ブラック企業

ブラック企業で「洗脳」されていた?元社員が当時を振り返ってみた

筆者はブラック企業に5年間勤めましたが、これまで

「ブラック企業にいると洗脳されるでしょ?」

 

実際《洗脳されやすい人》や《洗脳されやすい環境》は存在すると思っています。

《洗脳されやすい人》

・真面目な人

・周りの雰囲気に流されやすい人

・頑張ってしまう人

筆者が自分の性格を分析すると、“真面目で周りの意見に流されやすく頑張り過ぎる”という傾向があります。

体育会系の運動部に所属していた時期が長かったので、顧問や先輩部員の言うことは絶対でした。

無茶なことや非常識なことを言われても、「黙々と言われたことをこなす」ことをひたすら繰り返してきたのです。

また、不器用なくらい真面目だったので“この位で良いや”と適度に妥協することが苦手で、その結果、自分のキャパを超えて苦しむことも多々ありました。

さらに子供の頃から「一人で抜きん出る能力」より「周りと歩調を合わせて同じことができる能力」を重要視された教育を受けてきました。

「和」と「協調性」が大事と言われて育った世代です。

 

こうして考えると、性格とはその時代背景や教育システムなどの影響を色濃く反映されて育まれるものだとも言えます。

筆者が受けてきた教育は“社畜”になりやすい条件が揃っていたのかもしれませんね。

そうして“社畜”となるベースが既にできていた人間が、ほぼ免疫力0の状態で就活をし、会社の選別力もないまま入社します。

運良く働く環境が整った会社ならば言うことはないですが、そう簡単にはいかないのが世の常です。

筆者のように開設したばかりで情報がないまま入った会社がブラックだった…なんてケースもあると思います。

 

ブラック企業は“個性”を大切にしません。

口では「個性は大事」「社員の長所を生かす」など言っても、それが建前であることに気付きます。

「個性を尊重しよう」と思う人が、社員の人間性を否定する言葉を吐くのもおかしな話です。

社長や上司が欲しいのは、自分たちの言う通りに動く『忠実で体の丈夫な奴隷』です。

そのために社員の個性や意見・主張を抹殺し、自分たちに楯突く社員は“反乱分子”として徹底的に粛正されるのです。

人格攻撃や暴力で相手をマウントを取り、主従関係を作り上げるのです。

普通なら、こんな状況を「これはおかしい」と感じて自分に与えられた権利を行使して退職するのが当然です。

それが簡単にできない理由は「洗脳されている」からなのでしょう。

 

ブラック企業の「洗脳されやすい環境」とは?

筆者がブラック企業にいた当時を振り返ると、社員が「洗脳されやすい環境」だったことが分かります。

 

《洗脳されやすい環境》

・外部から情報が入らない

・社長や上司の個性が強い

・常に監視されている

 

外部から情報が入らない

会社ですから外部の事業者の出入りや、連絡のやり取りは当然あります。

ですが、そのやり取りは全て社長が一人でやっていました。

来客の応対や会社訪問、電話やFAXに及ぶまで、全て社長が1人でやっていたのです。

当時は従業員の少ない小規模の会社でしたから、最初は疑問をもつこともありませんでした。

今、振り返るともう1つ別の側面があったように思います。

それは、“社員が外部との接触をもてないようにしていた”とも解釈できるのです。

外部の情報が入らないことで比較する機会を失わせ、独自のルールや特定の思想を会社の良いように植え付ける事に役立っていたと思います。

 

社長や上司の個性が強い
経験的に言うと、組織の中枢部にいる人間が個性的な人間であるほど社員を従わせる妙なパワーがあります。
筆者がいたブラック企業の社長や上司なんて、100人いれば90人以上は
「この人、なんか苦手だな…」
と思うような人間です。
そういう特殊な人間は卑屈で鬱屈したパワーを秘めていますので、一度信じた事は最後まで貫きます。
それが常識的に間違っていようとも関係ありませんし、自分が正しいと信じたら相手にも強要します。
言葉にはネチネチとまとわりつくような不快さがあって、こちらの心からどいてくれないのです。
『白いものでも、社長が黒と言えば黒』
社員は時間をかけて、そう仕込まれるのです。
「間違っている」と思うことを「正しい」と言って行動することのストレスは大変大きく、自分の心を痛めます。
こんな環境で生物が健康に生きれるわけはありません。
常に監視されている
筆者のいた会社は、低賃金で拘束時間が長く、パワハラが日常茶飯事の環境でした。
社長からすれば、筆者のように言えば何でもする都合の良い社員はいません。
当然、辞めてほしくないわけです。
筆者を辞めさせないために社長がつくったのは、他の従業員を使った監視体制でした。
筆者の行動を全従業員から入手し、少しでも違和感を感じたら筆者を呼び出し
「何か変なことを考えてないだろうな?!」
そうカマをかけるのです。
その時の筆者の反応を見て《後ろめたいことがある》と判断すると、真相を筆者
が語るまで何時間も軟禁して解放しません。
それが勤務中だろうと、とっくに退社時間を過ぎていようと関係ありませんでした。
「勤務中なら仕事しなくてラッキーでしょ?」
と思った方は甘いです。
軟禁されている何時間もの間、正座か、または立たされたままの格好で延々と言葉でいびられます。
もちろんパワハラです。
ようやく解放されて急いで持ち場に戻ると、筆者の抜けた穴をたった一人でこなしてやつれている同僚がいます。
その同僚にひたすら謝りながら、いたたまれない気持ちで遅れた業務をこなすのです。
その点、退社後に呼ばれれば同僚に迷惑はかけませんが、社長にとっても使える時間は増えるので、たっぷり時間をかけていびられます。
覚えている範囲ですが、解放されたのが22時を超えたこともありました。
どうでしたか?
自分がいた場所とはいえ、今でもこんな会社が実際にあったのが驚きです。
今回は、当時、筆者が働いていたブラック企業の「洗脳」というテーマで取り上げてみました。
最後まで読んで頂きありがとうございました。
ブラック企業でパワハラ上司から追い詰められた時だけ読んで下さい【男性版ヤバい方法】こんにちは【ぷ~すけ】です。 筆者は、当時勤めていたブラック企業を社長と口論した末に退職しました。 いまこそ新しい環境で平和...