大人のダイエット

『コカコーラダイエット』の効果を考える/私はコレで2㎏の増量

コカコーラが日本で本格的に販売されるようになったのは昭和36年と言われています。

子供も大人も大好きなコカコーラですが、私は20代の時にコカコーラが好きすぎて

『コカコーラダイエット』

を試みたことがあります。

結果は1ヶ月で-約2㎏とまさかの増加でした。

当時は

「カロリーがゼロだから痩せるっしょ!」

と思い何の計画性もないまま勢いだけでやりました。

その当時のことを振り返りたいと思います。

 

なぜコカコーラなのか?

ダイエットにコーラを選んだ理由は単純にコーラが好きだったのと、あとは金銭的な事情です。

当時はジムに通うお金やダイエット器具を購入するお金がありませんでした。

また、普段からコーラの強い炭酸と独特の甘さが食欲抑制に有効な気がしていたので、何となくコーラのポテンシャルを信じたくなりました。

 

 

コカコーラダイエットの方法

特別なやり方はなく、

①食事の前に飲む

②食事の最中に飲む

この2つをひたすら続けてました。

缶コーラを毎日3~6本は飲んでいたと思います。

 

コカコーラの炭酸と甘味料が胃を刺激する

空腹である食事前に一気に1本飲み干すと、コカコーラが胃の中で暴れ狂います。

計算通り!

これで食欲がだいぶ抑えられている気がします。

この後、時間を空けずに食事をとります。

食事中、数口食べたらコーラを流し込むことを繰り返して、胃が満腹感を感じるように追い込みます。

時折、飲んだコーラが喉元まで上がってきますが気にしない。

 

いけそうな気がしていたが…

それまで誰も試したことのない(少なくとも筆者は聞いたことがない)画期的なダイエット法を生み出したと思っていましたが、現実はそう甘くありませんでした。

コカコーラは飲めば飲むほど、またコーラを飲みたくなるのです。

それに飲んだ直後は腹が満たされた気がしますが、すぐにある物を口に入れたくなります。

それはポテトチップスやフライドポテトなど塩分の効いたスナックでした。

食べたくて仕方がありません。

 

ある日、誘惑に負けて食べてしまったのが失敗の始まり。

それまで人生で食べたポテトチップスで一番美味しく感じました。

あとはお決まりのコースで、ダイエットは曖昧なうちに止めてしまいました。

 

コカコーラダイエットの先駆者にはなれなかった

今となっては笑い話として、酒席でたびたび登場するぐらいですが

やらないよりは良かった気がします。

人生で最もコカコーラをたくさん飲んだ時期でしたが、今思うと体調はなんとなくおかしかった気がします。

風邪をほとんど引かない私ですが、この時期は鼻水がやたらに出たりクシャミをよくしていました。

ダイエット中は特に気にしませんでしたが、コカコーラダイエットを止めてからは、それらの症状もなくなったので、なんらかしら健康面の影響はあったのかもしれません。

今回の話は”失敗談”なので、真似をする方はいないと思いますが、もし関心のある方がいたとしても私はオススメしません。

挑戦することは自由ですが、結果については自己責任でどうかお願いします。

最後まで読んで頂きましてありがとうございました。

日本人が筋トレしない理由3選 ~筋トレの偏見をなくしたい~「健康ブーム」 「筋トレが日本人にも認知されてきた」 などと言われますが、それでも日本のフィットネス人口は欧米と比べてもまだ...
『高タンパク質ダイエット』で痩せやすい体を手に入れようダイエットの王道は 『摂取カロリーを消費カロリー以下に抑える』 と言われています。 そのため特に女性は、低カロリーを意...

 

こちらの記事もおすすめ!