未分類

カードローンは計画的に使うもの|お金にルーズな人はあっという間に多重債務者になる

私は収入の状況では金銭的に余裕がないこともあり、カードローンを利用しています。

カードローンは複数の会社に申し込めば多くのお金を借りれますが、私は金銭的にルーズな時期もあったため多重債務をしました。

人間は簡単にお金が手に入りやすい方法を知ると味をしめてしまうもので、誘惑に負けてしまうこともあるものです。

カードローンは借りた金額に応じて利息がかかり、返済回数を増やせばかかる期間が長くなるため総額が増えます。

私は若い頃に旅行など趣味に多くのお金を使ってしまうことが多く、多重債務をして結局は審査に通らなくなったこともあるものです。

カードローンの返済に困っている状況は人それぞれですが、金銭感覚が麻痺してしまうとどうしても後回しになってしまうものです。

中でも分割払いやリボ払いなどは一回あたりに支払う金額が少なくて便利だと考えがちですが、実際には会社側が儲かるようになっています。

多重債務は多くのお金をいとも簡単に手に入れてしまいます。

以前の私のように、金銭感覚が麻痺して責任を持てない人は絶対に避けるべき行為です。

私は自分のことを自業自得だと思っています。

返せなくなった場合はそのまま放置すると信用情報機関に記録され、肝心な時に借りれなくなることを認識することが大事です。

カードローンは残高が増えすぎると利息も多くなります。

手遅れにならないよう収入の状況に合わせて返せるようにしないと今後の生活に多大な影響を及ぼしてしまいます。

多重債務者は信用情報機関に記録されてしまい、いざという時にローンの審査が通りにくいものです。

返済期間は長くなりすぎると勤務先の事情などで予定通りの収入が確保できない可能性もあります。

分割払いを極力しないことや、1つの会社のみ使うなど金銭感覚が麻痺しないようにしないといけません。

恥ずかしい話ですが、私はカードローンの返済で何度も失敗して日常生活に支障をきたしたこともあります。

さすがに現在では過去の自分を教訓にして、計画的にお金を使っています。