夫婦・家族問題

子供が喜んだ料理は一手間かけるだけの「ズボラ料理」簡単で楽チン

私はズボラ料理しかしません。

夫や息子たちは、手の込んだ食べ慣れない味よりもわかりやすい味が好きです。

そうした事もあって私のズボラさは増す一方ですが(笑)、

「こんなに楽をして良いのかな?」

と思う事もしばしば…

ちょっぴり感じた罪悪感から、一手間かけて息子たちに喜ばれた食事を紹介します。

『ミニオンズ』のパンケーキアート

子供たちが大好きな「ミニオンズ」というキャラクターを使った料理を、と考えて作りました。

百均などで売っているディスペンサー(たこ焼きソースなどが入っている感じのもの)を買ってきて、パンケーキのタネを入れてフライパンに絵を描いていきます。

そのまま少し焼いてから、ベースとなるパンケーキをその描いた絵の上に流し込むと、焼き色で絵が浮き上がります。

「ミニオンズ」のパンケーキは、息子たちのテンションがかなり上がりました。

ちなみに私のテンションも上がりました笑

ココアパウダーで色を変えたりせずに、いつものパンケーキから、簡単に喜ばれるパンケーキができました。

【小さなオムライス】

オムライスの端っこが好きな息子に作ったのが、ミニオムライスです。

まず卵1個で包めるサイズのオムライスを3個作ります。

お皿に扇風機の羽のように並べ、サラダをその間に置いて中央にトマトを飾ります。

そうすると見栄えもよくなり、オムライスの端っこも6個食べれる事になるので喜ばれました。

 

【ハンバーグにうずらの卵を入れて、チーズで焼く】

これまでの私のハンバーグの作り方は、ポリ袋に全てを混ぜて作ってました。

息子たちの印象は悪く、

「正しい作り方なの?」

「もしかして、ママ横着してる?」

と聞かれた事があります。

挽回するために、ここでも一手間かけることにしました。

・うずらの卵を入れる

・耐熱皿にハンバーグを入れる

・ソースとチーズをかける

・ミニトマトを半分に切って乗せてオーブンで焼く

たったこれだけの工夫で、子供達にはとても好評でした。

【出汁をとって作るお味噌汁】

私以外、家族はお味噌汁が大好きです。

よく口にするものなので、お水に昆布と鰹節、煮干しを入れて冷蔵庫で一晩放置する出汁の取り方をしています。

お味噌汁の具は、冷蔵庫にあるのものを適当に入れています。

出汁を作っていない時は顆粒だしを使いますが、出汁をとって作ったお味噌汁を出すと、

「やっぱりこっちがいい!」と喜んでくれます。

どんな食事でも喜んで食べてくれますが、ちょっとした手間でもっと喜んでくれますし、私もいつもより楽しくなります。

頑張りすぎるとしんどいので、これくらいの一手間をかける位でもっとバリエーションを増やしていけたらな、と密かに思っています。

『薄毛』に悩む40代女性へ/「育毛剤」の前に『頭皮マッサージ』を試しましたか?20代、30代の頃には考えもしなかった『薄毛の悩み』...それは40代になると押し寄せてきます。 この記事は、40代で薄毛になった...