大人のダイエット

40代女性が『踏み台昇降ダイエット』でお金をかけず12㎏の減量に成功した話【体験談】

私は40代の女性です。

元々、私はふくよかな体型でした。

若い頃からお酒や外食が大好きでしたので、週末になると友人と飲みに繰り出すのが定番でした。

お洒落より美味しい物に目が無かったのです。

「痩せたい!」

「綺麗になりたい!」

美意識が高く摂取カロリーを気にしている周りの女性たちと比べて、自由奔放な生活を続けている私の体型はそこまで崩れてないな等と思っていました。

しかしそれも若い時だけで、加齢と共に重力に負け体型が崩れていくのは避けられません。

実際40歳を過ぎた頃から、いわゆる「おばさん体型」にまっしぐら…だらしない体型となっていったのです。

そしてとうとう体重はMAXに…。

しかし、いまさら後悔したところで後の祭りです。

私は覚悟を決めて、ようやく重い腰を上げました。

 

私が取り組んだダイエットは『踏み台昇降ダイエット』です。

約3か月で12kgも痩せたダイエットなので自分でもビックリなのですが、やった事といえば踏み台を昇って降りただけです。

面倒なことは何一つありませんでした。

 

運動が苦手でスポーツ嫌いな私でさえできたので、年齢性別に関係なく誰でもできると思います。

たかが踏み台の昇り降りですから。

世の中には他にもっと凄いダイエット法があるのでしょうが《踏み台昇降》は

“いつでも”

どこでも”

“誰でも”

できる運動なので、オススメできます。

 

この記事では私が『踏み台昇降ダイエット』で痩せた経験を踏まえて、なるべく分かりやすくご紹介していきたいと思いますのでお付き合いよろしくお願いします。

 

『踏み台昇降ダイエット』のやり方

「踏み台昇降ダイエットにお金は不要」道具は踏み台だけ

この『踏み台昇降ダイエット』で使う道具は、自分の体重を支えられる台だけです。

しかも、私の踏み台は自作の簡単な代物です。

不要になった厚めの本を重ねて約15㎝くらいの高さにし、ガムテープで巻いて固定しました。

このダイエットにお金は一切かかっていませんが、私は高価な器具を買うダイエットを否定しているワケではありません。

私の場合、すでに結婚願望のある若い女性ではないため、ダイエットにお金を使うのがもったいないと感じるのです。

それならば、旅行や趣味に投資したいと考えてしまいます。

「ダイエットにお金は使わない」

そんな信念で行動した結果、1円も使わずに12㎏のダイエットに成功したので個人的には満足しています。

お金をかけなくても、ダイエットのやり方が正しくてモチベーションが続けば痩せると証明できたと思っています。

 

『踏み台昇降ダイエット』のコツは「腕をしっかり降る」こと

『踏み台昇降ダイエット』は単純な動作を反復するだけなので、基本的に細かな説明はいらないかと思います。

ここでは実践してみて、よりダイエット効果を感じた方法をいくつかご紹介したいと思います。

まずは、腕をリズム良くしっかり降るという点です。

この運動は下半身ばかりに意識が行きがちですが、上半身も使った方が全身運動になるので体全体をまんべんなく鍛えることができます。

使う部位が増えれば、当然、代謝もそれだけ上がるので痩せやすくなります。

疲れてくると腰に手を置きたくなったり、また両手を下げたくなるのですが、上半身にも気を配る方がダイエット効果は高いと思います。

とはいえ、やってみてキツい運動に感じるようなら、慣れるまで上半身は楽な姿勢でかまいません。

キツい運動は続かないからです。

 

『踏み台昇降ダイエット』の姿勢は「背筋を伸ばす」ことを意識

次は姿勢についての注意点です。

私は自分のフォームを確認できるように、常に鏡の前で取り組んでいました。

それというのも、ダラダラしたり疲れてきたりすると、悪い姿勢になっていることがよくあったからです。

良い姿勢をキープするのも筋肉が必要なので、当時は体幹の筋肉が足りなかったのだと思います。

姿勢が悪いまま運動すると、体を痛めやすくしたり力がうまく伝わらなかったりして、結果的にダイエット効果を低下させる可能性があります。

悪い姿勢が癖になってしまう可能性もあるので、やる際は必ず背筋を伸ばして正しいフォームを心掛けながらやりましょう。

正しいフォームとは見た目が美しく見える姿勢のことです。

美しい姿勢で行う運動は力が正しく伝わるので、質の高い運動になり普段の姿勢も美しくなるので良い事づくめです。

フォルムが綺麗な人は同姓から見ても一際美しく見えます。

“鏡を用意する”

たった一手間を加えることで効果は大違いですので、個人的にオススメしています。

 

踏み台の高さは「能力に合わせて」決める

続いて”踏み台の高さ”についてご説明します。

この運動は、踏み台を高くするほど運動強度が上がるので、個人の能力や体力によって調節すると良いです。

やっているうちに物足りなくなったら、重ねる本を1冊分増やして高くすると良いかと思います。

 

ちなみに私はやる気が先行して、最初の踏み台を高めにしていました。

自分の能力を超えた高さでやり続けた結果、2日間運動をお休みしても足の疲れや痛みが取れなくなってしまい気持ちが折れかけました。

それ以降は自分の能力以上の高さにはしていないので、同じ問題は起きていません。

どんなダイエットも無理をしたら続きません。

習慣化するためには1日2時間の運動を毎週するよりも、1回10分を毎日続けることの方が価値があると私は思います。

 

初めてやる方や運動習慣のない方がやる際は、本2~3冊分の高さから始めるのが丁度良いと思います。

最初は物足りなく感じるかもしれませんが、ある程度の時間をかけて行うダイエットなので高すぎるとキツく感じます。

 

『踏み台昇降ダイエット』をやる時間とペースについて

私が『踏み台昇降ダイエット』を始めた当初は、5分間やっただけで足がピクピクしました。

最初は無理をせず5分間ゆっくりとやって慣れてきたら10分…。

そんな感じでゆる~くやっていきましょう。

私の場合最終的には毎日40分やっていましたが、始めから終わりまでの間、40分間を休憩なしでした。

 

ペースについてですが、最初から飛ばしてしまうと続かないので、息が上がらないペースくらいが良いと思います。

時間ではなく「昇り降りする回数」を決めてやる方法もあるのですが、テンポやペースが不規則になり疲れやすい気がしました。

時間」で区切った方が、その日のコンディションに適した運動量になるのでやりやすいと思います。

賢いダイエット方法とは「毎朝、体重計に乗る」だけ/誰にでもできる方法を簡単に紹介過去にダイエットをして、89㎏から69㎏まで痩せた筆者の体験をお話させて頂きます。 痩せる方法は人それぞれだと思いますが、もし誰に...

 

『踏み台昇降ダイエット』のデメリット

『踏み台昇降ダイエット』は単調なため飽きやすい

踏み台昇降ダイエットの特徴は「シンプルでいつでも誰でもできる」ことにあります。

一見、長所に感じますが、考え方によってはこれが短所になります。

つまり、シンプル過ぎて飽きるのです。

私の場合、何も考えずに取り組めたのは最初の3日ぐらいで、1週間もすると飽きを感じました。

この運動にはゲーム性がないですし、ジョギングのように外の景色を見る楽しみがありません。

飽きずに続けるためにはちょっとした工夫が必要だと思います。

 

私の場合、好きな音楽やラジオ講座などを聴きながらやることでモチベーションが切れることなくできました。

中にはドラマや映画などを観ながらやる方もいるようです。

私の場合、耳からの刺激だけの方が運動に身が入るというか、疲労感やコンディションを気にしながらできたので合っていました。

この辺は人それぞれだと思います。

 

『踏み台昇降ダイエット』は体が慣れるまでキツい?

ペースや時間配分の問題もありますが、最初のうちはペースが分からず、また元々運動不足の生活でしたので体力的にきつい日もありました。

特にふくらはぎの筋肉痛など経験する方は多いと思います。

運動する習慣のない方は、余計に疲労感や体の痛みを感じやすいと思います。

人間は新しい刺激に耐えられる体へと進化していきますので、それまでの間、コンディションの管理が大切です。

しだいに体が慣れてくれば、キツさはそれほど感じなくなります。

 

体を労りながら体力を使い切るまでやるのではなく、30~50%くらいの余力を残して止めることも必要です。

そして自分を褒めることも大切です。

これまで運動してこなかった自分が運動を始めたこと自体が凄いことですし、価値のあることです。

「私って凄い!」

自分をそう褒めてあげましょう。

とはいえ、ご褒美のスイーツは結果が出てからにしましょうね笑

 

『踏み台昇降ダイエット』で12㎏痩せて良かったこと

私はこの『踏み台昇降ダイエット』で12㎏痩せることができました。

痩せて良かった事をいくつかご紹介させて頂きます。

 

①『踏み台昇降ダイエット』で顔が小さくなった。

一番嬉しかったのは、体が一回り小さくなっただけでなく小顔になったことです。

ダイエットに成功してからしばらくの間、私の1番の楽しみは過去の自分の写真と今の顔を鏡で比べることでした。

「前の顔と全然違う!」

何度も見てるのに、その度に小躍りしたい気分になったものです。

顔の余分な脂肪が落ちたことで、明らかにダイエット前よりも小さくなったのです。

他の体のパーツ全てが細く小さくなり、靴のサイズもワンサイズ小さくなりました。

 

②『踏み台昇降ダイエット』で体が軽くなった

実際に12㎏痩せると、以前の自分の体ではないくらい体が軽く感じます。

駅や職場の階段を足早に駆け上がっても息が上がらないのでビックリします。

無駄な脂肪が減っただけではなく、太ももやお尻、足の筋肉もついた気がします。

足自体は細くなったのですが、引き締まってメリハリがついた感じです。

 

③『踏み台昇降ダイエット』で活動的になった

12㎏ダイエットしたことで、生活面も大きく変わりました。

買い物自体は好きなのですが、外に出かけると疲れますし汗をかくのが嫌で極力外出は避けていました。

それに、近くでキラキラしたカップルがいたら楽しい気分が萎えてしまいます。

 

ダイエットしてからは外に出ることが億劫ではなくなり、より活発になって行動範囲が拡がりました。

疲れにくくなったので、欲しい物がある時はバスや電車を使って何店舗も渡り歩くのが平気になりました。

以前の私なら考えられません。

 

④『踏み台昇降ダイエット』でお洒落が楽しくなった

ダイエットに成功してから、着る服をサイズではなくデザインで選ぶようになりました。

もともと細い方には分からないかもしれませんが、私のように体が大きいとデザインで服や靴を選ぶことはできません。

まず自分に合うサイズの中から服を探すことになるので、選択肢が減ってお洒落な服には滅多に出会えません。

『ホントはあの服が欲しかったのにな…』

と思いつつ「これも可愛いから、まあ良っか」と妥協して家路につくのです。

 

そんな私が12㎏痩せたことで、自分の好きなデザインの服を購入することができるようになったのです。

幸せを感じないハズはありません。

これもダイエットに成功したおかげです。

 

もともとお洒落には興味が薄かった私ですが、痩せてからは化粧や髪型、靴やカバン、装飾品など今更ながらチェックするようになりました。

私の変わりっぷりを、ダイエット前の私しか知らない人たちが見たらビックリすると思います。

踏み台昇降ダイエットをしたおかげで、私の人生は良い方向に変わったと思います。

今回は私の経験した『踏み台昇降ダイエット』をご紹介させて頂きました。

少しでも参考にして頂けたら嬉しいです。

『高タンパク質ダイエット』で痩せやすい体を手に入れようダイエットの王道は 『摂取カロリーを消費カロリー以下に抑える』 と言われています。 そのため特に女性は、低カロリーを意...

 

現代人は食べ過ぎ?『月曜断食ダイエット』をやる意味と美肌や健康にも良いワケ数年前に話題になった『月曜断食ダイエット』をご存じでしょうか? ダイエットだけでなく、体が健康になって美容にも効果があると言われた...
こちらの記事もおすすめ!