スポーツと運動

ラグビー日本代表がくれた感動をどう生かす?自分の「日常」に戻りそれぞれのプロを目指す

2019ラグビーW杯の日本代表の挑戦は『ベスト8』で幕を閉じました。

日本代表の「全てを犠牲にして掴んだメンバー争い」や、日本のために命がけで体を張るプレーを観て、日本全体が感動の渦に包まれました。

今大会を観て【ラグビー】という競技の面白さに気付いた人は多いと思います。

またニュージーランドに代表されるように、ラグビーを心の支柱にしている人も多いことから、ラグビーは人々の信仰にも値する大きな存在なのだと気付かされました。

日本代表は「ラグビーの面白さ」を教えてくれた

今大会の日本代表の戦いぶりは後生まで語り継がれると思います。

今大会が終っても日本代表を応援し続けてラグビー全体を盛り上げたいですね。

ラグビーという競技の持っているポテンシャルを考えれば、それこそ野球やサッカーに負けない「国のスポーツ」にできるのではないか?

これだけ日本全土が盛り上がった大会なので、「盛り上がったね」で終るのはもったいないですよね。

今までラグビーに全く関心のなかった女性や子供、高齢者までが「ラグビー面白い」「日本代表が好きになった」と口にしているんです。

国民が1つにまとまって日本代表を力一杯に応援しました。

大きな力に変った感じ…これって奇跡に近いと思いませんか?

今や「日本の誇り」と言っても過言でない日本代表には、それにふさわしい評価と待遇が与えられるよう国民全員で見守っていきたいものです。

そのためにも、今大会だけでなく今後も日本のラグビー界の発展を国民全体で後押ししていきたいですね。

日本代表が見せてくれた『勇気』をそれぞれの「日常」で生かそう!

今大会の日本代表のパフォーマンスを観て「勇気を貰えた」と口にする人が多いですよね。

筆者も同じ思いです。

そう感じると同時に、日本代表の頑張りを見ていて自分の「日常」も頑張らないといけないなとも思いました。

その根底にあるのは日本の経済が求心力を失い、国全体が閉塞感を感じている現状です。

日本の未来どころか、自分たちの近い将来の事も明るい兆しがなかなか見えません。

そんな時だからこそ

「今度は自分たちが頑張る番だ」

と思ったんです。

大会が終っても日本代表が私たちに与えてくれた勇気や感動がなくなる訳ではありません。

今度は自分たちがそれぞれの「日常」に戻って頑張る番だと思うんです。

誰にでも「面倒くさいな」「大変そうだな」と言って逃げてきたシーンはあると思います。

そんな時に「あの時、日本代表が戦った相手に比べたらこんなの問題にならない」

と奮起して今度は頑張れそうな気がしませんか?

日本代表から貰った『勇気』を自分たちの日常に落とし込んでみましょう。

自分のために頑張ることが、家族のため日本のためになるハズです。

日本代表に憧れて応援するだけでも良いのですが、それぞれの分野(サラリーマンだってプロです)でベストを尽くし昨日の自分を超えられたらもっと凄くないですか?

今度はあなたが「憧れの存在」「応援される存在」になる!

日本代表は「憧れの存在」「応援する対象」でしたが、今度はあなた自身が人を感動させて応援してもらえる存在になるかもしれません。

と言っても大袈裟な話ではありません。

・苦手な人参を食べた

・勉強を1時間やった

・彼女にプロポーズした

何でも良いんです。

日本代表に習って、その人が今までできなかったことに対して少し勇気を出して挑戦したらどうなるでしょうか?

周りの人は「頑張ったな~」って思いませんか?

そして褒められた人はこう言いましょう。

「だってラグビー日本代表も頑張ってたでしょ?」

これを聞いた人はどう思うでしょうか?

「アホらしい」とそっぽを向く人がいる一方で、「俺も頑張る」と思う人も多いと思います。

そうやって「日本代表のように…」を1人1人が合言葉のように口にしていたら、日本の景気が変わるくらいの力になるかもしれません。

かつて、マザーテレサに「世界平和はどうすれば実現するか?」と質問した人がいました。

マザーテレサの答えはこうです。

「自分の家に帰って家族を愛しなさい」

大きな事を成し遂げるためには、身近な事をコツコツやるということなんですね。

地味で時間もかかるでしょうが、皆が同じ気持ちで少しだけ行動を起こしていけば、日本の未来にも明るい展望が見えるのではないでしょうか?

さて、大盛り上がりを見える今大会も、いよいよ佳境となりました。

【ラグビー世界一】の称号を勝ち取るのはどのチームか?

最後まで見守って熱い声援を送りましょう!