40代の告白・内緒話

30~40代女性が結婚相手に求めるものは『年収』という意見

30~40代の女性が結婚相手に求めるものは何?

と聞かれたら何と答えますか?

「愛情があれば何でも乗り越えられる」

「包容力がある人が良い」

「育児、家事をやってくれる人」

色んな意見があると思います。

これまでの人生を振り返ると学生時代などの若い頃は、ほとんどの女の子が同じ条件を口にしていました。

・イケメン

・勉強が得意

・スポーツが得意

・面白い人

心当たりありませんか?(笑)

「隣のクラスの○○君が…」

なんて同級生でよく話題になってましたよね?

その後、経験を重ねて30代・40代になって自分が結婚する年齢にさしかかると、多くの人は相手に求める条件が変わってきます。

それもある意味で当然と言えるのではないでしょうか。

ここでは自分の経験を踏まえて同年代の女性が結婚男性に求めていること

ずばり『年収について』

綴りたいと思います。

 

『収入について』

相手の男性に対して、恋愛対象ではなく『結婚する相手』と位置づけた場合に収入面で必ずと言っていいほど条件をつけるようになります。

もし許されるならば「年収1000万円以上が良い」など口にしたくなりますが、正直そんな独身男性があちこちに存在する訳ではありません。

女性でも社会進出がめざましい昨今ですので「バリバリと働きたい」という女性にとっては男性に求める年収面の条件は低いかもしれませんね。

一方で出産や育児を行うステージになってくると、産休や育休を経験した後で「復職したい」と言っても簡単にいかないケースもよく聞きます。

そうなってくると専業主婦か?パートタイマーで働きに出るか?というのは、まさに結婚相手の収入によるのではないでしょうか?

現実問題として子供を授かるというのは、どうしてもお金がかかるものです。

状況にもよりますが、子供一人を大学卒業まで育てるのに2000万円以上かかるケースもあります。

相手の男性には失礼な表現かもしれませんが、外見がイケメンでなくとも年収がそれなりに高収入(1千万円以上)であれば、十分に結婚相手として女性は考えると思います。

「世の中の問題の8割はお金があれば解決できる」

と言う意見に同調する人も多いですよね。

仮に奥さんが家事できない状況になったとしても、お金があれば家政婦さんを雇うこともできます。

「家事できなくても家政婦さんを雇うから無理しなくて良いよ?」

こんな言葉を男性から優しくささやかれたら、たとえ結婚相手として見れなかった人でも女性は心が揺らぐと思います。

「女性は現実的」

よく言われる言葉ですが、それで世の中は成り立っているのだと思います。

女性までロマンを追い求めていたら大変ですよね?(笑)

それだけに、もし…

「収入なんか気にしない!」

と言う女性が身近にいたとしたら、男性は相手をまず疑ってみて下さい。

結婚生活を考えた場合、どうしたって女性は現実的になるのです。

それくらい女性にとって「お金」は結婚生活を考えた上で最重要項目です。

もちろん十分な年収をもたない男性が駄目だと言っている訳ではありません。

とはいえ、ご自分の年収に自信のない男性は結婚相手として「お金がある」男性より不利になるので「お金」以外の価値観で女性の心を掴む必要があるのもまた事実なのです。