大人のダイエット

ダイエットは痩せた総重量よりも「いかに楽しく取り組めるか?」が大事な理由

ダイエットと言えば、筆者は過去に約20㎏のダイエットをした経験があります。

その時はおよそ2年という年月をかけて達成しました。

もともと食べる量が多かったので、主に食事摂取量を減らすという内容でした。

他にも10㎏程度のダイエットならこれまで何度か経験しています。

もちろん、ダイエットに成功した経験のその何倍も失敗を重ねてきました。

その経験から

ダイエットで成功するコツ」を考えてみました。

《ダイエットで成功するコツ》

①自分に合ったやり方を選ぶ。

②楽しくやる。

 

もっとも大事なことだけ絞って言えばこの2つです。

①の『自分に合ったやり方』は言わずもがなですね。

その人によって、体格や体質、性格から年齢、体力、疾患の有無などまるで違います。

代謝の落ちた40代の人が食事制限だけして「痩せないな~」と言うのはナンセンスですよね。

また、呼吸器の疾患を持っている人が、激しく体を動かす運動療法を選ぶのもおかしな話です。

他にも短時間ならキツくても頑張れる人、1日ちょっとずつの努力なら何年も続けられる人など実に様々です。

ダイエットをする際、こういった『自分に合った方法』を選べるかどうか?

という事がダイエットの成功率に大きく影響を与えます。

 

また、②の『楽しくやる』という事も見逃せません。

筆者が過去、10~20㎏弱のダイエットに成功した時は、ダイエットしながら1日が楽しく感じました。

その当時、流行っていた「バナナダイエット」もやりましたし、ジムでマシンを使うトレーニングにハマっていた時もありました。

その時の心境は、とりあえず面白そうな方法からやってみよう!という気持ちです。

どのダイエットもやり始めると、1週間くらいでちょっと体重に変化が起きます。

そうすると、「お!さっそく効果が出たかな?うれし~」と単純に喜んでいました。

小さくても結果が目に見えてくるとモチベーションに繋がります。

ある程度、痩せてくると頭打ちになってそれ以上は体重が落ちなくなります。

その頃には同じ方法だと飽きてくるので、結果が伴わないと輪をかけてモチベーションが下がります。

そこで挫折することも多いのですが、その停滞期に他のダイエット法が見付かることもあります。

そんな時は新鮮な気持ちで臨めるので、モチベーションが復活して新しいダイエットに楽しく取り組めるのです。

そして、また体重が落ち始めて…

といった具合に、10~20㎏弱のダイエットをした時は、期間を通じて飽きずに取り組めていました。

食事制限+運動療法など組み合わせて取り組んでいた時は、相乗効果で体重が落ちるのでさらにやる気がアップします。

このように『楽しく』ダイエットを続けるためには、“飽きない”ように工夫することが大切です。

飽きずにやるために、「成功報酬」として自分にご褒美をあげる人もいます。

そうして上手に自分の気持ちを下げないような工夫をしている人は、ダイエットの成功率が高いと思います。

「絶対に痩せれる方法」を検索して探すよりも、ベーシックで古典的な方法でも良いので自分なりにアレンジしてやってみると楽しくやれます。

そうやって自分の頭を捻りながら試した方法で、結果が出た時の喜びは半端ないハズです。

 

『グリーンスムージーダイエット』を始めてみました/美味しく飲めてストレスがないので期待「グリーンスムージー」は生の「葉野菜」や「果物」などをミキサーにかけて作ります。 「グリーンスムージーダイエット」は、人気がある方...