ライフスタイル

今からすぐ幸せになれる!口角を上げて『笑顔』をつくろう!誰でもできる簡単で効果の大きい方法

40代も半ばになると《残りの人生をどう有意義に過ごすか》なんてことを考えるようになりました。

「今、この瞬間が楽しければ良い」

20代の頃はそんな事を考えながら、目の前のやりたい事だけ楽しんでいました。

もう遙か昔のことのようです。

40代になり、自分の半生を振り返りながらしみじみ思います。

《毎日、明るく笑顔で過ごしたい》

 

笑って毎日を過ごせれば幸せだと思うのです。

笑って過ごすにはどうすれば良いのだろう?

最初に思いついたのは、やはり【お金】でした。

お金があれば、この先、人生で訪れる問題の80%くらいは解消するんじゃないか?

真剣にそう思っていたのです。

それは今でも間違っているとは思っていません。

思ってませんが、40代でお金を追い求めて奔走した挙げ句、寝る間も惜しんで本業以外に2つの仕事を掛け持ちした時期がありました。

その結果、身体がボロボロになってしまいました。

身体が悲鳴をあげているのに休むことをせず、無理がたたって歩くことすら満足にできなくなったのです(今は回復しています)。

しかも常に睡眠不足で、目の下にクマをつくりながら会社で睡魔と闘い新入社員でもできるような業務すら手こずる有様…。

情けない。

 

毎日、笑って過ごしたいだけなのに、それすら叶えられないのか…。

ある日の夜、2つの仕事を終えて一人で遅い時間に入浴しながらぼ~っと考えていました。

「ん?」

(笑いたかったら笑えば良いんじゃない?今すぐできんじゃん?)

(いやいや、楽しくなければ笑えないって!?)

(だって口角を上げれば笑った顔になるし!?)

 

長湯でのぼせそうになりながら思いついた発想は我ながら見事でした。

そうです。

「嬉しくなければ笑えない」

「楽しくなければ笑えない」

「良い事がなければ笑えない」

なんて、ただの思い込みなんです。

たかだか笑うくらいで、そんなにハードルを自ら高くする必要はないのです。

すぐにできる事なので早速やりました。

人と話す時はもちろん、一人でいる時も口角を上げるようにしたのです。

そうしたら、そういう時に限って人って見ているものです。

「最近、嬉しいことあった?」

「なんか楽しそうだね?」

と職場で話しかけられることが増えたのです。

予期していない事だったので、あたふたしたり咄嗟に余計なことを口走ったりした時もあったのですが、印象的だったのは話しかけてくる人が一様に笑顔だったのです。

楽しそうに話しかけてくるので、こちらも更に嬉しくなって笑顔に拍車がかかります。

気の利いたことを話せなくとも、笑顔でいるだけで幸せな気持ちになれるのです。

 

笑う門には福来たる》

《笑いは人の薬》

こんな諺もあるように笑顔の力は偉大です。

 

どんなに心身が充実している日でも24時間、機嫌が良いなんてことはありません。

誰にでも気分の波があるハズです。

気分が落ちてきた時に、多くの場合は無意識に表情が暗くなり目に力がなくなり活動範囲も狭くなっています。

それは「心に従っている」とも言えますが、そういう時でも口角を上げることで【笑顔】はつくれます。

笑顔になれれば次第に気分が上がってくるので、掃除なり勉強なり何か動きたくなってきます。

エネルギーがどんどん湧いて来ます。

筆者は【常に笑顔でいる】ことを絶賛、継続中です。

 

・いつも笑っていると軽く見られるんじゃないか?

・ふざけていると思われるんじゃないか?

 

そんな風に思ったこともありましたが杞憂でした。

【笑顔】のおかげか分かりませんが、運も向いてきたような気がします。

金運、恋愛運、健康運、仕事運…全てです。

「気がする」という程度なので、はっきりした実感まではいきませんが、確実に着々と幸せに近づいている気がしています。

たとえそれが思い込みや勘違いだとしても、自分が幸せな気持ちになれるならそれでも構いません。

誰でもすぐにできる事ですから、今からすぐにやってみませんか?

もちろん年齢や性別、職業や学歴、才能なんて全く関係ありません。

笑顔は自分だけでなく、周りの皆を明るく元気にしてくれます。

落ち込んだ時、悲しい時、腹が立った時にベストな対処法は『笑うこと』*1度は試して欲しい人間ですから、悲しい気持ちになることや腹の立つことは誰もが経験することです。 そんな時は思いっきり『笑顔』をつくってみましょう。 ...