夫婦・家族問題

「どこからどこまでが浮気?」男女間の解釈の違いについて考えてみた

「どこからどこまでが浮気?」

たびたび耳にするテーマですよね?

民法上ではどちらかが不貞行為、つまり性行為を繰り返し行った場合とされているようですが、

「じゃあ、酔った勢いで1回だけ過ちをしたら浮気にならないね」

という単純な話でもないようです。

というのも、性行為をしたことは当事者は隠そうとするでしょうから、多くの場合、状況証拠を揃えて浮気を立証することになります。

 

「男女二人で親しそうにホテルに入って行った」

「夫婦間の性行為がずっとなかった」

こういった状況が揃ったら「浮気あり」と疑われても仕方がないという判断です。

 

では冒頭の質問に戻りますが、

「どこからどこまでが浮気?」

そう聞かれたらあなたは何と答えますか?

 

もちろん性行為をしてしまったら浮気なのですが、それ以外の行為は男女間で解釈の差があるようです。

ちなみに筆者の周りでは女性の方が浮気のラインが厳しめで、男性陣は結構、甘い採点です笑

例えば、

「二人で手を繋いだら浮気」

「相手を好きになった時点で浮気」

そう言ったのはどちらも女性でした笑

共感する女性は多いのではないでしょうか?

筆者も妻と結婚してから、異性問題における男女間の解釈の差はかなり大きいと感じました(浮気経験はありません)。

それに気付けたのは二人で《浮気》について、早めに話し合っていたからです。

交際していた当初は“恋愛は自由”という認識がお互いにあったので、この問題をつきつめる必要もありませんでした。

「相手に好きな人ができたらしょうがないじゃん」

という考えだったのです。

しかし、結婚したら話は変わります。

お互い貞操を守る義務が発生するワケなので、相手が浮気すれば当然、離婚の理由にないます。

なので、結婚した際にお互い【どこからどこまでが浮気なのか?】について確認しあった際に判明した妻の答えは

「二人だけで食事に行ったら浮気」

というものでした。

それを聞いた時の筆者は内心

(職場の同僚と食事に行ったらもうアウトじゃん!?)

厳しいな~

と思いました。

仮に筆者が女性と食事に行ったとして、やましい心がなくても妻から「浮気した」と認定されてしまうのです。

こうなっては“民法上の解釈”はもはや関係ありません。

『浮気した夫』というレッテルを張られ、妻の信用を失うことになるのです。

“浮気”をしていなくても夫婦関係が破綻する原因にもなってしまいます。

筆者のケースが稀ということでもなく、男女間の解釈の違いは「あって当たり前」くらいに思っていた方が良いのかもしれません。

相手の基準がどこにあるのか?

結局のところは話し合わないと埋まらないもののようです。

 

【夫婦問題】愛妻弁当を捨てる夫は幸せな結婚生活を継続できるのか?夫が愛妻弁当を捨てていたら奥さんはどんな行動をとるのでしょうか?筆者が職場で見た光景をお伝えします。...