ライフスタイル

家計簿をつけて月2万円の節約をした実際のお話~節約は楽しい~

家計簿をつけると、毎月の余計な出費が抑えられるようになります。

筆者自身も家計簿をつけるようになってから、お金に対する価値観が変わったので今回は簡単にその時のお話をしたいと思います。

ちなみに筆者は40代後半のおっさんです( ̄∇ ̄)

 

今までの自分はというと

その場の思いつきや一時の感情で物を買ってしまう

財布に入っているお金はつい使ってしまう

という生活でした。

どうですか?

こんな方、皆さんの中にもいらっしゃるのではないでしょうか?

 

筆者はなかなか浪費癖が治らなくて、これまでお金がほとんど貯まりませんでした。

ボーナスに手を付ける前の預金通帳を見て、「お~お金がたくさんある~!」みたいな(笑)

そんな感じで「節約」とは無縁な生活だったわけですが、ある日何となく『家計簿』をつけてみようと思って書店に並んでいた290円くらいの家計ノートを購入しました。

そして物を購入したりサービスを受けたりした際は、書き忘れがないようにレシートをとっておくようにしたんです。

 

結果的に家計簿の効果は絶大でした。

最初の1ヶ月で、いかに自分が無駄使いしていたか?出費の内訳を見て明らかになりったのです。

・衣料品

・書籍

・コンビニで購入するジュースやお菓子

・土日に購入していた昼食のパン

・100均一で購入した日用品

 

これらだけで毎月3万円以上の出費でした。

「衣料品」については、ふらっと店舗に入った際に「あ~良いな」と思ったらすぐ買い物カゴに入れてしまいます。

そして、家に服を持ち帰った後で同じような服が既にあったのに気付く…みたいな。

 

「書籍」は一見、必要な出費に思いますが、家にはまだ読み切っていない本が20冊ほど積み重なっているのを考えると

「今、どうしても必要な物だったのか!?」

と聞かれると答えに困ってしまいます。

 

「コンビニで買うジュースやお菓子」は言うまでもありません。

しかも自分では月1000円程度だと思っていたのですが、ほぼ毎月2000円以上使っていて、3000円を超えていた月もあったのは驚きでした。

これなんか無計画でどんぶり勘定だった自分の性格がモロに現われています。

 

「100均で購入した日用品」も自分では意外だったのですが、毎月2~4千円使っていたんですよね…。

購入した物を振り返ってみると、文房具やら台所用品やら箸に至るまで

「これ今、必要か!?」

と、自分でも疑問を感じます。

だいたい、なんでガムテープが3つも家にあるんだろう(T-T)

滅多に使わないのに…。

 

この100均は必要な商品が他店より安く手に入るので重宝していたのですが、安いからと言って必要ない物を大量に買っていたら結局は無駄使いです。

「いつか使うだろう」

そう思って買った輪ゴムなんかは、使わないまま2箱も放置されていました。

情けないのが、いざ使おうと思ったら保管状態が悪かったのか、ゴムが堅くなっていてすぐに切れてしまったことです。

自分のお金だけならまだしも、資源の無駄使いをしてしまったことには素直に反省するばかりです。

お役目を果たせないままゴミ箱行きになってしまった輪ゴムさん。

どうもすいませんでした(_ _)

 

と言うわけで家計簿を付けてみてからというもの、自分のだらしない性格と無駄使いの傾向がありありと分かったのです。

そして家計簿を付け始めて2ヶ月目から、さっそく無駄使いを減らすことができました。

前月と比べると、2万円弱の節約ができたのです。

改めて考えると2万円って大きいですよね。

「2万円あれば何ができるだろう?」

そんな風に色々と考えていたら節約が徐々に楽しくなってきました。

 

昔は「節約」と聞くとなんだかみみっちい感じがしたのですが、2万円節約したってことは2万円稼いだことと同じ価値がありますからね。

手元に残るお金が増えていけばそれだけ人生の選択肢が増えていきますし、心のゆとりも生まれてきます。

 

女性の方が「家計ノート」またはアプリ等を使って家計管理をされている方が多いかもしれませんが、男性も大いに始めてみるべきだと思います。

最初は抵抗がある方も多いかもしれませんが、まず半年くらいやってみることをオススメします。

お金に対する価値観が大きく変わるかもしれませんよ?

 

最後まで読んで頂きましてありがとうございました。

 

こちらの記事もおすすめ!