夫婦・家族問題

《夫婦問題》体の相性が良いほど結婚生活もうまくいく/離婚から学んだ経験談

「体の相性」は夫婦仲に大きく影響すると筆者は実体験で断言します。

私は27歳の時に地元で同じ年の女性とお見合い結婚しました。

その後、新婚旅行を済ませて新婚後も夫婦でほぼ毎日、子作りをしていました。

まだ若かったので全然、疲れませんでした。

結婚後、夜の営みで体の相性が悪いことに気付き離婚

ただ、この頃に1つの問題が起きました。

二人の体の相性です。

お見合い結婚でしたので当然、婚前交渉はなく、結婚後に初めてお互い性交渉を試みました。

行為をしてみると、その妻とは完全に合わないのが分かったのです。

妻は綺麗な女性でした。

私も若かったのと好奇心から、最初はいくらでもできたのですが、途中から「何かおかしいな?」「こんなものかな?」と思い始めました。

そして、ついにできなくなってしまったのです。

相性としか言いようがありません。

結婚して1年ほど経つ頃には、子作りはもう苦痛でしかなかい状態になりました。

それは彼女も同じようでした。

ある日、私が”子作り”という使命感だけで行為に及ぼうとした際、妻が私の体を蹴って強く拒否してきたのです。

その日から気まずくなり、性交渉のことはお互い口にすることすらしなくなりました。

結局、その約3年後に離婚することになったのです。

離婚直前には、ずっと彼女が私に隠していた病気も判明しました。

その事実が判明した後に彼女が一方的に離婚届を出す…という後味の悪い結末でした。

その時に私は大変ショックを受けてしまい、しばらく女性不信に陥りました。

 

「体の相性」の重要性をアドバイスしてくれていた女性

実は結婚する前に「体の相性は大事だよ」と、私に教えてくれた女性がいたのです。

その方は銀行の受付嬢で、女性に縁の無い私を心配して会社の先輩が紹介してくれた方でした。

その方と何度かデートをした後、その女性を私が一方的に好きになり告白したのですが、当然のようにというか見事にふられました。

その女性は若いのに色々な社会経験を積んでいて、私に女性のことも教えてくれました。

ためになる話を聞きましたが、中でも体の相性は重要だという言葉が強く記憶に残っていたのです。

今思うと、女性の免疫がない私が苦労すると思って、アドバイスしてくれたのでしょう。

女性経験の乏しい私は、「そんなものかな?」程度にしか聞いていませんでした。

結果的にその女性のアドバイスを生かせなかったことになります。

離婚のような辛い体験を避けるためのアドバイスだったと思いますが…

離婚した後でこのアドバイスを思い出すのも皮肉なことです。

 

「相性バツグン」の女性との出逢い・結婚

最初の離婚から約3年後、次の出会いがありました。

それが現在の6歳年下の妻になります。

彼女とは、お見合いサイトで知り合いました。

私の離婚歴について正直に話すと、多くの方が私を敬遠するので悪いと思いながら彼女には隠していました。

実際、彼女と会ってみると、とても従順で可愛く惹かれるものがありました。

なんとしても彼女と結婚したいと思い、前回の教訓を生かして彼女に気持ちを伝え、3回目のデートで彼女と結ばれました。

驚くほど体の相性が良かったのです。

これは絶対に大丈夫、うまくやっていける!

と確信しました。

その後、結婚して子供も二人出来まして、幸せな家庭を築いています。

 

婚前交渉の考え方

婚前交渉は、二人でしっかり了承して行えば決して悪いものではないと思います。

逆に私の初婚のように、結婚後に体の相性が不一致でしたなんてのはお互い悲惨な結果にしかなりません。

体の相性は夫婦仲に大きく影響する

筆者は実体験で断言します!

結婚後に子供が出来ると、そこから10年ぐらい、つまり子供がある程度ひとり立ちするまでは、行為は減ります。

奥さんは子供の世話や家事やら仕事やらで仕事も含めて大変です。

でも、心配無用です。

10年も経つと子供達も手がかからなくなり、生活上、心の余裕が出来てきます。

そうなれば、出会った頃のようにまた激しく愛し合うものです。

現在の私たちがそうですからね。

逆に、夫婦生活で信頼関係ができた分、昔よりも愛情がこもります。

最後まで読んで頂き、有難うございました。

夫婦間に存在する「温度差」40代の夫が妻に直接聴いた結果を発表します【実例4選】夫婦間の温度差は「男女の差」と言う人もいますが、最初から諦めずにお互い歩み寄る姿勢が夫婦円満の秘訣かも。...