スポーツと運動

ラグビー日本代表/気になる『ジェイミーHC』の去就は?

2019ラグビーW杯の日本の戦いは過去最高の【ベスト8】という結果で幕を閉じました。

にわかファンですが、ラグビーは楽しくて最高に盛り上がるスポーツです。

10/20の南アフリカ戦は南アフリカを前半は追い詰めたものの、最後は地力の差で突き放されました。

過去の大会で優勝2回の格上南アフリカと真剣勝負をしたのですから、最高の経験になったハズですね。

注目すべきは、今後の日本が南アフリカのような世界の強豪チームとの差をどこまで縮めれるか?

に懸っていると思います。

そこで重要なのは日本代表をここまで導いてくれたコーチ陣の去就です。

選手、コーチ陣も含めて『One Team』なので誰か1人欠けても影響は大きいハズですが…

特に、2016年に就任してから日本を率いてくれたジェイミーHCは契約を継続するのでしょうか?

2015年に南アフリカ戦で日本を勝利へと導いたエディ-・ジョーンズHCの例もあるので少し心配です。

《プロフィール》

・1969年生まれ

・ニュージーランド出身

・現役時代は196㎝105㎏

・ニュージーランド代表、その後日本代表でもプレー

・2016年からエディーHCの後を受けて代表HCに就任

これだけ日本に愛着をもっていて、日本のために世界のメディアに対して毅然と怒りを表現してくれる人物は他にはいません。

日本代表をここまで強くさせた手腕を評価している他国のチームは多いハズです。

争奪戦になる前に国内の協会は早く「慰留」に努めて欲しいところですが…

 

選手だけでなく、国民がジェイミーHCの継続を願っている中、未だに協会が続投の打診をしていないなんて(10/22時点)…

野球や相撲、ボクシングやテコンドー、新体操もそうだけど、選手やコーチがいくら頑張っていても、協会がスポーツの振興を妨げているような気がしてならない。

協会内の縄張り争いなのか既得権益が絡んでいるのかは分からないけど、いったい何のための協会なのでしょう。

今は、ジェイミーHCの残留をただ願うばかりです。