スポーツと運動

松島幸太朗選手がトライを量産する【ラグビーW杯】で天才アスリートがそのベールを脱ぐ 

2019年の9月20日、ついに【ラグビーのワールドカップ】が開催されました。

今回の日本代表チームは、決勝トーナメント進出つまり『ベスト8』を目指して戦っています。

今回の代表メンバーは、これまでよりも初出場が多くとくに外国出身者が目立つようです。

代表選手の中には、サントリーに所属する『松島幸太朗選手』がいます。

この記事では、今大会で活躍が期待されている同選手の紹介をしたいと思います。

松島幸太朗選手の強みは「スピード」「持久力」

《プロフィール》

・1993年2月26日生まれ

・小中高のほとんどを日本で過ごした

・178㎝/88㎏

・特徴的なヘアは2週間おきにカット

彼の長所は、とにかく走るスピードが早いことです。

動き出しからの加速が素晴らしく、相手選手を置き去りにする早さが魅力です。

更に持久力も素晴らしく後半になってもそのパフォーマンスが落ちないため、相手チームが疲れた頃にトライを奪えるスタミナも武器です。

ポジションは、前線のフォワードではなく後方のバックスやウイングでトライを狙うポジションです。

彼がボールを手にもったら、一瞬も目が離せません。

9月20日の対ロシア戦の3トライは本当に見事でした。

この試合だけでなく、若い彼にはもっともっと伝説を作って欲しいですね。

 

松島幸太朗選手は南アフリカ生まれのハーフ

『松島幸太朗選手』は純血の日本人ではなく、南アフリカで生まれ幼少時まで過ごしたハーフになります。

ラグビーとの出会いも南アフリカでした。言わずと知れたラグビーの強豪国ですね。

小学時代に父の仕事の関係で日本に来日し、そのまま生活を送る事になりました。

日本でラグビーを本格的に始める事になったのは、中学生になった時で他の選手より少し遅めです。

当時の彼は、細身の体で代表に入れるほどの選手ではなかったそうです。

その後、高校をラグビーの名門である神奈川県の桐蔭学園に入学してめきめきと頭角を現します。

2年生になると、全国大会で決勝戦に2年連続進むなどラグビーなどの技術も上達していきます。

高校卒業後の2014年には、社会人のサントリーに就職してその年には初の代表入りを果たしました。

トップリーグではその活躍から賞を頂くなど、選手として知名度もアップしていきました。

松島幸太朗選手の性格は「真面目」で「努力家」

そんな彼の性格は真面目であり努力家です。

「日本で代表になりたい」

と日本への情熱も強く、チームメイトとの絆も大事にしているそうです。

プライベートでもラグビーの事を考えているらしく、「趣味はラグビー」といった感じです。

ちなみに松島選手は社会人になった時に、寮に入りますが他の選手と仲良くなるのに時間がかかったようです。

シャイな性格であるために自分から人を誘う事はなかったそうです。

現在、26歳の彼はまだ独身で一人暮らしをしています。

今回のワールドカップで活躍すれば女性ファンも急増すると思うので、数年後には「結婚」!?なんてこともあるかもしれません。

そんな注目の『松島幸太朗選手』をみんなで応援しましょう!

【DAZN】初月1ヶ月無料お試し