スポーツと運動

『スロージョギング』で肥満体型だったコンプレックスが解消/もっと我が儘に生きよう!

スロージョギングを始めて、筆者の身体は肥満体型から標準体型になりつつあります。

スロージョギングで得た恩恵はとても大きく、出会えたことに感謝してもしきれません。

体力がついて風邪を全く引かなくなりましたし、ストレス解消にも繋がり心と体が良い状態をキープできています。

筆者はこれまで40年くらいずっと肥満体型でした。

40代半ばでスロージョギングを始めてから体重が10㎏以上痩せたことで、見た目がかなり変わりました。

『自分もやればできる』

スロージョギングのおかげで自分に自信を取り戻せたことは人生の宝となりました。

 

スロージョギングで5㎏のダイエット!「太りにくい体質」と「キレイな肌」も手に入れよう!筆者は40代の中年ですが、『スロージョギング』を始めてから予想以上の効果に驚いています。 体や心に良い変化が次々に起こり、今になっ...

 

それまでの筆者は臆病で自分が傷つくことが恐くて仕方がありませんでした。

思考がネガティブになっていて、自分ができることにしか手を出さなかったのです。

また、失敗するんじゃないか?

周りに変な顔をされるんじゃないか?

そんなことばかりを気にしてしまい、興味があることでも上手くできない姿を想像してしまい諦めていたのです。

新しいことに挑戦しないのですから当然、ワクワクしませんし人間的な成長もしません。

 

そんな風に大人になった結果、いつしか周りからは

「穏やかで大人しい」

「実際の年齢より年上に見える」

と言われることが多くなりました。

若い頃は”褒め言葉“だと都合よく解釈していたのですが、言った人たちの表情や振る舞いを冷静に振り返れば事実は全く違うことが分かります。

大人しい」とは「面白みが無い」「楽しくない」と同義語。

そして「年上に見える」とは「若々しくない」「エネルギーを感じない」という意味だったのです。

 

そんなつまらない人生がハッキリと変わったのは『スロージョギング』を始めてからです。

今は毎日、楽しいことに挑戦しています。

人に笑われたって関係ないっす!

以下は筆者がスロージョギングを始めてから挑戦したことです。

ちょっと笑えます笑

①公園の鉄棒で一人で逆上がりの練習。

②1人で海に行きカニを100匹捕獲チャレンジ。

③飲食費を月1000円以内でおさめる。

 

まだたくさんあるのですが、個人的に好きなものを選びました。

変なの伝わりますかね?笑

全てその日に思いついて即、実行したものばかりです。

「誰かに笑われるかな?」

そんなことは考えませんでした。

ちなみに①は1~2時間延々とやってましたので、同じ公園で遊んでいた女子小学生たちが集まって来て色々と絡まれました笑

②は他の海水客もたくさんいたので、「地元の方ですか?何が獲れますか?」など、やはり何組にも絡まれました笑

③はそれまで友人と月1で食べ放題の店に行ったり、大阪まで遠征して食べまくっていたのを一切止めました。

売店のパンが定番だった昼食ですが、家にある食材でツッコミどころ満載の料理を作って職場に持って行き女性同僚に…やっぱりターゲットにされました笑

 

これまでだったら周りの評価や反応を気にしすぎた挙げ句しなかったことばかりです。

「やりたいことができない」

これではストレスが溜まりますし、人生面白くありませんが分っていても実行できない人がいかに多いことか…。

もったいないですよね

今は1日1日を「何か楽しいことをしよう」という気持ちで過ごしています。

そのおかげで毎日が楽しくて仕方がありません。

この記事を書いている今朝も『1日腕立て伏せ300回』を思いついたので実行中です。

トータルで良いので、起きがけに60回やったからあと就寝まで240回です。

残りは部屋の掃除やジョギングの合間にやろうと思います。

これで今日1日も楽しく過ごせます。

腕立て伏せ300回を選んだ理由は

・300回やったら腕はどんな感じになるのか?

・もし1ヶ月毎日、続けたら肉体的な変化はどう現われるのか?

この2つです。

もしかしたら、ただ腕を痛めて終わるかもしれません。

逆に腕が逞しくなって女性に褒められるかもしれません。

気になっている女性から「腕の太い人が好き」なんて言われることを想像したらワクワクしてきます。

子供っぽいでしょ?

子供で良いんです。

皆さんも、やりたいことがあれば全部やってしまいましょう。

人間はいずれ死ぬので、その時になって「あれもしたかったな」なんて後悔したらつまらないです。

今日を生きれることに感謝しながら楽しいことを考えましょう。

 

50年ちかく生きていると「苦労は買ってでもしろ」という言葉は響きません。

むしろ、「苦労の先には苦労が待っている」とさえ感じます。

毎日をいかに楽しく楽に生きるか?

そんな視点で物事を考えたほうが遙かに幸せを感じれます。

自分の好きなように生きていると、周りの人も面白がって色々と話しかけてくれることに気付きました。

その瞬間がまた楽しくて好きです。

自分が受け入れられているような優しい気持ちになれます。

 

なぜスロージョギングをやっただけでここまで変われるのか?

40年間抱えていたコンプレックスが解消されたからです。

子供の頃に喧嘩して「デブ」「のろま」「根性なし」と言われた経験はありますか?

大人になってもイジメは終わりません。

より巧妙で陰湿になるだけです。

形は変わるだけで大人になってもイジメは続くのです。

しまいには

「太っている方が恰幅が良くて好ましいですよ」

と褒めてくれる人に出会っても、その好意を素直に受け止めることができなくなります。

そう、嫌なヤツになっていくのです。

そうやって自分の周りから人は離れていくのです。

今までそんな経験を重ねてきました。

 

筆者は『スロージョギング』で人生が変わったと本気で思っています。

コンプレックスが解消された今、前しか向いていません。

デブだったのはもう過去の事ですし、これから自分に何ができるのか?

何がしたいのか?

興味はそこにしかいきませんし、いつも時間が足りなくて仕方ありません。

周りの批判、非難をしている暇もありません。

年内の目標もとっくに決めています。

・スカイダイビングを体験。

・副業で月収20万円稼ぐ。

・腕立て伏せ連続100回。

・「いつも機嫌が良いね」と10人から言われる。

・児童福祉に携わるボランティアをする。

・Twitterのフォロワー1000人達成する。

やりたい事はどんどん増えていますが、スロージョギングをやってみて分かったことがもう1つあります。

エネルギーに限界はない。

それどころか

楽しむほどエネルギーはどんどん湧いてくる

ということです。

皆さんも楽しい事を何かやりましょう!

何なら『スロージョギング』でなくても良いです笑。