ブラック企業

上司から濡れ衣を着せられた時の対処法「その場しのぎの嘘」絶対やめて!

筆者は過去にブラック企業で働いていました。

その時のエピソードで、今でも忘れられない出来事が1つあります。

それは、他の従業員がしたミスを当時の社長や上司が、筆者のミスと決めつけて一方的に非難してきたことです。

 

もちろん、その時の筆者は必死になって「そんな事実はない」と何度も否定しました。

何よりショックだったのが、全く話を聞いてもらえなかった事でした。

さらに傷心の筆者に追い打ちをかけるように、筆者が過去におこしたミスをこれでもかと持ち出して

「こんなミスをするお前のことだから、今回もお前に決まっている!」

頭ごなしにそう決めつけて、筆者を執拗に責め立てたのです。

 

その時の気持ちは今でも、昨日のことのようにハッキリと覚えています。

“無実の罪で容疑者にされた人が、尋問され自白を強要されているような心境”

まさにこれでした。

 

筆者はこの会社に来るまで何度か転職を経験していましたので、延べ何百人もの人間と一緒に仕事をしてきました。

老若男女問わず、色んな人とコミュニケーションをとって一緒に仕事をしてきたのです。

それでも

濡れ衣を着せられて弁明すら聞いてもらえない

こんな体験はこの会社だけでした。

 

自分が犯した失敗なら当然ですが、全く身に覚えのないことを筆者のせいにされ、それを否定すれば「反省の見られない」と非難されるのです。

 

結局、この時は筆者の方が折れてしまい、やってもいないミスを認め意味の分からない“反省文”まで書かされることになったのです。

今ではその時の自分の判断を後悔しています。

自分が責められ続ける苦しみから解放されたくて、その場しのぎでついてしまった嘘だからです。

いくら強要されたからといっても、自分自身についた嘘は一生消えることはありません。

この時の判断が、この先しばらくの間、筆者を苦しめることになったのです。

 

いくら嘘であっても筆者が1度でも認めてしまえば、それが真実になってしまいます。

しかも、最初に身の潔白を訴えた後に認めてしまったので

・ミスをしたのに言い逃れをした。

・他の従業員を陥れようとした。

など、すっかり悪人のような扱いです。

そして、この出来事以来、事あるごとにこの話を持ち出されて

「だからお前はろくな人間じゃないんだ」

と非難されるのです。

 

もうここまでくると心がもちません。

会社内で完全に孤立してしまい、「能力が無い」「卑怯者」というレッテルを貼られ居場所がなくなったのです。

 

前述したように、自分に嘘をつくことは想像以上に苦しいものです。

こんな思いをしないためにも、周りから何を言われようが強い意思と言葉で“自分は無実”だと言いましょう。

反論するのが苦しいからと言って黙っているのも、自分の罪だと認めるのと同じです。

一瞬の判断ミスがその後、何年も自分を苦しめてしまいます。

上司に無視された!?「それ、パワハラですよ!」元ブラック企業社員からのアドバイス上司に無視された時の対処法をご紹介しています。...