40代の告白・内緒話

【夫婦円満のコツ】喧嘩したって仲直り/妻の弱みに夫の優しさで万事が解決

私は40代女性です。

私は年齢が近いせいもあり、夫とよく夫婦喧嘩をします。

結婚して10年以上になりますが、幸い離婚を考えてしまう程の大きな夫婦喧嘩をこれまでしたことがありませんでした。

一方で同年代の友人などと話していると、夫婦喧嘩をした後で1度は離婚を考えたという意見が多かったのです。

何人かの人から同じような話を聴くので、

「私も夫と喧嘩をよくしてるのに、なぜ離婚を考えなかったのか?」

と振り返ってみたのです。

理由はあっけなく判明しました。

夫が優しいからです。

でも普段から優しい訳ではありません。

私が本当に困っている時に見せる優しさです。

普段から優しく接してくれたら良いのですが、夫の場合は無駄な(?)優しさがないというか要所で優しさを見せてくれます。

その印象が強く残っているので、どんなに喧嘩しても離婚を考えるまでには至らなかったのだと思います。

今回、身近にあった出来事を例に出して簡単にお伝えしたいと思います。

世の中の既婚男性に役立つ情報になれば幸いです。

妻の弱みを夫が理解しているか?(私の場合はギックリ腰)

私はこれまで何度もギックリ腰になって辛い思いをしてきました。

中でも今年に入ってすぐ発症したギックリ腰は、過去もっとも重度で深刻な痛みでした。

少しでも動くと激痛が走るような状態でしたので、その恐怖感から一歩も動くことが出来なくなったのです。

私は事の重大さに気付いて、夫に助けを呼ぼうと携帯電話を探しますが寝室に置いたままで

だったことに気付きます。

(この激痛に耐えながら寝室まで行けるだろうか?)

(今、無理して動いたら二度と立てなくなるのではないか?)

そんな不安が押し寄せ、とても無茶をする気になれませんでした。

時間が経過しても痛みは一向に良くならず、動けないままの状態で夫が仕事から帰ってくるのをひたすら待ち続けました。

(お願いだから今日は残業しないでまっすぐ帰ってきて!)

願いが通じたのか、それほど遅くはない時間に夫が帰宅してくれました。

妻が弱みを見せた時、夫はどこまでフォローするか?

リビングで動けなくなって話すのもままならない私を見て、全てを察知した夫の対応は素早く適切でした。

夫は急いで車を用意し、すぐ私を担いで救急病院に連れて行ってくれました。

腰の痛みをこらえながら感じる夫の背中が、いつも以上に頼もしく思えました。

病院ではブロック注射や痛み止めの注射を打ってもらったり、痛み止めの薬を処方してもらいました。

非情にも腰の痛みはあまり良くならず、しばらくの間は痛みに耐えながらの生活になると覚悟しました。

そんな時、友達から紹介してもらった腕の良い整骨院に行ってみたところ、一回の施術で少し楽になったのです

ようやく見えた光明です。

藁にもすがる思いでその整骨院に毎日、通いました。

その間、夫は満足に歩けない私を毎日、仕事を早めに切り上げて整骨院に連れて行ってくれました

私がほとんど動けない状態でしたので、夫は移動の度に私を負ぶって車まで連れて行き、整骨院の駐車場に着いてからも整骨院のベッドまで負ぶってくれました

それを2週間以上も続けてくれたのです。

さらに毎晩、腰痛に効くクリームを私の腰回りや痛みがある箇所に塗ってくれました

この時の夫のサポートは本当に有難く思いました。

また腰痛が酷い時は家事ができなかったので、主人はすぐに食べれる惣菜を買ってきてくれたり、後片づけもちゃんとやってくれました。

その他の家事も嫌な顔ひとつせず、自分から率先してやってくれました。

普段の家事は私まかせなので、夫は料理も含めて全くやりません。

しかし、この時には私がお願いしなくても、必要な家事を当たり前のように黙々とやってくれたのです。

仕事も忙しいだろうに毎日、早めに帰宅して疲れた顔を一切見せず、私の体を労ってくれました。

「いざと言う時に優しくて頼れる夫」で夫婦円満

普段はちゃらんぽらんで、休日も家の中でゴロゴロしてるだけの夫です。

優しい言葉をかけてもらうことはほとんどありません。

ですが、今回のギックリ腰の件で夫を改めて見直しました。

「やっぱり優しい人だったんだ」

「いつも私の事を気にかけてくれてるんだ」

主人の優しさを感じることが出来て、すごく嬉しかったですし感謝の気持ちをもてました。

夫のお陰で、私の腰の状態は少しずつ回復していきました。

普段いくらだらしない生活をしていても、今回のような夫の行動を見るとやはり「頼もしさ」を感じます。

今でも夫婦喧嘩はしますが、どんなに私が感情的になってもこのエピソードが心にあるので「離婚したい」と思う事はありません。

【ギックリ腰】は私のケースですが、人によって『弱み』は異なります。

逆に言うと妻の『弱み』を知らないと、いざという時に夫は何をして良いか分からないと思います。

おそらく夫は、私が何度かギックリ腰をやっているのを見て口には出さなくても、いざという時の心の準備はしていたように思います。

妻はそういった部分も夫の愛情と捉えます。

毎日、優しい言葉をかけなくても良いですが、夫婦間のコミュニケーションは大事かなと思います。