スポーツと運動

10年以上、私が毎日欠かさない『ウォーキング』のメリットをご紹介します。

私が10年以上、毎日続けていること…それは『ウォーキング』です。

1日1万歩以上というノルマを自分に課して実行しています。

もともとはダイエット目的で始めたのですが、今となっては完全に習慣になっています。

『ウォーキング』を始めたきっかけは、スマートフォンの万歩計が非常に便利で使いやすいと感じたので、

「万歩計を使ってみたかった」

という思いが最初でした。

『ウォーキング』は無理なくできる運動!

当時、30歳を過ぎたころで少しずつ体重が増え始めていたこともあり、月に数回のゴルフだけでは運動量が足りないと思いました。

そこで無理なくできる運動ということで、『ウォーキング』を始めようと考えました。

しかも、ウォーキングを行うのであれば何らかの目標や指標がなければ継続することができません。

その点、万歩計は最適でした。

私は通勤で5000歩はクリアすることができますので、それ以外で5000歩を毎日歩くことを目標にしました。

実際には継続して40分程度歩くことができれば、毎日1万歩を超えることができます。

休日は午前中に30分、午後に30分をクリアすることができれば後は日常生活で十分に10,000歩はクリアすることができます。

こういった活動は習慣にしてしまえば、その後続けることは容易になります。

むしろクリアできなければ気持ち悪いと感じるようになり、雨の日であろうが風の日であろうがやらずにはいられなくなります。

とはいえ、さすがに土砂降りの日に外へ出掛けるのは賢いやり方ではありません。

こんな日は、屋内でノルマをクリアするように調整しています。

ゴルフに行く日などは、できるだけカートに乗らずにウォーキングすることで2万歩をクリアすることができます。

平均すると1年間で毎日15,000歩程度は歩いていることになります。

ウォーキングのメリットは….たくさんです!

そのおかげで食事も美味しく食べることができますし、体重も全く変わっていません

仕事が忙しくても疲れも感じることもありませんし、体力が充実していると感じる毎日です。

45歳を超えた今でも、この毎日ウォーキングする習慣は可能な限り続けていきたいと考えています。

本当にデメリットが見当たりません。

『ウォーキングこそが健康寿命を伸ばす秘訣になり得る!』

と最近では考えています。

これまで色んな運動に手を出しましたが、私にはウォーキングが1番合っているように思います。

なぜそう思うかというと、なんだかんだで継続できているからです。

ついには妻も『ウォーキング』に参戦!

私の充実した生活をみて、最近では妻も自分のスキマ時間に歩くようになりました。

私もそんな妻の様子をみて、良い事だと喜んでいます。

ですが、私とは歩くペースが違うので今は一緒に歩くことは難しいと感じています。

登山と同じように、ウォーキングにも自分に合ったペースがあるからです。

『自分のペースで歩く』ことで自分の運動機能をいかんなく発揮できますし、ストレスの解消にも繋がると思っています。

もちろん、妻がウォーキングを楽しめるようにアドバイスは欠かしませんし、妻がこのままウォーキングを継続できたら一緒に歩いてみたいと考えています。

こんな良い事づくめの『ウォーキング』をかれこれ10年以上も続けています。

「良い習慣」であると自負してますし、皆さんも1度試して頂けたらきっと『ウォーキング』の良さが分かると思います。

この記事を読んで頂いたのも何かの縁。

今日から、明日から始めてみませんか?