大人のダイエット

体重80㎏のアラフォー女性が67㎏まで減量したダイエットは「モズク」から。

アラフォーの私がダイエットすることになった理由は、彼氏から言われた一言でした。

それまでは、どちらかというと自分の体重には無頓着な方でした。

30代後半となり、おなか周りに脂肪が目立つようになっていた私は明らかなメタボ体形でした。

そんなある日、彼とのデート中に

「気持ち悪いから痩せて」

と言われたのです(泣)。

彼と付き合いたての頃から私はぽっちゃり体型でした。

彼はこんな私でも愛してくれたので、嬉しくて毎日幸せを感じていました。

彼から「太っているのが好き」と言われたワケでもなかったのですが…つい油断していました。

気づけば、あっという間に体重80キロです。

いくら優しい彼とはいえ、頬がパンパンで、おなか周りも90センチ以上になった私と距離を置くようになりました。

デートはしてくれるのですが、私から距離を置いて歩くようになりました。

コレにはさすがに落ち込んで、ダイエットを決意しました。

『サウナスーツダイエット』は美肌、スタイルアップにも効果あり!着て普段の生活をするだけアラフォーになってから、若い頃に比べてずっと痩せにくくなってきたのを実感しています。 そんな私ですが今、ハマっている"誰でもできる...

 

『80㎏女性のダイエット』もずくが効果的に作用

 

ここまで太ってしまった原因は自分でも分かってました。

・食べる量が多い

・食べる物が高カロリー

この2つです。

なので、ダイエット方法は必然的に「食事面の見直し」になります。

栄養不足にならないように、体に良さそうな海藻を選びました。

 

自分に合っていたのは「もずく」でした。

すでに味がついてて、カップに入ってるので食べやすかったからです。

するする口に入りますし、味も「これなら食べれる」と思える味でした。

飽きないように、たまに黒酢味にしてみたりして工夫をします。

そして、1日3カップを3回に分けて食べました。

このもずくを4時間おきに食べるようにしてみたら、思っていた以上におなかが満たされました。

その後に食べるご飯の量は、いつもの半分に抑えられたので想像していた以上の効果です。

ご飯は太りやすいので、茶碗に3分の1程度にして短めの箸でちょっとずつ掴んで食べるのがポイントです。

口に運ぶ速度が抑えられて、1回につき口に入れる量も少なくなるからです。

 

《80㎏女性のダイエット》

・「もずく」を1回3個×3回たべる。

・ご飯は茶碗に3分の1程度(ゆっくり食べる)

 

『80㎏女性のダイエット』高カロリー食から野菜への「置き換え」に成功

 

ゆっくり食べてるとおなか満たされて、たくさん食べなくても大丈夫なことに気付きます。

私は80㎏のデブでしたが、胃が特別大きいワケではありません。

早食いなので、満腹になる頃には結構な量を摂っているのだと思います。

「もずく」効果が期待できそうだったので、野菜もたくさん食べよう!

と思いつきました。

ほうれん草の炒め物など野菜をたくさん入れたコンソメスープや、キャベツの炒め物などを作って食べるようになりました。

チーズも食べたりと、栄養が欠落することがないよう工夫しました。

多少は料理に手間がかかりましたが、「もずく」を取り入れてから体重が落ち始めていたので、意欲もあって面倒には感じませんでした。

野菜も調理の仕方で美味しく食べれます。

この頃には、今まで好きだった『高カロリー食』でなく、野菜を食べることで心と胃袋が満たされるような感じでした。

私の体重の減り方が早くなっている印象でした。

今まで着ていた洋服がゆるゆるになっていくのを感じながら、心にもゆとりができてきます。

ネットで他のダイエット方法に挑戦している人の体験記を見て共感したり、また応援したくなったりして自分が「良い人」になったような感覚でした。

これまでダイエットと言うと苦しい思い出ばかりでしたが、今回は楽しく過ごせた時間が多かったです。

 

『80㎏女性のダイエット』の成果は-13㎏!

 

そして、肝心のダイエットの成果ですが、一時は80㎏あった私の体重がナント

70㎏に減りました!

-10㎏の減量です。

体重が落ちたことで年齢も若く見えるようで、彼は私の顔を見て「かわいい」と褒めてくれました。

彼からの電話やメールの回数が増えて、私への対応も優しくなりました。

天にも昇る気持ちになった私は、それからも「もずく」をお菓子代わりに食べるようにしています。

その代わりスナック菓子を食べることが、ほとんどなくなりました。

その後、痩せる速度はゆっくりになりましたが、ちょっとずつ痩せていきダイエットを始めて半年で67㎏になることができました。

ダイエットをしたことで、彼と仲良くなったのはとても嬉しいことです。

ダイエットに成功してから彼の笑顔が明るくなりました

そんな彼の顔を見て、私も明るい気分になれましたし「痩せて良かった」としみじみ思うのです。

一方で、もっと早く気付いてダイエットしてれば良かったとちょっと反省です。

ふだんから緊張感をもって、太り始めた頃にダイエットを始めていれば、彼を悲しませなくて済んだと思います。

今後は自分の体重や外見、ボディチェックも毎日欠かさずにやってみようと思いました。

「痩せたと」いう結果も大事ですが、ダイエットしながら自分の体と毎日向き合う生活は悪くありませんでした。

お肌の荒れが気になった箇所が、ある日良くなっているとやっぱり嬉しいです。

毎日、体を気にかけていると自分の体が愛おしく感じるようになりました。

これからは自分の体の変化を感じながら、もっと労ってあげようと思います。

 

今だからこそ『引きこもりダイエット』をしよう!家の中でできる【オススメな方法3選】巷では「コロナウィルス」が席巻しています(R2.3.10現在)。 メディアの過熱ぶりを見ると、もはや日本中のどこにいても安全な場所...