夫婦・家族問題

「セックスレス」でも仲良し夫婦/夫が妻へ気配りする夫婦はうまくいく

40代の男性です。

私たち夫婦がセックスレスになったのは3年前くらい前からです。

その理由は単純で、私が妻に興奮しなくなったからです。

若かった頃の妻は肌が透き通るように綺麗で声も可愛らしい女性でした。

男も年をとりますが、加齢による女性の老け方は驚くほどです。

今は肌の透明感もなくなり声も酒やけで低くなったので、夜のパートナーとしては見れなくなってしまいました。

行為の最中に気持ちが萎えてしまい、気まずい時間が流れたことも多々ありました。

そんな空気になってまで妻をベッドに誘うのも辛くなったのです。

旅行など非日常のシチュエーションで良い雰囲気になったら分かりませんが、日常生活の中で行為に及ぶことは、もはや難しいと思っています。

 

私も妻のことは言えません。

だらしなく前に出た身体や細くなった手足を見る度に、私が考える理想の身体とのギャップに目眩がしてきます。

とはいえ、お互いが老けて行為がなくなったからと言って、夫婦仲までも悪くなったワケではありません。

それどころか男女の壁を越えて、今では老後を一緒に歩むパートナーとしてお互いを大切に思っています。

私は妻に頼り過ぎないように、自分の事は自分でできるよう積極的に家事をするようにしました。

私の覚悟に妻も大賛成してくて、手取り足取り私に家事を教えてくれます。

 

結婚を考えている若いカップルへアドバイスを送るとしたら、セックスは大事なコミュニケーションの1つには違いありません。

ですが、特に男性はそればかりに走ってしまうと、最も大事な《相手を想う気持ち》が後回しになってしまいます。

例え、行為ができなくなったとしても相手を想う気持ちがあれば優しくできるハズです。

優しくできれば相手も気持ちで満たされるので、行為がないからといって険悪になる…ということもないと思うのです。

 

現代の女性は仕事もやって家事もやって育児もやってと、一人で何役もこなさなければいけないので大変です。

大事なパートナーの不満やストレスを取り除くために、夫は女性に愛情のある態度を常に心掛ける必要があります。

「俺だって仕事が大変なのに…」

という気持ちも分かりますが、そこはグッと飲み込んで、奥さんを第一に考えることが夫婦円満の秘訣と言っても過言ではありません。

それと、二人の記念日は何歳になってもお祝いしましょう。

私も結婚記念日には、妻を誘って美味しいお酒を飲みに出掛けています。

言葉は若い時ほどお互い多いわけではありませんが、

「そこに居てくれるだけで安心する」

という幸せな関係が築けていると思います。

 

《セックスレスは離婚の理由になる》

と言われますが、そんな短絡的に考えずにできなくなったら他のことで二人が幸せに感じる瞬間を見つければ良いのだと思います。

縁があって一緒になった相手なのですから、自分ができることをやって二人で幸せになりましょう。

《夫婦問題》妻が夫の過去を責めた時「夫がとるべき正しい態度」とは?体験談夫婦喧嘩の際に妻が夫の過去の過ちを持ち出してくることはありませんか?解決のヒントは「共感」です。...