40代の悩み・生き方

正月太りから4㎏のダイエット!ゆるいジョギングと間食制限が最高の効果を生んだ話!

私は40代の女性です。

私は以前お正月休みの間に、体重が何と4㎏も太ってしまったことがありました。

これまで私はそれほどダイエットに対してあまり意識したことは無く、実際いままでに一度もダイエットを試みたことはありませんでした。

そんな私ですが、さすがに正月だけで4㎏も太った時ばかりは

ダイエットしなければ!

と強烈に思い、人生で初めとなるダイエットに挑むこととなったのです。

その時のお話を少しさせて頂きます。

 

人生最初のダイエットは「ジョギング」+「間食制限」

まず、私が最初に選んだダイエットは走ることでした。

いきなり毎日走ることにしたのです。

距離は約3㎞ほどに設定しました。

だいたい走るコースは決まっていて、家の近所にある川の土手を走っていました。

さらに、

“同時に食事制限もやった方が結果に繋がりやすい”

と思って、簡単でかつ効果の高い方法を実践しました。

それは、私にとって自分の楽しみを奪うことになる大胆な改革でした。

その内容は

間食を一切しない!

です。

「なんだ、そんなことか…」

と思われる方もいると思います。

ある意味当然です。

しかし、あまいスイーツが大好きで、和菓子・洋菓子を問わず毎日欠かさず食べていた私にとっては、ほぼ刑務所に収監されるくらいの気持ちでした。

自分の決めたことながら

「明日から何を楽しみに生きれば良いんだ」

と暗い気持ちになったものです。

1日の仕事を終えて夕食を摂った後で、好きな動画を観ながらスイーツを食べるのが至福の時間だった私です。

正直、

「ダイエットのためにここまでやるのか…」

と自問自答しましたが、とことん自分を追い込まないと意思の弱い私のことだからダイエットも失敗するだろうと思っての決断でした。

つまり、40代の人間が4㎏太った体重を元に戻すのはそれだけ大変なんだよ!

という事を自分の深層心理まで植え付ける必要があると思ったのです。

 

間食を止めれたのはジョギングのおかげ

覚悟が決まったおかげで

「さっさと4㎏落として元の至福の時間を取り戻すぞ!」

とやる気スイッチが完全に入りました。

私にとってスイーツが唯一と言って良いくらいストレス解消法だったので、我慢するのは想像していた通りとても苦痛でした。

ですが、その苦痛も日を重ねるごとに少しずつ和らいでいきました。

今振り返ると、ジョギングと同時に行ったことで気が紛れたのだと思います。

ジョギングをしていると脳内から『快楽ホルモン』が出ると言われますが、走っていると段々と気分が良くなってきます。

走り終った時は、例外なく気持ちがスッキリするのです。

好きな動画を観ながらのスイーツは至福の時間なのですが、食べた後は少し食べ過ぎたことを悔やむこともあります。

ジョギングに関しては悔やむことがありません。

ジョギング中は気分が晴れてきますし、走り終ってから飲むコップ1杯の水はスイーツと一緒に飲む紅茶と同じくらい美味しく感じました。

そして、ジョギング後に浴びるシャワーもまた格別でした。

当初は、「ダイエットのためにやるしかない」と思って始めたジョギングでしたので、嬉しい誤算でした。

結果的には約3ヵ月ほどで4㎏のダイエットに成功して、元の体重へ戻すことができました。

 

 

日頃から運動をしない私でしたが、天候が悪かった日を除けば毎日欠かさず走れたのは奇跡に近いことだと思います。

正直、自分を少し見直しました。

「やれば私もできるんだ」

と感じれたのはこのダイエットの収穫でした。

あと、健康に良いかどうかは分かりませんが、ダイエット期間中は朝食のパンを抜いてみました。

最初は空腹感がありましたが、慣れると苦にならなくなり生活上も特に問題を感じません。

朝の忙しい時間をバタバタ準備してせわしなく食べる時間が何かもったいない気もしていたので、体調面で問題ないようならこのまま昼食抜きは続けようと思います。

今は朝食の時間を部屋の整理にあてたり、仕事のスケジュール管理にあてたり等、効率的に時間を伝えています。

 

おわりに

『正月太り』がきっかけで始めたダイエットですが、やってみたら

・ジョギングで気分が良くなることに気付いた。

・目的を達成して成功体験を積めたことで自信になった。

・朝食抜きの新たな生活スタイルの確立。

この3つの学びがありました。

肝心のダイエットについても、

『適度な運動と食事制限の実践で成功率が高まる』

と体で理解することができました。

とても大きな収穫です。

現在でもリバウンドなく体重をキープしていますし、すっかり生活の1部となったジョギングも週末に3㎞ほど行っています。

 

これから更に代謝が落ちる年代に突入するので、「運動する習慣」を身につけることができて嬉しく思います。

最近は、「少し食べ過ぎたかな?」と感じる日でも体重は変化ありません。

「太りにくい体質」へ徐々に体が変ってきていると想像すると、更に毎日が楽しく感じます。

ジョギングは本当にゆっくり走っていますし、距離も3㎞程度です。

意思の弱い私でも継続できているのですから、「ジョギング」「間食制限」のコラボはダイエット効果バツグンと言えます。

今だからこそ『引きこもりダイエット』をしよう!家の中でできる【オススメな方法3選】巷では「コロナウィルス」が席巻しています(R2.3.10現在)。 メディアの過熱ぶりを見ると、もはや日本中のどこにいても安全な場所...