スポーツと運動

『セブンズジャパン』に福岡選手が出場決定!「7人制ラグビー」を分かりやすく紹介します

2019ラグビーW杯は稀に見る盛り上がりを見せました。

日本代表チームは史上初!ベスト8入りを果たすという大躍進の大会になりましたね。

さて、一般的にラグビーと言われると【15人制】を指しますが、その他に【7人制】が存在することをご存じでしょうか?

まだ知らない方も多いと思いますので、簡単にご紹介します。

【15人制】と【7人制】のルールはほぼ同じ

7人制ラグビー】は「サッカー」と「フットサル」ほどのルールの違いはありません。

ルールはほぼ同じと思って良いです。

【15人制】と【7人制】は試合で使うフィールドの大きさも同じです。

1人の走る距離が明らかに長くなるので疲れそうですね(笑)

大きな違いはと言うと、プレーヤーの人数試合時間です。

前半後半ともに7分ずつなので、15人ラグビーを見慣れた人にはかなり短く感じると思います。

フィールドで試合をするプレーヤーが約半数になるので、必然的に密集したプレーが少なくなります。

その分、選手の動きがよく分かるので観客は見やすいと思います。

ラグビー日本代表がくれた感動をどう生かす?自分の「日常」に戻りそれぞれのプロを目指す2019ラグビーW杯の日本代表の挑戦は『ベスト8』で幕を閉じました。 日本代表の「全てを犠牲にして掴んだメンバー争い」や、日本のた...

【7人制】はスピード重視の選手が躍動!そこで福岡選手!

試合展開としては、タックルで相手を吹っ飛ばすというよりは、スピードで相手を抜き去ったりステップでかわすシーンが多くなります。

そうなると、FWも【15人制】のようにゴリゴリマッチョの選手よりは、スピードや瞬発力のある選手が活躍することになります。

 

気になるサクラセブンズの実力ですが、歴史が浅いとはいえ、初出場の2016年リオデジャネイロ大会では4位になっています。

さらにこのタイミングで『サクラセブンズ』に朗報です。

日本が《ベスト8》になった10/20の南アフリカ戦を最後に、福岡堅樹選手が代表引退を発表しました。

正式に言うとラグビー自体を引退するのではなく、今後は【7人制ラグビー】に舞台を変えて福岡選手が出陣することになるそうです!

「スピードスター」福岡選手にとって【7人制】の方が持ち味のスピードを生かせるかもしれませんね。

 

つまり【7人制】には【15人制】にない魅力がある

これまで「ラグビー」というと【15人制】ばかり注目されてきましたが、【7人制ラグビー】には【15人制】にはない試合展開が楽しめるハズです。

個人的には福岡選手の50m独走してからのトライが見たいです。

今大会、日本代表がベスト8の輝かしい成績を残したので、【7人制】や【女子ラグビー】も含めたラグビー界全体の底上げをしていきたいですね。

そのためにも我々ファン(筆者のようなにわかを含む)の後押しが必要になります。

みんなで日本代表を応援しましょう!!