大人のダイエット

「噛むだけダイエット」を40代女性が試したお話/ほうれい線が薄くなって便秘解消になった

小さい頃、食事の際に両親や学校の先生から何度も言われた言葉を覚えていますか?

「ご飯はよく噛んで食べなさい」

ね?言われたでしょう?笑

あの当時は、言葉の意味をよく考えずに

「いちいちうるさいな~」

なんて思いながら食事していた記憶があります。

でも大人になってみると

「大人の言うこともたまには聞くものだな…」

なんて思ったりします笑

今回は、

「噛むだけダイエット」

と私が勝手に名付けたダイエットをご紹介してみたいと思います。

手間暇かからず、お金もいらない、今からすぐに実行できることです。

でも面白いもので、”お金がかからないダイエット“って、「ありがたみがない」と思われるのか真剣に取り組まない人も多いですよね?

いつでもできると思ってしまうのかもしれませんね笑

 

「噛むだけダイエット」は良く噛んで食事するだけ

 

良く噛んで食事をすることで、満腹中枢が刺激される。

これは多くの方が認めている事実ですね。

逆に、早食いの人はたいてい大食いで、肥満体型というケースが多いですね。

いまの私は食事の時、ゆっくり時間をかけてよく噛んでから飲み込むようにしています。

もちろんダイエット目的があったからですが、良く噛まないと消化にも悪いですし、せっかくの食事なのにもったいない気がするからです。

よく噛んで食べれば食材は歯できちんとつぶされて、消化しやすい状態になります。

ちゃんと噛まずに食べると、固かったり大きかったりしたままの食材を胃に送り込むことになってしまいます。

すると胃腸の負担が増えますし、便秘の原因にもなってしまいます。

 

実は私も子供の頃は早食い体質で、噛む回数もかなり少ない生活を送っていました。

だからこそ周りの大人から注意をされていたわけですが、大人になってからダイエットに関心をもったことで

よく噛むと満腹中枢が刺激されてダイエットになる

という意味をよく考えるようになったのです。

 

固めの食材を1品入れて「よく噛む」習慣化に成功

 

「よく噛むダイエット」のイメージはできていたのですが、厄介だったのはこれまでの習慣です。

小さい頃から身についた「早食い」はちょっと意識しただけでは治りません。

そこでちょとやり方を変えました。

まず食事の際には、固めの食材も最低一品盛り込むようにしたんです。

具体的にはキノコ類、レンコン、こんにゃく、イカ、漬け物などです。

これらは堅い食べ物なので、「よく噛む」ことを意識しやすいと考えました。

よく噛むということに慣れてしまえば、柔らかいメニューの時でも自然に何回も噛むようになっていくハズ…

と思って始めたのですが、私の読みは見事に的中しました。

毎食それを続けていたら、もう平気です。

どこで誰と食事をしていても

「ゆっくりとよく噛んで食べる」

ことが見事に習慣化できたのです。

 

もう一工夫で「噛むだけダイエット」の完成度を上げた

 

他にもいくつかこだわった点があります。

まずはダイエット中でもお肉や魚はきちんと食べて、栄養が偏らないことに注意しました。

同時に、肌のハリに必須のコラーゲン補給も忘れないようにしていました。

お肉を食べる際は、ハンバーグなどのひき肉料理以外の方が噛む回数も自然と増えやすいので、「よく噛む」という観点でもオススメです。

魚の場合、調理する時に骨を丁寧に取り除いた方が食べる手間も減るので好まれますが、ダイエットに関して言うとオススメしません。

満腹中枢を働かせるという点では、骨はそのままの方が良いです。

食べながら骨を取り除くのは確かに面倒ですし、骨を取ってから調理した方が見た目も良くなります。

でも食べながら骨をとっている間に時間が経過するので、満腹中枢が働く時間を稼げるのです。

「骨を取る」というステップを挟むことで、早食い防止の効果もあります。

最近は、はじめから骨が取り除かれた生魚も売られていますが、私はこうした理由から《骨アリ》を選んでいます。

『小さな子供がいて骨がのどに刺さるのが心配』

という場合などは、家族の分だけ骨を取って調理しても良いですね。

 

「噛むだけダイエット」はほうれい線予防になる

 

結構、大事なことを言います。

「噛むだけダイエット」は実行するだけで、ほうれい線予防になります!!

それだけではありません。

よく噛むことで、頬の筋肉が鍛えられるだけでなく血行も良くなります

筋肉が鍛えられた上に血行が良くなればハリも出ます。

ほうれい線が薄くなるのも頷けますよね?

ほうれい線といえば、40代女性にとっては避けては通れない悩みの一つだと思います。

よく噛むことがダイエットになる上に、ほうれい線予防にもなると分かれば実践しない選択肢はありませんね。

 

今回は、食事を「よく噛む」だけで得られるメリットについてご紹介しました。

《よく噛んで食べるメリット》

・消化しやすい状態になり便秘予防になる

・満腹中枢が刺激されてダイエットになる

・ほうれい線予防になる

 

この3つのメリットはめちゃくちゃ大きくないですか?!

私は実践してみて、3つの効果を感じた時は嬉しすぎて小躍りしましたよ!?

20代の若い方には関心が低いかもしれませんが、40代以降の女性にとっては日頃の切実な悩みが解決するチャンスではないでしょうか?

ふだん忙しいと食事も慌ただしくなりがちですが、きちんと噛んで食事をすることで3つのメリットを存分に生かしたいものですね。

 

コロナウィルスなんてぶっ飛ばせ!体の免疫力を向上させる簡単な方法を3つご紹介します現在、コロナウィルスの猛威が日本列島だけでなく世界中に流行しつつあります(R2.3.8現在)。 「マスクがない」 「消毒液が...