ライフスタイル

損をしたくない人たちへ「失敗を怖がるな!」失敗の数だけ多くの成功が手に入るのだから

何か新しいことに挑戦する際、多くの人はやり方を調べてから行動するかと思います。

確かに、何も情報が無い状況で始めようとしても訳分らないですよね?

例えば、野球のルールを知らない人はルールブックを読んだり、詳しく知っている友人から聞いたりして始めます。

また、方程式の解き方が分らなければ、解き方を先生から教えてもらってから問題に挑戦します。

野球のルールや方程式の解き方は答えが1つしかないので、やり方を1度覚えてしまえば次からは人に聞かなくても自分でできますよね?

これらは学校の勉強で嫌ってほど経験されたでしょうから皆さんもよくご存じかと思います。

ところが、大人になって社会に出ると、『正解が1つではない』『どれが答えか分らない』といった状況がたくさん目の前に現われます。

そんな時、学校の勉強に慣れている私たちは『1つしかない正解』を探そうとして、色んな書物を読んだりネットを検索したり経験豊富な知人に聞くなどして何とか見つけようとします。

「これだ!」「これかな?」

と思ってやってみたけど、全く違った。

なんてことばかりで、戸惑うことも多いですよね。

社会に出ると答えがなかったり、答えが複数あったりなんてザラにあります。

むしろ、答えが1つしかないことの方が少ないかもしれません。

先生から「はい、答えはこれでした。解き方は…」

なんて展開は期待してもありません。

もしそんな人が自分の目の前に現われたら、新手の詐欺商法だと疑った方がいいくらいです。

 

「正解は何か?」

1つしかない答えを探して情報を集めようとする人は多いですが、世の中には自分で行動してみなければ分からない事が多いです。

自分で悩んで、行動して、痛い思いをしながら気付いていくのです。

私も含めて周りを見ていると、「皆、損をしたくないんだな」と感じることがあります。

《何度も失敗しながら最適な方法を見つける》

このやり方に抵抗があるというか、苦手な人が多いように思います。

多くの人は失敗せず痛い思いもしないで

《最速で到達できる方法を知りたい》

と考えますよね?!

気持ちは分りますが、「失敗をせずに成功しよう」なんて少しばかり虫が良すぎる気がします。

仮に1回のチャレンジでゴールに辿り着いたとしても、それは運が良かっただけであって自分の実力ではありません。

「運も実力のうち」と言われますが、人生は成功し続けなければ意味がありません。

たった1度の成功で気が緩み、前に進むことを諦めてしまった瞬間、私たちは《老化》していくのです。

たくさんの成功を手に入れるために、毎日、頭を悩ませながら行動し続けている人間は気持ちが若いだけでなく肉体も若々しくてエネルギッシュです。

20代で「若年寄」と言われることのないように、興味のあることに対してどんどんチャレンジしていきましょう。

その気持ちになれば「年齢」なんて、ただの数字でしかありません。

 

学校で教わる計算問題のようにスラスラ回答が分かったら人生はつまらないはずです。

自分であれこれ頭を捻りながら挑戦したら少しずつコツが分かってきて形になってきた、上手にできるようになってきた…

これこそが人生の楽しさであり醍醐味なのです。

多くの成功を手に入れるには、その何十倍、何百倍もの失敗があります。

1つ失敗するごとに、「こっちじゃなかった」と軌道修正してより成功しやすい道に近づくのです。

たくさん失敗してたくさん成功しましょう。

よし!やろう!

と思った時が一番若い時です!

一花咲かせましょう。

お金のない40代男性たちが「生涯独身」「孤独死」を避けるために今やるべき事とは?筆者は40代の離婚歴がある男性です。 また鬱を発症して治療を受けていた過去や、ブラック企業で5年間働いて奴隷のような扱いを受けてい...