ライフスタイル

『腕立て伏せチャレンジ』を始めました!目標は1日1回「小さな積み重ね」で夢を叶える

こんにちは。ぷ~すけです。

ウォーキング1日1時間】に続く次のチャレンジを決めました。

腕立て伏せチャレンジです。

20代の頃、1日100回していた腕立て伏せが今は10回が精一杯です(ノД`)

腕立て伏せをやると、体力のあった若い頃と比較するのでテンションが下がります。

自分の心が傷つくのが嫌だったので、トレーニングする時も腕立て伏せだけは避けていました。

でも本音はやりたいのです。

今回、自分の心の声に従って久々に「腕立て伏せ」をやることにしました。

「昔のように100回できるようになりたいんじゃ!」

とはいえ、威勢だけ良くても良いのは最初だけで、途中から辛くなって止めてしまう可能性もあります。

そこで…

最初は回数よりも続けること!

これを優先にしようと決めました。

今までは回数ばかり意識して挫折したからです。

1つ目のルールは

毎日やる

これだけです。

そして回数は1回以上です。

「たった1回か、誰でもできるよ」

その通りです。誰でもできます。

1回やれば良いので気楽なもんです。

忘れて寝床に入っても「1回やれば良いからやるか」と布団から出てやったりもできます。

これが、自分の限界回数を設定していたらどうでしょう?

すっかりリラックスしている状態から、自分の気持ちを盛り上げるのは大変です。

妥協して「今日は止めておこう」となるのがオチです。

そういうわけで、まずは腕立て伏せを習慣化させるために

 

《腕立て伏せのルール》

【毎日やる】

【回数は無理せず、1回以上やれば良い】

この2つだけ意識してやります。

「やってみたら30回とか50回とかやっちゃうでしょ?」

というご意見があるかかもしれませんが、筆者の場合はそうではありません。

苦手な事にそんな頑張れません。

「うあ、やっぱり嫌い」

と1回だけやって布団に潜る日もあるでしょう。

 

《習慣化するまでに1ヶ月かかる》

と言われています。

ウォーキングをやり始めて1ヶ月経ちますが、すっかり習慣化しています。

今や自分の生活の一部になりました。

筆者にはウォーキングを習慣化した実績があります。

その自信がある時が、新たなことにチャレンジする最適な時です。

 

この【腕立て伏せチャレンジ】は1ヶ月間は回数にこだわりません。

1ヶ月が経過して習慣化に成功した後で、【次のステップ】として「回数」にこだわっていきます。

目標とする回数はあります。

20代の頃と同じ100回(連続)です。

100回に到達した時、どんな気分になるか味わってみたい。

 

《腕立て伏せチャレンジ》

まずは習慣化することに神経を注ぎ、習慣化に成功したら量や質、回数など内容にこだわっていく。

 

ブログを更新し続けるコツは「質にこだわり過ぎない」といった先人のアドバイスを何度も目にしましたが、他のことにも当てはまりますね。

苦手で嫌いになった【腕立て伏せ】を、意思の弱い人間でも毎日続けることができるようになるのか?

チャレンジ開始です。

「やりたい事が見付からない人」は時間を無駄にする/『稼ぐ力』と『体力』を見につけよう「毎日の生活に張り合いがない」「毎日がつまんない」 こんな事ばかり考えている人はいませんか? たしかに、不満ばかりを口にして...