40代からの運動・ダイエット

40代女性が『踏み台昇降ダイエット』でお金をかけず12㎏の減量に成功した話【体験談】

私は40代の女性です。

元々、私はふくよかな体型でした。

若い頃からお酒や外食が大好きでしたので、週末になると友人と飲みに繰り出すのが恒例になっていました。

「痩せたい」

「綺麗になりたい」

と普段から口にしている同年代の女性と比べると、ダイエットには関心が薄かった方だと思います。

意識が低くて何の対策もしなければ、加齢と共に体型が崩れていくのは当然です。

そんな私も、気付けば脂肪が付きやすい体質になっていました。

そして、40代に入った時、ついに体重が過去最高を更新したのです(泣)

(後悔しても後の祭り)

(今からでもやるしかない!)

そう思った私は覚悟を決めて、ようやく重い腰を上げてダイエットに取り組むことにしました。

その結果、なんと約3か月で12kgものダイエットに成功したのです。

そのダイエット法とはズバリ!

『踏み台昇降ダイエット』です。

正真正銘、本当にやったのはこれだけです。

単純明快で面倒なことはな~んにもありません。

やることと言ったら踏み台を昇ったり降りたりを繰り返すだけの単調で単純な運動です。

私でさえできたのですから、年齢性別に関係なく誰でもできるハズです。

運動が苦手だと言っても、踏み台の昇り降りすらできない人はいないでしょう?

しかも、この『踏み台昇降ダイエット』は、簡単な上にダイエット効果が高い方法なんです!

なんせ、私でも3ヶ月で12㎏痩せたくらいですから(笑)

他にも同じくらい痩せれるダイエット法はあるでしょうが、《踏み台昇降》は

どこでも”

“誰でも”

“いつでも”

できる運動なのでオススメできます。

こんなに素晴らしいダイエット法は他にないと思っています。

この記事では、私が健康的に3ヶ月で12㎏痩せた『踏み台昇降ダイエット』について、ご紹介していきたいと思います。

 

『踏み台昇降ダイエット』のメリットは手軽に誰でも始められる事

 

この『踏み台昇降ダイエット』で使う道具は、”自分の体重を支えられる台“だけです。

つまり、お金がかからずお財布にめちゃくちゃ優しいダイエットです。

決してジムでお金と時間を使いダイエットする方法を否定するワケではありません。

ですが、お金を1円も使わずに12㎏もダイエットできたら最高だと思いませんか?

『お金をかければ痩せる』

そんな古い考えは、もう捨てましょう。

ジムに使う予定だったお金を、エステや他の美容系に投資すれば有意義なお金の使い方ができます。

 

『踏み台昇降ダイエット』は動作が単純過ぎるので「やり方」を説明する必要もないくらいなのですが、ちょっとしたコツをお伝えします。

ウォーキングでも言われることですが、踏み台を昇り降りする際に腕をリズム良くしっかりと降りましょう

そうすることで、上半身も使うので全身バランスよく鍛えることができます。

次は姿勢についての注意点です。

私は自分のフォームを確認できるように、踏み台をしながら鏡の前でやっています。

疲れてきたり意識が別の所にいっちゃうと、姿勢が猫背になっていることがあります。

これでは効果半減です。

背筋を伸ばして美しいフォームを心掛けてやった方が、正しく力が伝わるので運動のパフォーマンスが高くなりますし、普段の姿勢も美しくなります。

 

次に『踏み台の高さ』についてです。

踏み台を高くするほど負荷が増すので、運動能力の高い人や今の高さで物足りなくなったら高さを上げると良いです。

ちなみに私は効果を急ぎすぎて、筋力がまだ不十分なのに踏み台を高くしたことがありました。

かなり”効いてる”感じはありましたが、1週間もしないうちにオーバーワークで足が上がらなくなりました。

筋肉痛も酷く日常生活にも影響が出たので、ダイエットの中断を余儀なくされたのです。

この経験で”無理は禁物!”と気付けただけでも良かったのかもしれません。

高さについては、始めてやる方や運動不足を感じている方は漫画雑誌2~3冊分の高さから始めるのが丁度良いと思います。

 

『踏み台昇降』をやる時間とペースについて

『踏み台昇降ダイエット』を始めた頃は、5分間続けただけでも足が上がらなくなりました。

最初は無理をせず5分間ゆっくりとやって、慣れてきたら10分…と徐々に時間を延ばしていくのが良いかと思います。

私の場合最終的には毎日40分やっていました。

始めから終わりまでの間、40分間を休憩なしでやりきります。

ペースについてですが、最初から飛ばしてしまうと続かなくなりますので、運動していて息が上がらないペースくらいが良いと思います。

時間ではなく「昇り降りする回数」を決めてやる方法もありますが、その時の自分に適した運動量をするには「時間」で区切った方が良いと思います。

その日の体調だったり、体力の向上によって「できる運動量」は変化していくからです。

#うちで過ごそう/新型コロナの運動不足を解消するには『踏み台昇降ダイエット』が最適!新型コロナの影響で、いま外出を控えている方は多いのではないでしょうか?(R2.4.11現在) スポーツジムや体育館に行くこともまま...

 

『踏み台昇降ダイエット』のデメリット

この《踏み台昇降》の長所は「シンプルでいつでも誰でもできる」ことにあります。

逆に言うと、これが短所にもなります。

つまり、シンプル過ぎて飽きるのです。

私も例外ではなく、モチベーションが高かったのも最初の3日ぐらいで、1週間もすると明確に「飽き」がきました。

この運動にはゲーム性がないですし、「ジョギング」のように外を走る爽快さや景色を楽しむこともありません。

対策として、私の場合は好きな音楽を聴きながら続けていました。

かける曲はスマホの動画からBluetoohでワイヤレスイヤホンに飛ばしていましたが、このおかげでモチベーションが切れることなくできました。

また、体が慣れるまでは体力的にきつい日もありました。

地味な運動ですが結構足に効いてますので、当分の間はふくらはぎなどの筋肉痛に耐えなければいけません。

私の場合「よし!効いている効いてる!」とほくそ笑んでましたが 笑

 

『踏み台昇降ダイエット』で12㎏痩せて良かったと思うこと

『踏み台昇降ダイエット』で12㎏痩せたことで、良かったことがいくつもありました。

顔が小さくなった。

12㎏も痩せれば当然、体が小さくなります。

それだけでも飛び上がるほど嬉しいのですが、ある程度、予測はできていたことです。

それよりもっと驚いて最強に嬉しかったのは、小顔になったことです。

「私って、こんなに顔が小さかったんだ…」

顔の作りの話ではなく、顔の余分な脂肪が落ちて明らかにダイエット前よりも小さくなったのです。

感動のあまり、鏡に写る自分の顔をマジマジと何十分も眺めていました。

他の体のパーツも全てが細く小さくなり、足の甲や指なども痩せたせいか靴のサイズもワンサイズ小さくなりました。

また余分な脂肪が落ちて体力がついたので、体が驚くほど軽くなりました。

駅や職場の階段を足早に駆け上がっても息が上がらないのです。

もちろん体重が減った事がその理由ですが、他にも踏み台昇降運動によって太ももやお尻、背中の筋肉がついた事もやはり大きいと思います。

体が軽くなった

さらに、体も嘘みたいに軽くなりました。

実際に12㎏も減ると、まるで自分の体ではないくらい軽く感じます。

長年、付き合ってきた自分の体とは思えないほど体力が付いたので、階段を昇ることが全く苦になりません。

運動嫌いの私ですが、この次は生まれ変わった体でジョギングしたりフィットネスに通ってみたいと思っています。

活動的になった

12㎏ダイエットしたことで、生活面も大きく変わりました。

今までは外に出かけると疲れるので、いくら天気が良くとも外出は控えていました。

それが今では外に出ることが億劫ではなくなり、むしろ前より活発になって行動範囲が拡がりました。

欲しい物がある時はバスや電車を使って何店舗も渡り歩くのですが、以前の私なら考えられない行動力です。

お洒落が楽しくなった

ダイエットに成功してから、着る服をサイズではなくデザインで選ぶようになりました。

細い方には分からないかもしれませんが、私のように体が大きいとデザインで服を選ぶことはできません。

好きなデザインではなく、まず自分に合うサイズを先に探すことになるので、服の選択肢がかなり減るのです。

『ホントはあの服が欲しかったのにな…』

と思いつつ「これも可愛いから、まあ良っか」と自分を納得させながら会計を済ませて家路につくのです。

そんな私が12㎏痩せたことで、自分の好きなデザインの服を購入することができるようになりました。

これはダイエットに成功した人にだけ訪れる幸せの瞬間です。

元々ファッションに興味が薄かった私ですが、痩せてからは化粧や髪型、靴やカバン、装飾品など色々とチェックするようになりました。

私の変わりっぷりを、ダイエット前の私しか知らない人たちが見たらビックリすると思います。

さすがに「痩せたから見て!」と自分から言う勇気はありませんが、いつか街中で偶然、昔の友人や彼氏に会ったりしないかな?

そんなことを想像してにやける自分がいます。

もし、1人で笑いながら街中を歩いている女性がいたら私かもしれません笑。

 

現代人は食べ過ぎ?『月曜断食ダイエット』をやる意味と美肌や健康にも良いワケ数年前に話題になった『月曜断食ダイエット』をご存じでしょうか? ダイエットだけでなく、体が健康になって美容にも効果があると言われた...