夫婦・家族問題

モテ男が結婚して『良い夫』に変わっていく過程を紹介します《妻である私が実行したこと》

40代女性です。

夫とは社内恋愛を経て結婚しました。

妻の私が言うのもなんですが、夫は結婚前からかなり異性にモテるタイプでした。

他の同僚女性との噂はよく聞いていましたし、「二股三股かけるなんて当たり前」など色んな話を聞いていたので、遊ばれたくないし距離を置くようにしていました。

 

彼との唯一の共通点と言えば、二人がプライベートで通っているスポーツジムが同じという点です。

たまたま時間が重なり、先に彼が来ていたので挨拶した頃から、何となく話すようになりました。

それから自然な感じで会話するようになって、妙に馬が合うというか同じプログラムにも参加したりしたのです。

お互いに健康に対して関心が高いことが分かり、ダイエットサプリやボディメイクについて話が弾み、会話が楽しく思えるようになりました。

会社ではチャラチャラしているイメージだったのですが、以外にストイックな面も発見したりして、次第に彼に興味を持つようになったのです。

お互い自然と付き合うようになるまで、1年もかからなかったと思います。

交際期間は半年くらいでしたが、その後、結婚することになりました。

 

さあ、そうなると心配なのは夫の浮気です。

かなり異性からモテるのは知っていましたので、私が少しでも油断したら誰に色目を使われるか分からない…くらいの覚悟はしていました。

そこで私がやったことは、彼に誓約書を書いてもらうことです。

浮気されたら私が苦しくなるので、《絶対許さない!》と何度も夫に伝えました。

《浮気したら給料を全て妻に没収される》

などを紙に書いて、条件を提示してもらいました。

共働きだったので、家事の分担なども行いました。

結婚後は例えば掃除などもかなり念入りにしてくれます。

アイロン掛けなど、夫は自分で綺麗に行うのでびっくりしました。

子供ができて私が時間に追われるようになってからも、夫は想像していた以上に家事や子育てに協力してくれました。

そんな彼の様子を見て私も嬉しくなり、大袈裟に彼を褒めるようにしました。

そうするとそれが夫には凄く嬉しかったようで、さらに家事を積極的にするようになりました。

家庭をサポートしてくれる夫の姿勢のおかげで、家族がとても仲良くなり良い環境です。

こうなると、もっと夫の喜ぶことをしてあげたくなり、私が定期的にマッサージしてあげるようにしました。

これも夫は喜んでくれたので、また私も嬉しくなってマッサージのコツを自分なりに調べたりして技術を上げていきました。

今では夫が仕事から帰宅したら、時間をみてしてあげるのが恒例になりました。

 

モテる夫が他の異性に目が行かないようにするには、家庭こそが彼の居場所であることを理解してもらうことだと思います。

一時的な刺激や快楽よりも、夫は家に居る方が居心地が良いはずです。

夫にそう思ってもらえるようなアクションも妻として考えてきました。

このようなちょっとした事が夫婦関係に大きく関係してきます。

 

ちなみにマッサージの効果は絶大です。

身体に触れることで分かることはたくさんあります。

疲れが溜まっている時や、体調の善し悪し、隠し事をしていることまで私は言い当てたことがあります。

私には”隠し事はできない”、と夫は思っていることでしょう。

一方で、仕事で疲れが溜まっていても、私がマッサージで身体のコリをほぐしたり、話を聴いてあげることで彼の心と体のケアをしているつもりです。

お互いにとって良い意味で相手に心と体を委ねている関係と言えるのかもしれません。

 

言うまでも無くこうした取り組み方はとても重要です。

結婚した時は不安もありましたが、私たちはこうして良好な夫婦関係を維持できています。

今回の話が参考になれば嬉しいです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

夫婦喧嘩をした後の『スキンシップ』で翌朝には仲直り/感情を入れずに「作業」として行う私は40代の男性です。 私たち夫婦は、夫婦喧嘩をした後で仲直りをするための、あるルールを設けていました。 それは喧嘩の後で「...