ライフスタイル

コロナウィルスなんてぶっ飛ばせ!体の免疫力を向上させる簡単な方法を3つご紹介します

現在、コロナウィルスの猛威が日本列島だけでなく世界中に流行しつつあります(R2.3.8現在)。

「マスクがない」

「消毒液が足りない」

と連日、マスメディアが報道し、不安な日々を過ごしておられる方も多い事と思います。

このマスクや消毒液などが不足している状況は確かに不安ですが、個人の力ではコントロールできるものではありません。

つまり、いつまでも不安な気持ちでいるよりも、今は個人でコロナウィルスに対抗できる手段を探して実行する方が建設的ではないでしょうか?

そこで今回ご紹介するのは、食事睡眠運動の3つを規則正しく実行して免疫力を上げる方法です。

基本的な内容なので、既に実行している方やご存じの方も多いでしょう。

しかしながら、当たり前の事ができていないのが現代人の特徴とも言えます。

例えば

・主食がスナック菓子やファーストフードの人

・睡眠を取らなければいけない状況で徹夜で深酒する人

・運動を全くしない人

こういった生活習慣の人は、免疫力が低下している状況です。

 

今回は「知っているけど真剣に取り組んでこなかった」方々に向けて、おさらいの意味で投稿させて頂きました。

よろしければ最後まで読んで頂き、今後の参考にして頂けると嬉しいです。

 

「食事と水」を適量摂って免疫力を向上させよう!

 

免疫力を向上させるための方法1つ目は「バランスの取れた食事」と「適量の水」です。

昔から言われることですが、食事はバランス良く摂ることが免疫力を高めて健康を保つコツです。

特に野菜青魚なんて最高です。

野菜の場合、人参がβカロテンを多く含むので免疫力を上げる効果が期待できます。

ただしより多くのβカロテンを取り込もうと思ったら

・人参の皮はβカロテンが特に多いので捨てない。

・調理に油を使うことで、より体内に取り込まれやすい。

この2点を知っていることで更に高い効果が期待できます。

 

手間のかかる料理を作らなくても、魚ならサバ缶などでも栄養素がそのまま閉じ込められているのでオススメです。

サバ缶の価値が認められたのか、漁獲量も減ったこともありサバ缶が値上がりしているのがやや残念ですが..。

また、味噌納豆などの発酵食品も免疫力の向上に有効なので積極的に摂りましょう。

あとは、食事は食べ過ぎずに注意して、昔から言われる「腹八分」を守りましょう。

満腹だと胃腸を休ませる暇がなくて体が疲れやすくなり、あらゆる病気にかかりやすくなります。

 

水は1日に1.5~2リットル位を目安にして飲みましょう。

一気に1リットル飲んでも体内に全部吸収されませんので、こまめに飲むことが効果的です。

水をしっかり摂取することで血流が良くなり、病気の予防に繋がります。

暑い日の冷たいジュースは美味しいですが、お腹を冷やすのでなるべく避けて白湯を飲むようにしましょう。

「ジュース」に慣れてしまうと、中毒のようにジュースを買い続けることになります。

最初は耐える時期が必要ですが、慣れたら何とも思いませんし、たまに飲むジュースが甘すぎてマズく感じるようになります。

体が本当に欲しがっている飲み物は何か?

体の声に耳を傾けたら答えは出ると思います。

 

「十分な睡眠」で免疫力を向上させよう!

 

免疫力を上げるための方法2つ目は「十分な睡眠」です。

人によって必要な睡眠時間は異なりますが、人は体感的に自分に必要な睡眠時間が分かっていると思います。

周りの意見に惑わせられず、「自分にとって必要な睡眠時間」を確保する習慣をつけまょう。

人によって「6時間で十分」と言う人もいれば「8時間寝ないと力が出ない」と言う人もいるでしょう。

睡眠は体だけでなく、疲れた頭や心も癒やしてくれる大事な時間です。

「回復」と「修復」にエネルギ-を回せるように、寝る前は食べ過ぎないようにしましょう。

お腹が満腹だと、寝ていてもずっと胃腸が動き続けるので体の疲れが取れません。

睡眠時間だけではなく、「睡眠の質」も大事です。

 

「適度な運動」で免疫力を向上させよう!

 

「免疫力を上げる」ための方法3つ目は、「適度な運動」です。

この場合の運動は「疲労感を翌日に持ち越さない程度の運動」という解釈になります。

個人的には「ウォーキング」や「ジョギング」「段差昇降」などがオススメですが、個々の年齢や体力、運動と体の相性もあるので自分で選定しましょう。

1つ注意点として、やり過ぎた運動は逆に免疫力を低下させ病気にかかりやすくなりますので気を付けましょう。

「運動」と言うと、運動が得意な人や真面目な人などガッツリとやってしまう人がいますが、何でもほどほどが一番良いのです。

 

避けよう「ストレス」と「疲労」「薬の依存」

 

免疫力を上げる上では、「ストレス」や「疲労」を溜め込まないことが重要になります。

どちらも全くゼロにはできませんが、ストレスも疲労も溜めないような生活習慣を身につける必要があります。

「ストレスを感じない生き方」

を実践できている人は肌つやもよくて、若々しい方が多いですね。

一方で夜勤の仕事をしている人は大変だと思います。

疲労やストレスを溜めやすく、生活リズムも崩れやすいので免疫力が下がりやすい傾向にあるからです。

ストレスや疲労を感じやすい方はツラいでしょうが、だからこそ毎日笑顔でいることを心掛けて自分を守りましょう。

「楽しいことがないから笑えない」

ではなく

「笑っているから楽しい気持ちになる」

は事実なのです。

自分が笑っていると、周りの人も楽しい気分になるし声をかけやすくなります。

楽しいおしゃべりが増えればハッピーな気分になります。

 

また、軽い風邪症状くらいなら病院に受診せず、市販薬にも頼らずに

「自分で治す」

という気持ちも免疫力を上げる意味では大切です。

体を温かくして十分な水分を摂ってから、しっかりと睡眠を取ることで大抵の風邪は治ります。

そうやって何度か繰り返しているうちに、風邪にかかりにくくなりますしかかってもすぐに治癒するようになります。

 

おわりに

いかがでしたか?

今回は以下の4つのお話をさせて頂きました。

・「食事と水」を適量摂って免疫力を向上しよう!

・「十分な睡眠」で免疫力を向上しよう!

・「適度な運動」で免疫力が向上!

・ 避けよう「ストレス」と「疲労」「薬の依存」

今や世間を賑わせているコロナウィルスですが、こんな時でもないと普段、私たちは免疫力を意識することは少ないかもしれません。

また、受験生のお子さんを持つご両親にとっても、有益な情報だったかもしれませんね。

免疫力を上げるために、私たちが個々でできることは意外にあるのです。

内容的には昔から言い尽くされた感さえあるものですが、それでも実行できていない人が多いのが現代人の特徴のようです。

コロナウィルス対策に限らず、私たちは自分や家族の生命や健康を守るために日頃から免疫力を上げる生活習慣を取り入れていく必要があると感じます。

最後まで読んで頂きましてありがとうございました。

『免疫力を高める方法』人参を1日1本ずつ食べたらアレルギー性鼻炎が治った話【体験談】こんにちは。ぷ~すけです。 40代半ばの中年オヤジですが、40歳を超えたあたりから「アレルギー性鼻炎」に悩まされるようになりました...