スポーツ

初心者がラグビーを楽しむ方法/たった2つの反則を覚えるだけ【ラグビーW杯】

【2019ラグビーワールドカップ】が間近に迫ってきました!

『リーチマイケル選手』が率いる日本代表メンバーは、この時のために『地獄のキャンプ』を耐えてきました。

今回は自国開催ということもあって、2015年以上のフィーバーを予感させます。

一方で、「ラグビーのルールは覚えにくい」という意見も耳にします。

ルールが分からなくても楽しめるスポーツ!

それがラグビーなのですが、よりもっとラグビー観戦を楽しみたい方には、基本的なルールだけでも覚えておくと良いと思います。

と言うわけで今回は

・「ラグビーのルールが全く分からない」

・「少しくらいは知ってる」

という方向けの記事になります。

既にご存じの方は「確認」の意味で目を通して頂けると嬉しいです。

ラグビーの2大反則から覚えよう!その1『ノックオン』

まずは、ラグビーの試合で「最も多い反則」から覚えましょう。

『ノックオン』です。

いわゆるボールを体の前に落とす反則技です。

ボールのキャッチを失敗した時や、相手からタックルを受けて落としても『ノックオン』の反則を取られます。

反則後の措置としては、「スクラム」や「ペナルティキック」、「ペナルティトラ」などがあります。

その反則が起きた場所や状況、故意の反則かどうかなどで変りますが、『ノックオン』はいろんな反則の中で最も軽い反則にあたります。

知っておくと試合の流れをつかみやすくなりますので、試合中は『ノックオン』にも注目しましょう!!

ラグビーの2大反則から覚えよう!その1『スローフォード』

次の反則は『スローフォワード』です。

これもラグビーでは有名な反則で、ボールを前に投げてしまう行為です。

真横に投げればセーフですが、トライを狙える場面でしがちな反則です。

 

まとめ

今回の記事は

ラグビーをより楽しく観戦するために、最も頻度の多い反則である

ノックオン』と『スローフォワード』について簡単にご紹介しました。

ボールを…

・「体の前に落としちゃ駄目!」

・「前に投げちゃ駄目!」

と覚えましょうね。

 

【DAZN】初月1ヶ月無料お試し