40代の悩み・生き方

『肝斑(かんぱん)』対策で40代女性がやっているスキンケアを紹介します

シミの一種である「肝斑」って、ご存じですか?

見慣れない言葉かもしれませんが、「かんぱん」と読みます。

私は恥ずかしながら、30代後半になるまで肝斑という言葉自体を知りませんでした。

肝斑には

・頬あたりの場所に左右対称にできる

・薄茶色

・境界がはっきりしない

という特徴があります。

シミ自体は「30代前半頃から少しずつ気になってきた」という女性が私の周りに何人かいます。

肝斑については「このシミは肝斑なのかなあ、違うのかなあ?」という程度の認識だったそうです。

「肝斑」だと分かっていた人は1人だけでした。

気付いたのは、やはり美意識の高い人でしたね。

 

さて、この「肝斑」ですがシミと一緒で、年齢が上がるにつれて出現しやすくなります。

その理由は、肝斑が女性ホルモンの影響を大きく受けてしまうからです。

女性ホルモンは言うまでもなく、女性の美容や体調に大きくかかわるホルモンです。

つまり女性ホルモンのバランスが乱れる40代以降は、肝斑に対するケアがとても大切になるというわけですね。

肝斑のケア方法は主に2つです。

《肝斑のケア方法》

洗顔やマッサージを過剰にしない。

②紫外線対策をしっかりする。

 

“洗いすぎが肌に良くない”ことは知っていたのですが、マッサージのし過ぎもよくないそうですね。

マッサージをすれば「血行が良くなって新陳代謝も活発になる」というイメージを持っていたので、このことは意外でした。

もちろん寝不足は美容に良くないので、夜更かししがちな方は生活スタイルの見直しも必要かもしれません。

 

洗顔する際は「界面活性剤」が多く含まれている選外材は除外しましょう。

肌のバリア機能が低下してしまう恐れがあるからで、なるべく肌に優しいものを選ぶことをオススメします。

スキンケアを考える際、紫外線対策も基本になりますね。

多くの方が実践されているでしょうが、

・少し庭に出るだけだから。

・近くのコンビニに行くだけだから。

と対策を怠ると、その積み重ねが肌に悪影響を及ぼします。

日差しの強い季節は日焼け止めを塗るのはもちろん、帽子など被ってガードした方が良いです。

ここで重要なのは、曇りの日でも紫外線の力を侮ってはいけないということです。

日が差していなくても紫外線が照射されています。

天候が変わって外出中に強い日差しが差し込むこともよくありますので、気を付けたいものでうね。

 

40代となるとシミ対策を頑張っても若い頃と違って、なかなかすぐには効果が出ません。

「このシミいつになったら消えるのかなあ」

と、鏡とにらめっこする日々も多いことでしょう。

とはいえ、なかなか効果が出ないからといって対策を怠ってしまうと、既にあるシミに加えてこの先も新たなシミが出てきてしまいます。

気にし過ぎてストレスになるのは避けたいので、「やらないよりはマシ」という軽い気持ちで気長に付き合ってきましょう。

シミ対策を含むスキンケア商品は日々、商品開発されて新しい商品がどんどん出ています。

いつか自分の肌に合ったケアアイテムに出会えるかもしれませんので、新商品のチェックも怠らずにしていきましょう。

キレイな舌で好感度アップ!口臭予防は大人のエチケット!『舌クリーナー』でピンク色の舌に口臭をなくし笑った時に見えるキレイな舌はあなたの好感度を上げることは間違いありません。...