40代の告白・内緒話

40代女性が『婚活オタコン』で簡単に結婚できたケースを紹介します

皆さん『オタコン』てご存じですか?

『オタコン』とは「趣味コン」の一種で『オタク婚活系の街コン・婚活パーティー』の略称です。

つまり、アニメやゲーム、コスプレなどオタク系の同じ趣味をもつ男女が、出会いを求めて集まるイベントです。

普段、異性と話す機会が少ないオタク男子も、趣味が同じ女性となら話しやすいですよね。

実際、参加費用は男性の方が割高にもかかわらず、チケットは『即完売』だったり、かなりの人気イベントなんです。

私は40代の女性ですが40代になり結婚をほぼ諦めていたところ、この『オタコン』に参加して結婚することができました。

今回はそのお話をさせて頂きます。

『婚活オタコン』の存在すら知らなかった20代

私は商社に勤めていました。

20代の頃は仕事が楽しすぎて、仕事の片手間に恋愛を楽しむといったスタイルで人生を謳歌していました。

その当時は、仕事とオフィスラブに夢中で結婚なんて考えたこともありませんでした。

30代に突入した時はさすがに

「あぁ結婚意識しなきゃな~」

と考えることもありましたし、同期の女性職員が「一人また一人」と寿退社して行く現状に焦りも多少は感じていました。

しかし20代とあまり変わらない感覚でやはり仕事も楽しかったので、婚活する気には中々なれず行動に移すこともしていませんでした。

本格的に「マズい!」と思って焦り始めたのが30代中盤でした。

『婚活オタコン』に参加してみる

ようやく様々な婚活イベントに参加するようになり、気になるイベントを見つけては予定を合わせて顔を出すようになりました。

ですが『若さ』という武器はもう使えません。

気になる男性がいても、私より若い女性と親しそうに話している姿を見ると勝てる気がなくなり、「もっと若いうちに参加していたら…」という後悔の念が湧いてきます。

自分なりに色々と試してみましたが、いくらあがいても【年齢】と言う現実と向き合わなければならない状況でした。

「普通の婚活パーティーじゃダメだ」

私が次の手段として考えた方法は「趣味コン」への参加です。

そもそも私の趣味はかなりコアで、アニメやゲームが好きなオタク女子でした。

普段は偏見の目で見られる事を恐れて、ごく親しい友人以外には打ち明けていませんでした。

これまで何度も「婚活パーティー」で検索した時に、『オタコン』のイベントが開催されているのは知っていました。

私が趣味として密かに楽しんでいたことをオープンにするには抵抗があったので、それまで見て見ぬ振りをしていたんです。

ですが、精神的に追い込まれる状況だったので、この時の状況をプラスに考えてみました。

まず1つ目は

『オタコン』に参加する男性は女性の免疫が少ない。

2つ目は

オタク男子は、現実の女性を選ぶ際「年上のお姉さん」に惹かれる。

この2点を踏まえて考えた場合、私にとって好条件ではないか?

と思いました。

そして、私の推測は面白いくらいに当たりました。

『オタコン』の参加者は予想していた通り、恋愛経験が少ない男性が多かったです。

言葉は悪いかもしれませんが、声をかければイチコロという状況でした。

こんな神環境の中、嬉しいことに多くの男性が私に好意を寄せてくれました。

その中から、「少しでも私の希望に添う男性を」と思いながら探し続け、結果的に今の主人と出会いゴールすることができました。

『趣味コン』は自分が優位に立てる可能性がある

『オタコン』に参加したのは、この時が最初で最後でした。

通常の『街コン』と比べると、趣味の世界なので普段の自分をさらけ出しながら参加できます。

それまでの失敗を思うと、あまりにもうまく行き過ぎて運が良かっただけかもしれません。

ですが、今回のケースで学んだ事が1つあります。

他のライバルもいる中で目的を達成するためには、自分にとって少しでも有利な環境を探す事がとても大切だということです。