未分類

夏の風物詩『風鈴』の「癒やし効果」や「清涼効果」についてご紹介します

夏の風物詩の1つと言えば風鈴です。

あのきれいな音色を聞くと大人も子供もみんな癒やされますよね。

毎日暑くて大変ですが、風鈴の音で日本の夏を感じながら心地良い音色でリラックスしちゃいましょう!

今回は風鈴の音を聞くと「なぜ癒やされるのか?なぜ涼しく感じるのか?」などの疑問について解消していきたいと思います。

風鈴の歴史

風鈴の起源は中国とされています。

元来、中国では占い厄除けの道具として用いられていたそうです。

それが仏教と同時に日本に伝わり、寺院などで使われるようになったのは奈良時代とされています。

当時は「風鐸(ふうたく)」と呼ばれ、青銅製だったので今よりずっと重くて大きな物でした。

現代のようなガラス製の小さな風鈴が出回るようになったのは、江戸時代からと言われています。

当時、ガラスはまだ貴重で作る技術も必要なことから大変に高価な品だったようです。

風鈴の効果

癒やし効果

「1/f(エフぶんのいち)ゆらぎ」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

「1/fゆらぎ」とは、規則正しい音と不規則な音が丁度良いバランスで調和している状態のことです。

波の音や川のせせらぎ、小鳥のさえずりなども同じで、耳にすると脳内にβエンドルフィンやセレトニンといったホルモンが分泌され心地良く感じます。

多くの人が風鈴の音を聴いて「リラックスしている」と感じるのはこのためです。

清涼効果

「風鈴の音を聞くと涼しく感じる」という方も多いと思いますが、それは気のせいではなく実際に、風鈴の音を聞くと体温が下がることが証明されています。

そのことを証明するため、ある実験があったそうです。

被験者が同じ部屋の中で風鈴の音を聞き、しばらく経った後で室温が何度に感じたか質問したところ、多くの人が実際の室温よりも低く回答したそうです。

驚くのはここからで、サーモグラフィーで実際に体の表面温度を計ってみた際、風鈴の音を聞く前よりも体温が下がっていたそうです!

これは脳が風鈴の音で「風が吹いている」と錯覚するために「体温が下がる」と末梢神経に命令を出すことで起こる現象だそうです。

実際の温度は変わらないのに、脳の錯覚で本当に涼しくなってしまうなんて人間の身体は凄いですね。

ちなみに、風鈴を知らない人には風鈴=風が吹いているというイメージがないので、この方程式は成立しません。

古来から風鈴に慣れ親しんできた日本人ならではの条件反射なんですね。

邪気払い

中国では音によって家の中に入ってくる邪気の侵入を防ぐことができるとされていました。

風水的にも風鈴の音色は「邪気を払う力がある」とされて、特に吊すと効果が高いとされる場所は『玄関』です。

玄関の扉に吊すことで、風がなくとも開閉の度に音が鳴るので尚良いとされます。

おわりに

今回は風鈴の歴史やその効果について取り上げてみました。

昨今、住環境の変化などで特に都心部では風鈴の音を聞くことが少なくなりました。

見た目や音が可愛らしい風鈴も、奈良時代に中国から渡ってきて形や用途を変えながら現代まで長い年月をかけて日本人に愛されてきました。

『酷暑』と聞くとついエアコンに走りがちですが、これまでの風鈴の歴史に思いをはせながら、風鈴の音色にじっと耳を澄ませるのもたまには良いのではないでしょうか。

きっと、今まで以上に風鈴や日本の文化が愛おしく思えると思います。