役立つ雑学

暑い夏に活躍する扇風機の正しい使い方「天井の空気をかき混ぜる」

暑い夏にはエアコンや扇風機が必須ですよね?

最近は電気代が安く済んで多機能なエアコンも増えました。

その一方で

「新しいエアコンを購入するのはもったいない」

「なるべく扇風機だけで乗り切りたい」

という方も中にはおられるでしょう。

しかし、いくら扇風機でも闇雲に回すだけでは効率が悪く、部屋の室温も簡単には下がってくれません。

多くの人がついやりがちな事は、早く涼しくなりたくて直接自分の体に向けて扇風機の風を当てるケースがあります。

確かに涼しいでしょうが、これでは涼しくなる範囲が狭く限定されてしまいますし、部屋全体の温度が下がるわけではありません。

また、ダイレクトに風を受けることで体温が急に下がってしまい体調を崩すことも…。

 

もともと暖かい空気は上の方に溜まり、冷たい空気は下の方に溜まるという性質をもちます。

つまり、室温を押し上げている天井付近の暖かい空気を何とかしないといけないのです。

そこで扇風機の出番なのですが、扇風機を上に向けて天井付近に溜まっている暖かい空気をかき混ぜてやりましょう。

空気が混ざることによって最初は部屋の空気がさらに暑くなりますが、それは一時的です。

扇風機の風で気流が生まれたことで、しだいに暖かい空気が流れていく代わりに涼しい空気がやってきてくれます。

ちなみにインドなど暑い国に行くと天井にファンがありますね。
あれも天井に溜まった暖かい空気をかき混ぜて、部屋の温度を一定にする役目があるのです。
今回、ご紹介した方法は誰でもできる簡単な方法なので、この夏から試してみませんか?
夏の甲子園大会/素朴な疑問を解消します『なぜ丸刈り?』『なぜ真夏?』夏と言えば【甲子園球場】【高校野球】と言う人も多いのではないでしょうか? 毎年8月に開幕して、熱戦が繰り広げられ世間の注目度も高い...
夏に売れる意外な商品は【ランドセル】【天ぷら】【正露丸】/その理由毎日、暑い日が続いて嫌になりますね。 ところで毎年、夏になると決まってよく売れる商品があるそうですが皆さん分かりますか? 答...