未分類

【フェレットの飼い方】性格や習性、しつけについて元飼い主が初心者にも分かりやすく説明

みなさん「フェレット」はご存じでしょうか?

ペットとして流通しているイタチ科の可愛い動物です。

歴史的に見れば犬や猫と比べて歴史がまだ浅いので、フェレットを間近で見たことのない方もおられると思います。

そこで、フェレットと出逢ってからお別れするまで約8年間を一緒に過ごしてきた筆者が飼い主の視点でフェレットをご紹介したいと思います!

 

筆者が初めてフェレットを見たのは、行きつけのペットショップでした。

まるで昨日の事のように覚えています。

その日、ショップに立ち寄った際、正面に何やら見たこともない小動物がケージの中をゴソゴソ動いていました。

近づいてみると…

そこにはメチャクチャ可愛いつぶらな瞳で”きょとん”としているフェレットがいました。

筆者の存在に気付くと怖がるどころか、ケージの中から小っこい手や鼻を出して「何とか触ってやろう」という意思を感じました笑

(何か、変な生き物が来たぞ!?店主!ここから出せ!ちっと臭いを嗅いでくるわ)

もしかしたら、こんな事を口にしていたかもしれません。

好奇心に従って筆者に近づこうとしているフェレットに比べ、初めてみる動物に少し距離を置いていた筆者…

その様子を見ていた店主がやってきて「触ってみますか?」と、フェレットをケージから出してきました。

恐る恐るフェレットを抱っこしてみると、小っこくて軽くて温かいぬくもりを感じます。

なんて愛おしい(感動)

そして少し冷静になってくると…臭っ!

あれだけケージの中をウロウロ落ち着かなかったのが、筆者の腕の中ではおとなしい感じ。

抱っこされながら服の臭いを嗅いだり、筆者の目を「じ~っ」と見ています。

当時、フェレットはペット市場にあまり流通してなく情報も少なかったので、店主から生態や飼い方など聞ける範囲で聞きました。

「このフェレット下さい!」

最初の出逢いから30分も経ってなかったと思います。

「この子と一緒に暮らしたい」という気持ちになり、ケージや餌など必要な物もその場で揃えて帰宅したのです。

 

前置きが長くなりました。

フェレットはペット用として飼いやすいように品種改良されています。

鳴き声も小さく好奇心が旺盛人になつきやすいのが特徴と言えます。

まずは値段や飼い方について順番にご説明していきます。

 

フェレットの値段「高いの?」「安いの?」

ペットショップでは2~4万円くらいが相場のようです。

筆者の地域では29800円の値札をよく見かけますが、うちの子も当時29800円で購入しました。

中には10万円くらいする高価なフェレットもいるようです。

 

フェレットの餌『フェレット用フード』で決まり

筆者はフェレット専用の乾燥フードが市販されてたので使っていました。

結構前の話なので、今より専用の餌は種類が少なかったですね。

ドッグフードだと栄養が偏るので、フェレットに必要な栄養素が摂れる専用フードがオススメです。

また、筆者は嗜好品としてある物をあげていました。

コーヒーフレッシュです。

好みは個体差があると思いますが、うちの子はコーヒーフレッシュが大好物だったので1日1つずつ与えてました。

蓋をめくってから渡すと、こぼさないように両方の前足でしっかりと容器を持ちます。

器用に舌でチロチロなめる姿は、マイナスイオンが出てるんじゃないか?

と思えるほど癒されます。

犬や猫と比べると何を考えているか分かりにくいフェレットですが、明らかに喜んでいるのが分かります。

コーヒーフレッシュは脂肪分が多いので、あげるのは1日1個までです。

についてはミネラルウォーターにこだわるかたもいるようですが、筆者は水道の水をそのまま与えてました。

特に問題はなかったですが、地域によって水が臭いならミネラルウォーターを検討しても良いかと思います。

ボトルタイプの給水器を使ってケージに取り付けると、こぼれることもなく必要な時に必要な分だけ飲んでくれるので楽でした。

フェレットの飼育環境『ケージを用意する』

フェレット専用のケージは市販されています。

大きさは何種類かありますが、1日のほとんどをケージの中で過ごす場合、ストレスも溜まりやすいので大きめのケージを用意した方が良いでしょう。

フェレットがケージから脱出しないよう工夫が必要

フェレットは頭が良いので、鍵が簡単なタイプだと開け方をすぐに覚えてしまいます。

“外の世界”に強い関心をもっているので、隙があればすぐにケージから出てしまいます。

筆者も何度かケージから脱走されました。

ロックした上で、さらにケージの外側から分厚い本を置いて出入り口を塞いでいましたが、ケージの中から手を出して本をどけたのでしょう。

会社から帰宅すると、ケージはもぬけの殻でキッチンを部屋の中を徘徊していました。

ケージから脱出していた事に気付いたらまずやるべき事

ケージから脱走しているのが分かったら、拾い食いしてないか?追跡調査が必要です。

フェレットは口に入る物を全て飲み込む危険があるからです。

洗剤をなめたり石けんを食べたりする例も報告されています。

かじられていたり消毒液などを舐めた形跡があったら、例え少量でも獣医に連れて行きましょう。

フェレットは目の前の物を好奇心で『舐めてみる』『噛んでみる』『食べてみる』

 

フェレットに『ハンモック』は必須!

寝床はケージ内にハンモックを吊し、そこを寝床にさせましょう。

体を丸めて寝たり手足をピーンと伸ばしたり、あくびの仕草すら可愛いですよ。

トイレはケージの中に設置します。

汚れに気付いた時に小まめに掃除をすると常に清潔に保てますが、留守にすることが多いと難しいです。

ペットシートを下に敷くだけでは噛んだり手で破くこともあるので、フェレット用のトイレがオススメです。

フェレットの性格や習性

フェレットは『好奇心が旺盛』

個体差もありますが一般的な特徴として、フェレットは好奇心旺盛です。

特に「好奇心」に関しては、他の動物たちに比べて群を抜いています。

また、あんなに小さい体(1~1.5㎏程度)なのにバイタリティーが凄いです。

ひとたびケージから出すと、家中が遊び場と化します。

人間の0歳児が自由に歩き回っていることを想像してみて下さい…目が離せません。

うちの子は階段を見つけたらすぐに2階に上がり、しばらく走り回ってました。

さらに家族が家の外に出ていくの見てから、外の世界を知って出たがるようになりました。

実際、隙を突かれて何度か外に脱走してしまい、家族が総出で探しに行ったこともありました。

当時は、ご近所さんに発見されて連れて来てもらったり、全く見付からず交番に聞いたら自衛隊の敷地内に侵入したそうで保護されていたこともありました。

迎えに行くと段ボールの中に入れられて大事にされていました。

フェレットは人間が好きで酷いことをされるなんて思っていないので、外に出ても捕まえるのは割と簡単です。

*あの時は近所の皆さんにご迷惑おかけしました (_ _)

フェレットは『人によく懐く』

フェレットは人と遊ぶのが大好きです。

ネコじゃらしで遊んだり、家の中で「追いかけっこ」や「かくれんぼ」を一緒にして遊ぶこともありました。

フェレットは貧弱そうな見た目と違い体力があって体も丈夫です。

遊んでいるうちに、筆者の方が疲れてしまって放置することがほとんどでした(笑)

フェレットは「一人遊び」も得意なので、何かしら遊び道具を見つけてはいじってます。

家に来客があった時などは、テンションがMAXに上がって喜んでいました。

インターホンが鳴ると家族より先に部屋を飛び出して玄関にダッシュします。

宅急便の方は家の住民が来ると思ってるのに、なんか小っこいのが突進してくるので「わ!なんだ!?」とよく驚いていました。

フェレットはほとんど『鳴かない』

気になる鳴き声はほとんどありませんので、住宅密集地やアパート暮らしでもお隣さんに気を遣うことはありません。

たまに遊んでもらって機嫌が良い時に小さな声で鳴くことがあります。

クック」と声を出しながら、背中を丸めて「ぴょんぴょん」と飛び跳ねるのです。

その姿を見ていると、こちらも嬉しくなります。

一度だけ、筆者に向かって「ワン!」と子犬のような声で吠えた?ことがあります。

“かくれんぼ”をしていた際、後ろにいる筆者の存在に気付いていなかったので、筆者が「ワッ!」と背後から声を出して驚かせた時でした。

振り向きざまに「ワン!」と声を出したのです。

よほどビックリしたから?大きな声を出したのはその1回きりでした。

フェレットは『好きなお宝を隠す』

フェレットは好きな物を運んだり集める習性がありまます。

うちの子も例外ではありませんでした。

大好きなコーヒーフレッシュを飲み終えた後、必ず空になった容器を口にくわえて持ち去ろうとします。

「ゴミだから捨てるよ!」と言っても聞き入れず、容器の取り合いになるので好きにさせてました。

どうせ行き場所は分かっているので、あとで回収です笑

家族の寝室にある押し入れの奥が「お宝」の隠し場所でした。

整理をしていた時に初めて隠し場所を見つけたのですが、嚙み潰されてペチャンコになった容器が多量に出てきてビックリしました。

フェレットは『手が器用』

フェレットは意外に器用です。

ケージの鍵も開けるので、「驚くことはもうないな」と思ってましたが…さらに驚きの行動を目の当たりにしました。

鍋敷きを縦にして転がしたのです。

転がす前は口にくわえて運ぼうとしてました。

(デカいし無理だろ笑)

と笑いながら見ていた矢先、前足で鍋敷きを器用に立ててコロコロと運び出したのです!

「ちゃんと運べてるし~!!」

いや~この子を見くびってました笑

何度か鍋敷きを「パタン」と倒してはその都度、起こしてまた運んでいます。

行き先はもちろん「お宝」の隠し場所です。

おそらく鍋敷きをいじってるうちにどうしても欲しくなって、知恵を絞ったのでしょう。

その運ぶ様子が健気で可愛かったのでしばらく眺めていたかったのですが、まだ現役の鍋敷きだったので傷物になる前に回収しました。

今、同じ場面に遭遇していたら、スマホで撮影して動画配信していたハズです。

証拠がないので、話したところで誰も信じてくれません。

家族は「あいつなら、やりかねない」と言っています。

鍋敷きを回収された時、騒ぐわけでもなくキョトンとしていた顔がなんとも印象的でした。

 

フェレットのしつけ『噛み癖』や『トイレ』

フェレットは「お利口」です。

繰り返し呼んでるうちに名前を覚えますし、呼ぶと飛んでくるようになります。

「遊んでもらえるのかな?」「コーヒーフレッシュ貰えるのかな?」

うちの子もそんな事を考えてたと思います。

トイレも覚えます

うちの子はケージ内に置いたトイレにしていました。小さい頃からの躾です。

また、かみ癖がある子も多いです。

うちの子は飼い始めの頃、叱ってもすぐに治らず時間がかかりました。

家の電気コードを噛んだり、筆者が寝ている早朝に布団の中に潜り込んで、起きるまで足に噛みついてきたこともありました。

最初のうちから粘り強くしつけないと、噛み癖は後で苦労するかもしれません。

 

フェレットの散歩は必要か?「デメリットも承知しておいて下さい」

同じ町内にハーネスを付けて外を散歩させる飼い主さんがいました。

フェレットも飼い主さんも楽しそうでしたがリスクはあります。

フェレットは体が小さいので、毒物を拾い食いした時など致死量になりやすいのです。

また好奇心が強く恐い物知らずなので、大きな犬に吠えられても自分から近づいちゃいます。

「噛まれたら死んじゃうかも?」と理解してません。

大きな野鳥に狙われる危険もあるので、筆者は散歩はせず家の中で遊ばせていました。

 

フェレットの日頃の手入れ「爪切り」「耳掃除」「シャンプー」

爪切り 切ってあげます。慣れると一人でできますが、コツがいるので初めは家族二人がかりで行うのがオススメです。

耳掃除 耳垢が溜まりやすくそこから臭いがしたり、ダニの住処にもなるので必要です。

ローションを付けて綿棒でやると敏感な耳の中も傷がつきません。

シャンプー フェレットには強い臭いを出す臭腺と呼ばれる臭い袋があります。

流通しているフェレットは臭腺を事前に除去しているケースが多いですが、手術費用を抑えるため、簡易的な手術でごまかす業者もいるようです。

たとえ手術をしても獣臭?がします(慣れてくると気にならない)のでそういった意味でも月に2.3回するのが良いと思います。

うちの子は入浴が大好きでした。

洗面器の中にぬるま湯で浸かっていると、気持ち良さそうに目がトロンとします。

 

フェレットと他のペットとの相性は?

大人しいネコや犬なら一緒に飼うのは平気です。

当時、雄ネコと一緒に飼ってましたが喧嘩は一度もありません。

ただし、遊びたがりなのでウザいほど猫に絡みます。

気分屋のネコは逃げてしまうので、遊び相手としては期待できません。

また、フェレットの体は柔軟性があり骨も丈夫なので、「手加減を知らない赤ちゃんの遊び相手に最適」という意見が専門家の著書にありました。

実際、あちこち体をぶつけたり、玄関のドアに挟まったりしても怪我をしたことはありません。

体が丈夫というのは間違いないです。

ただし、戦闘力はかなり低いです。

小柄な犬やネコと喧嘩してもフェレットは一方的にやられてしまいますので、そうした場面をつくらないよう飼い主が守ってあげなければいけません。

フェレットの臭い対策はコレ!効果的な方法7選*無臭にはなりません(臭いも個性)みなさん、フェレットはお好きですか? 今回は、フェレットを飼いたいと思ってるけど 「やっぱりあの臭いは苦手だな~」 と...

 

フェレットが最も気をつけたい病気『インスリノーマ』

ジステンバーは犬だけでなく、イタチ科のフェレットでもなる可能性があります。

外への散歩が習慣になるなら予防した方が良いと思います。フェラリアも同様です。

インスリノーマは”すい臓の癌“です。

一度、罹患してしまうと厄介です。

投薬すれば普段通りの生活が継続できますが、低血糖の発作が出た時の対処法なので、いつ発作が出るか分かりません。

うちの子も家族が誰もいない時に発作が出てしまい、帰宅した時には既に息を引き取ってました。

体は頑丈でも内臓疾患や感染症の類いには強くありません。フェレットのような小動物にも慣れた獣医を事前に調べておく必要があります

 

フェレットの寿命『犬や猫より短い』

6~8年くらいと言われてます。筆者のフェレットは約8年生きました。

前述した「インスリノーマ」にならなければ更に長生きするのも可能だと思います。

同じ時期に友人もフェレットを飼っていましたが、同じ病気にかかってしまい数年で死んでしまいました。

この病気は予防が難しく治療方も投薬がメインです。

投薬の場合、症状が出てすぐ対応しないと昏睡状態に陥ります。

他に手術するという選択もありますが、小さな体にメスを入れるのには抵抗がありました。

費用面の問題もあると思うので、慎重な判断になると思います。

 

『フェレット』は愛嬌だけじゃない/飼い主の生活リズムに合わせてくれる賢いペットですフェレットは1人暮らしの方に向いているペットです。人間が好きで意外と賢い動物なんです。...

 

フェレットは「一人暮らし」の人にお勧め

何度も触れましたが、とにかく好奇心が強い動物です。

色んな事に興味をもつので、初めて飼う方は行動が予測できないと思います。

筆者のフェレットも起きてる時間帯はすべて、色んな事に好奇心をもって元気いっぱいに動き回ってました。

狭い場所に潜って埃だらけになって出て来たり電気のコードをかじったりするので遊ばせる時は飼い主が見守っていなければなりません。

誤嚥などのリスクはあっても、フェレットの好奇心や行動力を考えたらやはりケージから出して遊ばせたくなると思います。

表情は乏しくても嬉しい楽しいという感情を全身で表現するので、見ているだけで元気を貰えます。

1人暮らしの人には特にオススメしたいペットです。

この記事を見て参考になった方が1人でもおられたら嬉しいです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。