ラグビーワールドカップ

ムタワリラ選手のあだ名は『ビースト』/稲垣選手に危険なタックルも試合後に感動の抱擁

10/20に日本と南アフリカ戦が行われました。

結果は周知の通り日本の敗北となったわけですが、稲垣選手への「危険なタックル」をした南アフリカのテンダイ・ムタワリラ選手が話題になっています。

タックルしたまま稲垣選手を抱え上げて頭から落としています。

大けがにも繋がりかねない「危険なタックル」と判断されたのは妥当でした。

試合後、稲垣選手の神対応に、賞賛の声が上がりました。

タックルを受けた被害者なのに、ノーサイドの精神は素晴らしい。

 

タックルをしたテンダイ・ムタワリラ選手は南アフリカを代表する超有名な選手です。

愛称は『ビースト』

《プロフィール》

・1985年生まれ(34歳)

・183㎝117㎏

・怪力無双

・勇猛果敢なプレースタイルで、彼がボールを持つと「ビースト」の声がスタジアムに響き渡る

 

100㎏を超える稲垣選手を軽々と持ち上げるパワーは凄まじいですね。

リアルタイムで観ると、その迫力に圧倒されます。

日本戦では敵同士でしたが、日本が敗れたので南アフリカを応援しようと思います。

「ビ~スト!!」