未分類

『ファーストバイト症候群』って知っていますか? *すぐに読める記事です

ファーストバイト症候群って何か分かりますか?

ファースト(最初)バイト(噛む)、つまり食べ物を口に入れた際、最初のひと噛みに症状が現れる病気のことだそうです。

 

この病気の特徴としては、

【ファーストバイト症候群の特徴】

・最初の一噛みや唾液が出るタイミングで痛む

・副咽頭間隙腫瘍手術などの後遺症で発症する

・根本的な治療法は無い

などがあります。

 

気になる痛みについては我慢できないほどのものではなく、中には慣れてしまう人もいるようです。

その痛みは数秒間つづいた後、食事を続けているうちに軽減していくのが特徴のようです。

その名の通り、1日の初めの食事の最初の1口目が最も痛むようですね。

 

痛む場所は耳の下あたりで、副咽頭間隙腫瘍や耳下腺深葉腫瘍手術の術後合併症として医療業界でも知られている後遺症なので、手術前に医師から説明されるようです。

この病気には未解明な事も多く、その治療法についても根本的な治療法はありません。

痛みの症状が出たら痛み止めを投薬するくらいだそうです。

 

しかし、世の中には色んな病気がありますね。

普段、私たちの周りの友人、知人だってもしかしたらファーストバイト症候群かもしれません。

そういったことを考えると、いくら仲間でも相手の事情や気持ちを全て理解することは難しいのでしょうね。

まして、アカの他人なら尚更です。

この病気のことを調べているうちに、人にはなるべく寛容でありたいと思ってしまいました。

女性上司の対処法『結果よりプロセス重視』普段の雑談を活用しよう女性の上司とうまく仕事をする方法をご紹介しています。...
自分の目を大切にしたくなる話「視力が低下するデメリット」を6つ紹介します"人が外から得る情報の約8割が視覚から"と言われる通り、私たちは毎日を視覚に頼って生きていると言えます。 街を歩く時や自動車を運転...
こちらの記事もおすすめ!