スポーツ

初心者向け/ラグビーの基本『スクラム』の意味を分かりやすく説明します【ラグビー杯】

【2019ラグビーワールドカップ】の開催が目前に迫っています。

「まだルールのことはよく分からない」

というラグビーファンも多いことでしょう。

今回はそんなラグビー初心者にも分かるように、ルールの解説をしていきます。

今回のテーマは『スクラム』です。

ラグビーの基礎知識『どんな状況でスクラムをするのか?』

スクラムの目的は、軽度の反則あるいは競技の停止があった後、早く安全に公平に試合を再開すること                       (ルールブック)

相手チームに軽い反則があった場合に、自分のチームが優位な状況から試合を再開できます。

その時に選択できるのが「スクラム」です。

サッカーで例えるなら、セットプレーのような感じですね。

バスケで無理やり例えるなら「ジャンプボール」や「フリースロー」が近いかもしれません。

ラグビーの基礎知識『スクラムのやり方』

フォワードの8人が相手のフォワードの8人と組み合って、スクラムの中に投げ込まれたボボールを押し合って奪い合います。

この時、地面のボールに対して手で触れると反則を取られます。

スクラムの優劣を見極めるのは「どちらが押しているか?」です。

細かいルールが分からなくても判断しやすいですね。

スクラムの強さは、基本的に8人の総体重押す力で決まります。

南アフリカのように身体が大きくパワーがある国は『スクラム』が強いため、スクラムの時はイケイケになって攻撃してきます。

スクラムが強ければ、組みながら相手の陣地まで進みトライすることだって可能となります。

そのため「スクラム」が強い国が、試合の主導権を握りやすくなります。

日本のスクラムの力は他国と比べて弱いの?

日本の場合、一昔前までは体格や体力面で海外に遅れをとっていたので、スクラムから劣勢に立たされることが普通でした。

ですが、前回ワールドカップ(2015年)以降、日本代表チームはハードな練習によりチーム全体の筋力アップに成しています。

また海外チームとの試合が増え経験値を積めたこと、そして何より『日本独自のスクラム』を取り入れたことで、日本代表チームのスクラムは進化を遂げました。

今や海外チームと対峙した時「スクラム」でも勝負ができる強さを手に入れたと言えます。

【DAZN】初月1ヶ月無料お試し

『日本独自のスクラム』とは何か?

『日本独自のスクラム』とは、スクラム専門の長谷川慎コーチの指導により日本代表チームが取り入れたものです。

そのポイントは「低い姿勢」です。

理屈は簡単です。8人がまとまって低く組むことで8人のパワーを効果的に爆発させるというものです。

コレは相撲や格闘技にも共通しますね。

自分の上体が起きてしまうと力が入らず、相手の突進に力なく吹っ飛ばされてしまいます。

日本はパワーだけでは海外勢より優位には立てないため、

8人が団結して低い姿勢をとり、相手がバランスを崩した所で一気に押し込む作戦を選択しました。

それなら、海外チームも低い姿勢をとれば最強じゃん?

確かにそうですが、思いついても実行するのは難しいと思います。

「スクラム」中は相手からもの凄い力で押されています。

そんな状況で低い姿勢をずっとキープすることは、どんなチームでも凄く体力を消耗するため積極的にはやりません。

普段の練習から、下半身強化・持久力増強のための地味で過酷なトレーニングを続けることができる日本代表だからこそできる事なんです。

・連帯感

・協調性

・粘り強さ

・我慢強さ

この4つを兼ね揃えている日本ならではの戦術だと思います。

今回の日本代表チームの全試合、「スクラム」の場面は特に必見ですよ!