夫婦・家族問題

《夫婦で仲良く》手を繋ぐだけで得られる恩恵が凄すぎる/心の安定と余裕を手に入れよう

私は40代の男性です。

妻とは結婚して10年になりますが、これまで大きな喧嘩をしたこともなく仲良く過ごしています。

私たち夫婦には、《ずっと仲の良い夫婦》を目標にしながら常に心掛けていることがあります。

このおかげで今も妻とは愛情たっぷりでお互い助け合って生活できています。

その秘訣を今回、ご紹介したいと考えています。

参考にして頂けたら嬉しいです。

 

夫婦で仲良く過ごす方法:手を繋ぐ

言葉としては月並みかもしれませんが、スキンシップを意識することはとても重要です。

『スキンシップ』と言っても、”会話”というより相手の身体に触れる方のスキンシップです。

私たちのスキンシップのやり方は単純です。

欠かさず行うのは、二人で同じベッドに入りお互いの身体が触れる位まで近づいて寝ることです。

そして寝ながら手を繋ぐことです。

相手に触れていれば体温を感じますし、汗や心臓の鼓動も感じます。

それは”ぬくもり“となって自分の脳に届くのです。

「妻も自分と同じ人間なんだ」「自分と同じように傷つくんだ」と言うことを心でも理解できるようになります。

そんな妻を愛しいと心の底から思えます。

 

日々過ごしていると、会社でもプライベートでも人間関係も含めて精神的に追い詰められる場面もあります。

独身時代にはこのような場合、ひたすら一人で耐えるしかありませんでした。

しかし、結婚してからは妻がいるので、私の心の支えになっています。

辛いことがあった時も「妻と一緒だから」と勇気が湧いてきますし、妻の存在が私の心を強くしてくれるのです。

それは言うまでもなく、妻との関係が良好だからこそです。

夫婦間に存在する「温度差」40代の夫が妻に直接聴いた結果を発表します【実例4選】夫婦間の温度差は「男女の差」と言う人もいますが、最初から諦めずにお互い歩み寄る姿勢が夫婦円満の秘訣かも。...

 

スキンシップがないと夫婦関係は破綻?身近な例

逆に夫婦の間にスキンシップが全くないと、良好な関係も長く続きません。

お互いが心身も充実していて仕事も順調なら良いですが、長い人生では良い時ばかりではありません。

《相手の肌に長く触れていないと気持ちも離れていく》

というのは真実だと思うのです。

 

奥さんと喧嘩ばかりしている私の知人がいますが、その言葉の応酬を聞くとビックリすることがあります。

いつも話を聞きながら

(なんでそこまで酷い言葉を相手に吐けるんだろう)

と疑問に思います。

《酷い言葉を使えるのはそれだけ相手を信頼している証拠》

という意見もあるようですが、本当でしょうか?

相手は無機質なロボットではなく、自分と同じように心のある人間なのです。

酷い言葉を言われれば、傷つき悲しい気持ちになると思うのです。

そういった話を聞くと、奥さんと日頃からスキンシップをとる努力をしていないのではないか?

と思ってしまいます。

これは男性側だけの問題ではありません。

妻から女性の友人の話を聞きました。

そのご夫婦は喧嘩はしませんが、ほとんど夫婦の会話はなく奥さんは子供の教育に全てをつぎ込んでいるそうです。

旦那さんのことは”同居人“と思っているそうで、旦那さんとは手を繋ぐどころか目を合わせることもしないと言うのです。

子供が離れていったらどうするの?旦那さんと二人になるんだよ?

と妻が聞くと、その友人は”二人きっりの生活なんて想像できない”と言ったそうです。

 

二組の夫婦を見て思うこと:夫婦関係をよくする努力について

二組の夫婦の話を聞いてみて思ったのは、パートナーから目を逸らして自分のやりたい事だけしている…という点です。

夫婦はお互いが歩み寄って相手のことを考えた行動をしていかないと、良好な関係は築けません。

 

心の中ではそれが分かっているのに、実行していないという夫婦もいるかもしれません。

でもお互い大人なのですから、誰かが仲介してくれるワケもなく、自分たちが行動しなければ二人の関係は変わりません。

長年、相手とスキンシップをとっていなければ、いきなり手を繋ぐのはハードルが高いと思います。

勇気を出して言っても相手から「嫌だ」と言われたら二度と言葉に出すことはしなくなるでしょう。

少しずつでも良いのです。

業務連絡のような内容でも良いので、夫婦の会話を増やしていきませんか?

その際、相手の目を見て話すことを意識してみてください。

これだけでも相手に与える印象は違うハズです。

 

やらない理由でよく聞くのは「子供のことで忙しいから」という言葉です。

ですが、子供の幸せを願うのなら余計に両親が仲良くしないと家庭環境は悪くなり子供への悪影響があるのではないでしょうか?

どの夫婦でも、子供にかける愛情の半分でもパートナーに向けたら夫婦関係は激変するハズです。

 

スキンシップができるのは仲が良いから?:行動の後に気持ちがついてくる

周りから

「あなた達は仲が良いからスキンシップできるんでしょ?」

と言われたことがありますが、私たちは最初からそこまで仲が良かったワケではありません。

もともと仲は悪くなかったですが、《スキンシップ》を意識しているうちに相手に対する愛情が湧いてきたのです。

40代に突入すると体力も落ちてくるので夜の夫婦生活は減りますが、夫婦に絶対欠かせないものというワケではありません。

毎日キスをしている夫婦もいるでしょうが、私たちはハグはしますがキスはまずしません。

当然、浮気は1度もありませんし、妻以外の女性にはあまり興味もありません。

芸能人やモデルを見れば”キレイな女性”とは思いますが、”女性”としては見ていません。

愛する人がいれば女性の魅力が分かってくるものです。

 

夫婦が仲が良いと心が安定して余裕がもてる

夫婦関係が良好だと精神的に安定して心の余裕ができます。

わたしの仕事にも良い影響があり、失敗をすることも少なくなりました。

些細なことで動揺することもなくなり、決して小さくない問題が発生した時でもドンと構えていられるようになりました。

そのせいか、周りの同僚から意見を求められたり相談される機会も増えたように思います。

女性や年上の上司へのコミュニケーションも自然にできるようになり、対人関係も良くなってきたのも実感します。

 

さすがに他人の前でスキンシップする勇気はありませんので、手を繋ぐことはもっぱら家で二人きりの時だけです。

妻とは一緒に風呂に入ることもあります。

妻の体を洗ってあげながら、今日1日何があったのか話すのも良いものです。

夫婦仲が良いと、何をしていようとも全てが幸せな時間に変わります。

コーヒーを飲んでいる時間、テレビを観ている時間、ご飯を食べている時間、一人で本を読んでいる時間すべてが幸せなかけがえのない時間です。

そこに妻がいるだけで安心します。

 

どんな夫婦でも相手と物理的な距離があると、些細な事で相手を疑ったり良くない感情で見ることがあります。

一度、相手を疑ってしまうと関係がさらに悪くなってしまうものです。

相手の身体に触れるからこそ分かることや感じることがあります。

普段からスキンシップをとることで、相手への信頼感を築いていけますし、嘘やごまかしなどもしなくなります。

いつも一緒にいる夫婦だからこそ、《スキンシップ》を通じてお互いの心と心を繋いでいくことが大事だと思っています。

 

【夫婦問題】愛妻弁当を捨てる夫は幸せな結婚生活を継続できるのか?夫が愛妻弁当を捨てていたら奥さんはどんな行動をとるのでしょうか?筆者が職場で見た光景をお伝えします。...