ライフスタイル

「掃除をしない人は損をしている」断捨離・掃除をした後に起こったプラスの変化【体験談】

今年のGW、何年かぶりに部屋の断捨離や大掃除・片付けを行いました。

驚いたのが、掃除をしたことでGW後の自分の生活が良い意味で大きく変わったことです。

もし、「いま部屋が散らかっていて掃除をしたいけど面倒くさくて…」

と言う方がおられたら、参考にしてもらえるかもしれない情報なので今回、簡単にシェアさせて頂きたいと思います。

《部屋の掃除・片付けをしたメリット》

①常に気分が良い。

②行動的になった。

③キレイ好きになった。

大きく分けてこの3つです。

順番にご説明していきます。

 

掃除をする前の部屋はどんなだった?

まず今までの部屋がどんな状況で、どうやってキレイにしたのかご説明させて頂きます。

今までの部屋は色んな物が床に散らばってました。

どこに何を置くのか考えるのが面倒くさくて、使った物をそのまま床に置いていたのです。

物が置いたままだと掃除をする気になりませんでした。

物をどけて掃除をするのが凄く面倒に感じたからです。

結果的に埃がたまり、窓を開けた時に風で埃が舞い上がるのが目で見えるほど”散らかって汚い部屋”に変貌していきました。

毎日、過ごす部屋なのに「いかに快適で機能的な空間にするか」という視点が決定的に欠けていたのです。

 

まず部屋の中にあるいらない物を徹底的に捨てました。

その量はリビングだけで、45リットルの袋5つ分のゴミになりました。

たまにしか使わない物はクローゼットの中に片付けて、目に見える場所には極力、物を置かないようにしました。

物が整理できれば床が見えてきます。

埃やシミのような物をキレイに掃除します。

何年か分の汚れなので頑固な汚れもありましたが、マイペットを使って根気よく水拭きしていたらかなりキレイになりました。

一通り掃除を終えた後で家族が部屋を見た時に、驚きの声を上げるほどキレイな部屋の様変わりしました。

 

掃除のメリット『常に気分が良い』

汚れて物が散乱している部屋を見ると気分が悪くなります。

今までの部屋は見る度に自分のだらしなさを象徴しているようで、いつも不快な気持ちになっていました。

本来なら仕事を終えて疲れた心や癒やす空間のハズなのに、目に入ってくる光景がこれでは暗い気持ちになるのも当然です。

部屋を掃除してからは、全く逆でプラスの感情しか湧いてきません。

一生懸命に掃除してキレイになった部屋には愛着も湧きますし、

「二度と、部屋を汚したくない」

という気持ちが強くなって、毎日、掃除をするようになりました。

「ああ、今日もキレイだな」

とニンマリする日も少なくありません。

スマホをいじっていて、ふと顔を上げると目の前に整理整頓され掃除が行き届いた部屋が拡がっているのです。

「頑張って掃除して良かったな」

と努力の成果を実感できるので、ジワジワくる幸福感にことができます。

だれでも良い気分で1日を過ごしたいと思っているハズです。

旅行に行くのも趣味に没頭するのも、自分が良い気分になるためだと思います。

《灯台もと暗し》

良い気分になりたいなら、自分の部屋をきれいにすることが一番手っ取り早い方法であることを今回気付くことができました。

 

掃除のメリット『行動的になった』

部屋がきれいになってから、部屋を広く使えるようになりました。

なにせ今まで7割ほどの空間が物で溢れてデッドスペースになっていたのですから…。

空いた空間をそのままにするか、有効活用するか考えるのが楽しみになりました。

今まで物置になっていた天窓には、ホームセンターで買った花を置きました。

毎日、水をあげながら青々した葉っぱと鮮やかな黄色い花を見るのは毎朝の楽しみになっています。

テレビの前の広く空いたスペースは”トレーニング用”のスペースになりました。

腕立て伏せやスクワット、プランクなどヨガマットを敷いて毎日励んでいます。

キッチンもキレイに掃除してから使用頻度が増えました。

簡単な調理をしたりジューサーで野菜ジュースを飲んだり等、食生活に直結する場所なだけに健康管理に大きな貢献をしました。

空間が広くなった分、歩数も多くなります。

ダイエットのため万歩計を付けているのですが、外に出なかった日でも1日数千歩は歩いています。

汚い部屋の時は、感覚値ですが数百歩しか歩かなかった日もあったと思います。

これらの変化は端的に言うと『行動的になった』と言えるのでしょうが、生活が良い方向にガラッと変わったので今後の人生を大きく変える切っ掛けになりました。

 

掃除のメリット『キレイ好きになった』

GWは断捨離や掃除・後片付けでほとんど終ってしまいました。

一人で時間をかけてやったこと、そして、掃除したメリットを毎日、感動しながら味わっていることで

「もう二度と元の部屋には戻さない!」

という気持ちが強く芽生えました。

掃除を終えて最初にしたことが『掃除道具を揃える』ことでした。

今ではホウキと2種類の”コロコロ”を駆使して毎日、掃除しています。

小まめに掃除することで常にキレイな空間に身を置くことが出来て幸せです。

 

まとめ:今、色んな事がうまくいっていない人へ

今回の記事では、掃除をして部屋をきれいにすることで

①常に気分が良い。
②行動的になった。
③キレイ好きになった。

この3つのメリットがあったことをご紹介させて頂きました。

世の中には仕事やプライベートでうまくいかず、鬱々とした気分で過ごしている方がおられると思います。

筆者もブラック企業で働いた経験があるのでよく分かります。

『ブラック企業』で退職するまでブラック社長から浴びせられた「パワハラ言葉7選」筆者が30代後半で就職した会社はブラック企業でした。 前の職場は福利厚生が良く給与面で不満はなかったものの、家庭の事情で辞めざるを...

 

そんな時、部屋の汚れた窓ガラスを拭いてみて下さい。

気分が晴れたのではないですか?

ピカピカになったガラスをキレイにしたのはあなたです。

ちょっとした行動で、自分の気持ちが上向きになる余地がまだ残されている証拠です。

今、あまりうまくいっていないな…辛いな…。

そう感じている方にこそ、少しずつでも良いので部屋の整理や掃除をオススメしたいと思います。

気持ちが上向きになるのを待っていたら、いつになるか分かりません。

考え方が逆なんです。

行動するから気分が変わってくるのです。

・現状を変えたいと思っている方

・何をしたら良いか分からない方

・目標がない方

まずは掃除をしましょう。

掃除をしているうちに自分のしたいこと、やるべき事が見えてきます。

たとえ見えなくとも、新たな行動を起こすエネルギーが湧いてきます。

掃除をしましょう。

今からすぐ幸せになれる!口角を上げて『笑顔』をつくろう!誰でもできる簡単で効果の大きい方法40代も半ばになると《残りの人生をどう有意義に過ごすか》なんてことを考えるようになりました。 「今、この瞬間が楽しければ良い」 ...