ブラック企業

仕事を急かす上司は『敵キャラ』攻略して経験値を上げれば自分の価値になる理由

こんにちは。ぷ~すけです。

あなたの周りに仕事を急かす上司はいませんか?

筆者はこれまで5箇所の会社で働きましたが、『ブラック企業』に勤めていた頃は最強にウザい上司と社長がいました。

当時の社長と筆者のやり取りはこんな感じでした。

社長「この仕事やってくれ」

筆者「はい。分かりました」

社長「まだ終わらないのか?あと何分かかるんだ?」

筆者「…..。すいません、もう少しで終ります。」

社長「こんなの30分もあれば終わるだろう?何をサボってたんだ?早くしろ!」

筆者「すいません。すぐやります。」

こんな上司は嫌ですね。

なぜ上司は急かすのでしょうか?

急かす上司の特徴『思いやりに欠ける』

 

筆者の経験上「急かす上司」は

《急かす上司の特徴》

・笑わない。

・常にイライラしている。

・部下に対する配慮や思いやりがない。

このように3つの特徴があるように思います。

こんな上司が社内にいると精神的に疲弊して社員は大変ですよね?

中には一人の社員をターゲットにして、何でそこまでやるのか理解に苦しむようなほど当たり散らす上司もいます。

無茶苦茶です。

はっきり言ってただの八つ当たりですから、表面上は逆らえなくても、心の中で

《私生活がうまくいってないんだな。会社内でしか権力を振りかざせない可哀想な人だ》

と同情する気持ちをもって自分の心を整えましょう

【ブラック社長語録】転職を考えたパワハラ発言『5選』/気弱な社員が耐えた5年間筆者がブラック介護施設(デイサービス)に勤務していた期間は、なんと5年間にもなります。 その会社に君臨していたブラック介護施設の社...

 

「急かす上司」が職場にいることのデメリット

 

「急かす上司」が職場にいることのデメリットを考えてみました。

《急かす上司がいるデメリット》

・社員が萎縮し本来の能力を発揮できない

・生産性が上がらず、会社の利益を損ねる

・職場の雰囲気が悪くなる

主にこの3つだと思います。

「早くやれ!」「いつまでやってるんだ!」

上司から急かされたら、言われた部下は早くやろうと頑張ります。

しかし、多くの場合は怒られたことで萎縮してしまい、平常心を失ってしまいます。

仕事でもスポーツ競技でも、平常心を失った人間が良いパフォーマンスを発揮できないのは誰もが分かることです。

明らかにミスが増えますし、ミスしたことで更にプレッシャーとなって普段できていたことすら出来なくなってしまいます。

それを見て余計に怒気が上がる上司…

想像しただけで嫌気がします。

こんな状況が日常化したらどうなるでしょうか?

部下は顧客のために仕事をするのではなく、常に人の顔色をうかがい上司から怒られないような仕事の仕方を優先していくことになります。

一体誰のための会社、誰のための仕事なのでしょう…

「急かす上司」の感情に左右されて仕事をするのはデメリットしかない。

 

「急かす上司」の中には権力を振りかざし、自分の感情のまま部下を一方的に怒る人が多いです。

愛情のない指導は指導と呼べず、言われた方は勿論、聞いている周りの職員の気分も不快にします。

周りの雰囲気がどんどん悪化し、働く人のストレスを増大させる環境のでき上がりです。

「自分が怒られたらどうしよう」

と不安に怯えながら、質の高い仕事ができるわけがありません。

こういった上司が自分の発言や態度を顧みることは、ほとんどありません。

会社のために部下を教育しているとさえ思っているかもしれません。

そして、会社の上層部が上司の態度を問題視して、環境を変えてくれる可能性もほぼゼロでしょう。

「余計な手間」と考えて自分の既得損益を守ることで一生懸命なハズです。

いくら我慢しても体制側が状況を変えてくれることはない

会社や上司に期待するのは止めましょう。

 

「急かす上司」とまともに向き合う場合

 

前述したように「急かす上司」とは適度に手を抜きつつ向き合った方が良いと思うのですが、そううまくいかない事もあるでしょう。

まともに向き合う場合の対処法を考えてみました。

《対処法は?》

・明らかに間に合わないと思ったら正直に言う。

・アドバイスを求める。

『急かす上司』から出された指示が「期日までに絶対間に合わない」と思ったら、「難しい」と素直に伝えましょう。

無理だと分かってて「できる」と口にすると、「なぜ『できる』と嘘をついた!」と責められてしまいます。

そんな事にならないために、「言われた時間までに終わらせたいので」などの言葉で上司に【やる気】を伝えます。

その上で素直に教えを請うと中には、普通に教えてくれる人もいます。

上司が面倒くさそうな態度をしたら、「○○さんから教えて頂いても良いですか?」

と同僚からアドバイスを受ける事を許可してもらいましょう。

いくら難易度が高い案件でも一度引き受けてしまうと、期日までに終らせなければ全てあなたの責任になってしまいます。

「できないヤツ」

という烙印を押すには格好のエピソードを相手に与えることになってしまいます。

そうなれば、あなたに味方したい人がいても力になりにくい状況を作ってしまいますから、あなたには不利になってしまいます。

「できないヤツ」という烙印は押されるな!少しでもやれる事をやろう。

 

『急かす上司』と向き合う時は「将来の自分に楽をさせるため」と考えよう

 

対処法は前述した通りですが、なかなか分かっていても「急かす上司」と話すこと自体を苦手にしている方が多いですよね。

自分が新入社員だったり、「急かす上司」が自分の苦手なタイプだったりすると尚更です。

「急かす上司」は普段から不機嫌な顔をしていたり、相手を寄せ付けないような雰囲気を出してるケースも多いです。

意図的にやってる人もいるのですから、度量が狭く未熟な人間と言わざるを得ません。

自分の家じゃないのですから。困ったものです。

でもこう思ってはどうでしょう?

仕事でなくても「話しかけたくない人」に対して、話をしなければいけない状況はたくさんあります。

その度に言いたいことを言わずにいるのも自由なのですが、一方で、思い切って話しかけて何らかの反応をもらうこともできるのです。

どちらを選択するかはその人次第ですが、実は後者の方がずっと楽な事もあります。

相手から冷たい反応が返ってくればその時は嫌な気分になりますが、その経験が必ず生かされる場面が将来やってきます。

例えば、いつも不機嫌で話しかけれる度に無愛想な人っていますよね?

「私、あの人苦手だわ~」

とその人に近寄らないこともできますが、環境を変えても同じようなタイプの人がいるかもしれません。

また、「近寄らない態度」に徹しますか?

でもその人が会社の上司や自分の結婚相手の父親だったらどうしますか?

もちろん転職したり婚約解消することもできますが、自分が死ぬまで「避ける」という選択ばかりしていると自分の可能性を狭くします。

ロールプレイングゲームに例えてみましょう。

苦手な敵キャラが出たからといって、毎回「逃げる」ばかりを選択したら経験値が溜まりませんよね?

フィールドには色んな敵キャラが登場しますが、それらを倒すには『傾向と対策』が必須です。

『魔法を跳ね返す盾』を持っている魔神に魔法をかけますか?

肉弾戦を仕掛けた方が倒しやすいハズです。

現実世界にも多種多様な人間がいますし、またゲームのように「こうすれば必ず成功する」という攻略法もないので複雑です。

それでも、自分のアプローチの仕方を変えてみるだけで、相手からあなたに返ってくる反応は変わってくるハズです。

「人情味のない時代」と言われることが増えた昨今、ほとんどの人がそこまで人に対して労力を傾けません。

逆に言えば、そこまでやって相手と良好な関係を築くことができたら、それはあなたが高いコミュニケーション能力を身につけた証明です。

それがあなたの価値になりますし、周りから必要とされる人間となるハズです。

将来の自分の可能性を広げて、自分に楽をさせるためには、今少しだけ頑張ってみるのも良いかもしれませんね。

 

『40代で手取り14万円』の生活から「ミニマムな生活」へ転身して手に入れたものこんにちは。ぷ~すけです。 以前勤めていた職場を退職してから、自宅近くのブラック介護施設に勤めた時の状況です。 そこは【手取...