば、気力が充実しますし他人より多くの仕事をこなすことができます。

営業先に1日10件回れる人と30件回れる人とでは、どちらが多くを学び結果が出せるか?

比べるまでもありません。

体力があれば自宅でも精力的に勉強ができるので、多くの時間を学びに費やし、知識の吸収でも優位に立てるのです。

 

働くためには“体力がある”ことが、何となく有利になりそうだ…

という点まではご理解頂けたでしょうか?

では体力をつけるために何をしたら良いのか?

という問題ですがここでお勧めしたいのが

スロージョギングです。

スロージョギングで5㎏のダイエット!「太りにくい体質」と「キレイな肌」も手に入れよう!筆者は40代の中年ですが、『スロージョギング』を始めてから予想以上の効果に驚いています。 体や心に良い変化が次々に起こり、今になっ...

 

スロージョギングは、誰もが気軽に自分のペースでゆる~く体力を付けられる運動です。

運動が苦手な人や運動する習慣がなくて体がなまっている人でも、靴さえあれば今すぐにでも始められます。

最初は1回30分を目標にして、週に2~3日でも走れれば上等です。

疲れたら歩いても良いですので、とりあえず2~3週間はやってみることをお勧めします。

やっているうちに足腰が強くなり、いつの間にか持久力がついていることを実感するハズです。

その頃には体重も減っていると思うので、体が軽くなって益々、走ることが楽になっていきます。

 

子供の頃、体育や部活動でしごかれてきた人たちの中には

走るのはツラく無ければいけない

ツラく無ければ効果がない

という大きな勘違いをしている方がいます。

言うまでも無くそれは間違いです。

そもそも運動は健康のため、生活の質を上げるためにやるものです。

それなのに辛い運動をしてストレスを溜めて、それで怪我なんてしたら何のための運動なのか分からなくなります。

 

スロージョギングのように楽な運動でも効果は当然ありますし、楽だからこそ運動を楽しむ心のゆとりも生まれるのです。

楽しみながら体力を付けるには、スロージョギングが最適なんです。

スロージョギングについては過去記事で何度か取り上げているので、関心のある方は是非、ご覧になってみて下さい。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

《スロージョギングで人生が変わる話》成功を手に入れるための第一歩【体験談】「スロージョギングは人生を変える」と本気で思っています。夢を叶える最初の1歩として始めてみませんか?...