ライフスタイル

玄関の靴は揃えよう!「良い習慣」を身につけることは成功を引き寄せる引き金となる

皆さん、玄関に置いてある靴の向きはきちんと揃えていますか?

小さい頃に、両親や身近な大人から「きちんと靴は揃えなさい」と言われたことがある方も多いと思います。

これ結構、大事なことです。

子供の頃は何が大事なのか分らず、「急いでるのに面倒くさいな~」って思っていた子供もいたかもしれません。

筆者は恥ずかしながら、靴をきちんと揃えるようになったのは大人になってからでした。

「靴を揃える」

たったこれだけのことに、大事な意味が隠されていたことを大人になってから知ったのです。

靴がキレイに揃えてあると出掛ける時に、気持ちが良いですよね?

もう気分が全然違います。

家を訪問する人からしても脱ぎ散らかしてある靴は、見ていてやはりだらしなく見えます。

いくら玄関がキレイに片付いていても良いキモチにはなりません。

揃える手間を考えても、脱いだときに向きを揃えた方が簡単なハズです。

靴を揃えないときの心理としては、やはり「面倒くさい」でしょうね。

でも、面倒くさい事を後回しにすることが癖になってしまうと、他の面倒に感じていることが全て後回しになってしまいます。

自分がしたいことや好きなことばかりを先にやって面倒なことは後回し…

こんな習慣が身についてしまったら、果たして人生がうまく自分の思うとおりに動いてくれるでしょうか?

少し極端な例になるかもしれませんが、お金にだらしなくて常に借金を抱えている人の多くはトイレが汚いそうです。

自己破産した人で言えば、実に9割がトイレが汚かったというデータがあるそうです。

トイレ掃除も一般的に考えれば「後回しにしたい面倒な事」の部類に入ると思います。

一方で、あの北野武さんはトイレを率先して掃除する人で有名です。

また、経営の神様と呼ばれた松下幸之助さんも「トイレの汚い人とは付き合いたくない」とまで口にしていました。

「靴を揃える」ことも「トイレを掃除する」ことも

“面倒で後回しにしたい”

という括りで考えれば同じです。

面倒なことでも、「使う時に気持ちよく使えるように…」

という信念で行動することには価値があると思いませんか?

自分がお客としてその人の家を訪問した時に、靴がバラバラでトイレが汚い家と靴もトイレもキレイな家を比べたらどちらの家に行きたいですか?

玄関だろうとトイレだろうと、人はキレイな所が好きなのです。

人が見て

“心地良い”

“気分が良い”

と思える空間を作れる人は他人から信用されますし、好感を持たれます。

つまり、多くの人が集まってくるということです。

あなたの前にチャンスを運んでくるのは人です。

あなたに富をもたらしてくれるのも、また幸せを運んできてくれるのも人なのです。

運送会社のトラックではありません。

そこまで考えてみれば、身の回りをキチンとしている人やキレイにしている人にチャンスが多いのは当然ですよね。

チャンスが多いほど、成功しやすいワケですからここを軽視してはいけないと思うんです。

 

その本質が見えていないと

「今、急いでいるんだから靴が少しくらい乱れていても良いでしょ!?」

「トイレの掃除は明日やるんだから、今、汚れていても問題ない」

なんて言葉が口から出てしまいます。

そして、多くの人がこういった面倒なことを後回しにしている現実があります。

 

チャンスを引き寄せたいと本心で思うなら、小さい事でも「キチンとする」ことが大事なのです。

あのイチロー選手も言ってました。

『小さいことの積み重ねがとんでもない事を成し遂げる唯一の方法』だと。

 

「トイレ掃除」をすれば幸せになれる?5年間トイレ掃除をしてみて思った事『トイレの神様』 という歌詞の歌が以前、流行りましたが、皆さん覚えているでしょうか? ちなみに 「成功者は自ら率先して...