40代からの運動・ダイエット

1日1食で40代女性が10㎏のダイエットに成功!お洒落の喜びと褒められる幸せを実感

私は40代の女性です。

これまで数え切れないほどのダイエットを経験してきました。

最もたくさん痩せたのが10㎏のダイエットに成功した時でした。

しかもそれは40代で経験しています。

今、当時を振り返っても

「意思の弱い私がよくやったなぁ」

と自分で感心してしまいます。

この時の私は無茶は承知の上で、

「食べなければ痩せる」

という単純明快な理屈をひたすら実行した日々でした。

かかった期間は、約半年に及びます。

10㎏痩せると、痩せる前と比べて見た目がかなり変化しました。

特に、私が自分の痩せた体を見て1番感動したのは浮き出た鎖骨です!

ダイエットする前は、たっぷりついた脂肪に覆われてどこが鎖骨か分かりませんでしたが、目立ってきた鎖骨を見て

「本当に痩せたんだ」

としみじみ実感することができたのです。

 

10㎏痩せた方法は『1日1食ダイエット』

私が10㎏痩せた方法は、単純に食事制限です。

なんて分かりやすい 笑

そこには『工夫』という文字はありません。

ダイエットを開始して10㎏痩せるまでの約半年ほぼ一食しか食べていませんでした。

朝食と昼食は食べないで、夜ご飯だけ普段通りの食事を摂っていました。

食事内容は特に制限を設けないで、好きなものを食べるスタイルです。

 

朝食を抜くのは簡単でした。

慣れるまで時間もかからず、最初の頃は

「お腹減ったな」

とは感じますが、会社で仕事をしていれば空腹感もほぼ苦になりません。

問題は昼食です。

朝を食べないため胃が空っぽなので、昼になるとかなり空腹感が気になってきます。

どうしても我慢できない時は、リンゴ、バナナ、梨などの果物を食べていました。

朝に切った果物を会社に持って行き、空腹感がごまかせない時は食べていたのです。

バナナは1本持って行くだけで良いので簡単でした。

ただ果物には糖分が含まれているので、食べてもリンゴや梨は半分、バナナは1本にセーブしてました。

慣れてくると果物を食べず、レタスやキャベツ、セロリ、トマト、キュウリなどの野菜を食べれば空腹感が気にならなくなりました。

野菜は調理せずに軽く塩をふるだけとか、和風ドレッシングもちょっぴりかける程度にしました。

今まで野菜よりもドレッシングが好きだったのですが、1日1食になれてくるとドレッシングの味がとても濃く感じました。

ほんの少しかけるだけで、十分に野菜が美味しく感じたのです。

 

『1日1食ダイエット』で辛かったのはお菓子の制限

ダイエット期間中は食事だけでなく、大好きなお菓子を食べませんでした

「ご飯を我慢するより楽でしょ?」

と思われる方もいますが、ポテトチップスの新商品を目にする度に買っていたほどのお菓子好きです。

甘い物にも目がなかったので、私の両親は”お菓子を食べてダイエットに挫折するだろう”と話していたそうです。

ダイエット期間中、このお菓子は天敵なので、止めないわけにはいきません。

目の前に置かれたお菓子を我慢しながらイライラしている私を見た家族は

「ルールを決めれば、少し位ならお菓子を食べても良いんじゃない?」

と言ってきます。

親切心で言ってくれたのだと思いますが、適度にコントロールできる位なら最初からイライラしません。

大好きなお菓子を1口でも食べたら最後、一気に欲求が解放されて手が止らなくなっているのが分かっているので辛いのです。

お菓子については覚悟を決めて好きなだけ食べるか、1口も食べないか?どちらか1つしかありませんので、1口でも食べたらダイエットは失敗です。

 

『1日1食ダイエット』期間中に励みにしていたこと

私がダイエット期間中、励みにしていたのはお気に入りのワンピースを自分が着ている姿を想像することでした。

それは、ず~っと前から欲しかったワンピースでした。

自分には着れない、着ても似合わない…

そう思って、ダイエットする前は指をくわえて見ていることしかできませんでした。

それでも、そのワンピースを欲しい気持ちは下火になるどころか、見る度に欲しくてたまらなくなるのです。

(だめだ、どうしても諦めきれない…)

結果的に、「ワンピースを着たい」という気持ちがダイエットの大きな原動力になりました。

「痩せてこのワンピースを絶対に着てみせる!」

心の中で何度も誓いました。

 

『1日1食ダイエット』を選んだのは運動が超苦手だったから

ダイエット期間中は、程度の差はありますが常にお腹がすいていました。

よく「ダイエットは食事制限と運動が大事」と言われます。

しかし、昔から運動が苦手でトラウマばかりの私には運動には悪いイメージしかありません。

「運動しないと痩せない」

そう言われる度にお前は永遠に痩せれないと突き放されたような絶望感を味わってきました。

少し大袈裟に言うなら

「運動する位なら何も食べなくていい」

とすら思いました。

私が約半年で10㎏ダイエットできたのは、

・1日1食

・お菓子を止める

この2つを妥協せずに毎日続けた成果なのは明らかです。

念願だったワンピースもようやく着ることができました。

 

『1日1食ダイエット』に成功するためには「成功したイメージ」が必要

『1日1食ダイエット』で10㎏痩せてからは性格が明るくなりました。

洋服の購入や化粧など今まで適当にやっていたのが、時間をかけて入念にやるようになりました。

家族や同姓の友人からも「変わったね」と驚かれるようになりました。

それから2ヶ月ほど経って、私に彼氏ができたのは特別うれしいことでした。

自分で言うのもおかしいですが、10㎏痩せてそれなりにお洒落をするようになると、周りの女性と比べても敗北感を感じなくなります。

『褒められると益々キレイになる』

これは全ての女性に当てはまるのではないでしょうか?

私は今まで自分の見た目が好きになれませんでした。

自分に自信がないためにどうしても卑屈になってしまい、自分よりキレイな友人と一緒にいても楽しい気持ちにはなれませんでした。

一念発起してダイエットして本当に良かったと今では思っています。

ダイエットの方法そのものよりも「痩せたい!」という強い気持ちがダイエットを成功に導いたのだと思います。

『誰でも簡単に痩せれるダイエット』『好きなだけ食べて良いダイエット』を追い求めるのも否定しませんが、個人的には

【自分はなぜ痩せたいのか?】

というダイエットの原動力になる部分に注目して、意識付けしていくことが大事だと思います。

痩せてどうしたいのか?どうなりたいのか?

そのイメージが明確な人ほど、ダイエットはうまくいきます。

覚悟の違い

と言えばそうかもしれませんが、単純な意思の強さよりも『明確なイメージ』をもっているかどうか?

これがダイエットが成功するのか、それとも失敗に終わるのかの決め手になります。

今だからこそ『引きこもりダイエット』をしよう!家の中でできる【オススメな方法3選】巷では「コロナウィルス」が席巻しています(R2.3.10現在)。 メディアの過熱ぶりを見ると、もはや日本中のどこにいても安全な場所...