未分類

秋の『紅葉狩り』は京都の東福寺に行こう!「赤く染まったモミジに会いたい!」

秋の紅葉シーズンともなると毎年、お目当ての場所に紅葉狩りに行かれる方も多いと思います。

いまや京都と言えば、国内だけでなく海外からも多くの観光客が訪ねてくるほど有名な観光地となりました。

特に秋の京都は国内外からの観光客が押し寄せるため行楽シーズンでかなり混雑します。

今回は、関西圏の紅葉スポットとして有名な京都の東福寺をご紹介したいと思います。

例年の紅葉の見頃は11月下旬~12月上旬とされます。

紅葉する木の種類は

・「イロハモミジ」

・「ヤマモミジ」

・「ミツバモミジ」

です。

遠方から行かれる方は、車での移動は渋滞しますので避けた方がよろしいかと思います。

交通機関を利用される際は、京阪電車の東福寺駅からのアクセスがオススメです。

JRの東福寺駅からも徒歩で行くことが可能なので、いずれにせよ電車で向かうと良いでしょう。

東福寺の拝観時間は午前8時30分からとなっているので、なるべく早い時間に現地に着いておくことをおススメします。

どの時間帯も混み合うのですが特にお昼前になると人がどんどん増えてくるので、ゆっくりと紅葉を楽しみたい場合は少し早めに到着するように向かうと良いです。

東福駅からの道のりは住宅やお土産物やさんが並びます。

紅葉を楽しんだ後の帰り道でお土産を購入すると時間配分としても良いと思います。

どのお店が良さそうか、チェックを忘れずにしましょう。

とうぜん外国人観光客の姿もありますが、早めの時間であればそこまで多くないので比較的すぐに臥雲橋に到着するかと思います。

この橋は木造の橋廊で、京都府の指定文化財となっています。

この橋を通行するのに料金はかかりません。

そしてこの橋の上から眺める景色が本当に素晴らしいのです。

初めて目にした方は、その光景が何年経ってもずっと印象に残ると言われる程の美しい風景です。

赤色や橙色に染まったモミジの葉が、朝日に照らされてキラキラと輝いていました。

 

紅葉の時期は、近年橋の上からの撮影が禁止されています。

素晴らしい景色なだけにとても残念ですが、その分安全対策が講じられているので小さな子どもを連れていている方でも安心して出掛けることができます。

臥雲橋からは東福寺の境内にある通天橋も眺めることができます。

通天橋の方は、拝観料を支払うことにより通行が可能となります。

こちらからの景色ももちろん素晴らしく、緩やかな谷が赤く染まっている姿は古都ならではの風情と言えるでしょう。

境内の散策路を歩くと橋の下まで行くことも可能です。様々なポジションから紅葉や橋の景観を楽しめました。

まだ京都の紅葉を見たことのない方は、是非、一生に1度はご自身の目でご覧になることをオススメします。

きっと人生観が変わるくらい感動すると思います。