ブラック企業

仕事を急かす上司は敵キャラ!攻略して経験値を上げれば自分の価値になる理由とは?

こんにちは。ぷ~すけです。

あなたの周りに仕事を急かす上司はいませんか?

筆者はこれまで5箇所の職場で働いた経験がありますが、ブラック企業に勤めていた頃に”仕事を急かす”社長と上司がいたことでかなり苦労しました。

例えば、当時こんなやり取りが日常的にみられました。

社長「この仕事やってくれ」

筆者「はい。分かりました」

社長「まだ終わらないのか?あと何分かかるんだ?」

筆者「…..。すいません、もう少しで終わります。」

社長「こんなの30分もあれば終わるだろう?何をサボってたんだ?!早くしろ!」

筆者「すいません(汗)すぐやります。」

 

あ~。今、思い出しても嫌な気分になります。

仕事を急かされるのってほんと神経が疲れますよね。

こうした問題を解決するには「私も業務が立て込んでまして…」などと、もっともらしい言葉を並べるだけでは効果がありません。

必要なことは状況把握と相手の分析。

その上で自分がどう立ち回ればストレスにならないのか?考えて行動することが大事なんです。

相手のことを知ってから自分の心構えや向き合い方を修正していくことは人付き合いの基本です。

苦手な人からいつでも逃げられるプライベートと職場は違うので、こうしたコミュニケーションのスキルを持つことが      重要な意味を持ちます。

ぜひ今回の記事をご覧になって、参考にして頂けたら嬉しいです。

テーマは『仕事を急かす上司』についてです。

 

『急かす上司』が職場にいることのデメリット

 

「急かす上司」が職場にいることのデメリットを考えてみました。

《急かす上司がいるデメリット》

・社員が萎縮し本来の能力を発揮できない。

・生産性が上がらず会社の利益を損ねる。

・職場の雰囲気や人間関係が悪くなる。

主にこの3つだと思います。

「早くやれ!」「いつまでやってるんだ!」

そう上司から急かされたら、言われた部下は早くやろうと必死になって頑張ります。

しかし多くの場合は怒られたことで萎縮してしまい、平常心を失って普段の能力を発揮できなくなります。

だからこそ仕事でもスポーツ競技でも、わずかなミスさえ許されない場面になるほど『平常心でいること』が重要視されるのです。

平常心を失えばミスが増えますし、ミスしたことが更にプレッシャーとなって他のミスを呼び込んでしまうのです。

それを見て余計に怒気が上がる上司…

このような状況が日常化したら仕事の質は上がるでしょうか?

周りの社員は顧客のために仕事をするのではなく、常に上司の顔色をうかがいながら怒られないような仕事の仕方をすることになります。

一体誰のための会社、何のための仕事なのでしょう?

「急かす上司」の感情に左右されて仕事をするのはデメリットしかない。

 

「急かす上司」の中には権力を振りかざし、自分の感情のまま部下を一方的に怒る人が多いです。

愛情のない指導は指導とは呼べず言われた方は勿論、聞いている周りの職員もいつ自分に火の粉が来るか分かりませんからビクビクしながら働くことになります。

社内の雰囲気はどんどん悪くなりコミュニケーションも減り、人間関係も悪化していく一方でしょう。

 

こういった上司が自分の発言や態度を顧みることは、残念ながらほとんどありません。

それどころか会社のために部下を教育していると思ってさえいます。

また、会社の上層部が上司の態度を問題視して環境を変えてくれる可能性もほぼゼロでしょう。

「余計な手間」と考えて自分のポジションを守ることで精一杯なハズです。

いくら我慢しても会社側が状況を変えてくれることはない

よほど信頼の置ける人でない限り、会社や上司にむやみに期待するのは時間の浪費なので控えましょう。

 

『急かす上司』が”八つ当たりレベルに酷い”場合の対処法

 

筆者の経験上「急かす上司」は

《急かす上司の特徴》

・笑わない。

・常にイライラしている。

・部下に対する配慮や思いやりがない。

このように3つの特徴があるように思います。

こんな上司が職場にいるだけで周りは疲弊してしまいますので社員は大変です。

中には特定の社員に当たり散らす上司もいたりして、ターゲットにされた社員は常にビクビクしながら過ごさなければいけないケースさえあります。

まさに筆者もその被害者の1人でした。

ターゲットにされてからは

「八つ当たり!?」

と思うほど過酷な条件で仕事を依頼され急かされる日々が続いたので、自分の身を守るため最終的に到達した心の境地がコレです。

「この人は私生活がうまくいってないんだな」

「会社内でしか権力を振りかざせない可哀想な人だ」

こう思う事で自分の心が少し楽になったのです。

勝手な憶測なので事実はどうなのか知りませんし知る必要もありません。

組織の序列では逆らえなくても、心の中で相手に同情するくらいの気持ちのゆとりをもって心を整えた方が自分のためです。

『ブラック企業社長の名言5選』元社員が体験したパワハラ発言を紹介しますブラック企業の元社員が実際にブラック社長から言われた名言をご紹介しています。この話、信じられますか?...

 

『急かす上司』が”会話できる余地がある”場合の対処法

 

前述の通り「急かす上司」が八つ当たりレベルに酷い場合は、自分がある程度、達観した境地で接する方法が有効でした。

では、上司とある程度の話ができる余地がある場合の対処法はどうでしょうか?

 

《上司と話し合う余地がある際の対処法》

①期限まで明らかに間に合わないと感じたら正直に言う。

②上司や同僚にアドバイスを求める。

 

一見当たり前の事のようですが、できない人が多いのが現実のようです。

『急かす上司』から出された期日では「絶対間に合わない」と思ったら、「難しいです」と素直に伝えましょう。

無理だと分かってて「できる」と言ってしまうと、出来なかった時の良いわけができず信頼を大きく損なってしまいます。

もちろん、ただ面倒くさがって「間に合わない」と言うのは論外ですので

どう考えても無理だと思ったら

「○日あれば何とかします!」

くらいは上司に言って”面倒だから逃げ出した”と思われないようにしましょう。

 

もし、上司の言う期日にどうしても間に合わせなければいけなかったら?

協力してくれる人を探しましょう。

まずは指示を出した上司に直接聴いてみます。

「どうしたら期日に間に合わせることができますか?」と。

大胆に思うかもしれませんが、分からない事を「分からない」と言って教えを請うのは社会人に必要なスキルですから罪にはなりません。

話の分かる上司ならヒントくらいは教えてくれるでしょう。

 

それが叶わなかった場合は、同僚などからアドバイスを受けたり協力してもらうことも考えましょう。

事情を知らない他人の方が良いアイデアを出してくれたりするものです。

また運が良ければ時間を使って、期日に間に合うよう協力してくれるかもしれません。

そういった同僚は”仲間”ですから、いつか頼られた時には協力を惜しまないようにしましょう。

社会に出れば常にギブ&テイクです。

 

上司から仕事を急かされるのは気分の良いものではありません。

プレッシャーもありますし、会社に行くのが嫌になる日もあるでしょう。

ですが、たとえ無理だと感じても悪あがきだろうと、自分にできる事を探して行動したことは決して無駄にはなりません。

「できないヤツ」という烙印は押されるな!少しでもやれる事をやろう。

 

『急かす上司』と向き合う時は「将来の自分に楽をさせるため」と考えよう

 

対処法が分かっていても『急かす上司』と話すこと自体が苦痛な人は多いかもしれません。

新入社員だったり、『急かす上司』が自分の苦手なタイプだったりすると尚更です。

だいたいが『急かす上司』は普段から不機嫌な顔をしていたり、相手を寄せ付けないような雰囲気を出してるケースが多いので声をかけにくいのも厄介です。

例えば、こう考えてみるのはどうでしょう?

仕事以外でも苦手な人に話をしなければいけない状況はたくさんあります。

その度に言いたいことを言わずにいるのはあなたの自由です。

一方で、思い切って話しかけてみて、何らかの反応をもらうこともあなた次第で可能なのです。

どちらを選択するかはその人次第ですが、実は後者の方がずっと楽な事もあります。

相手から冷たい反応が返ってくればその時は嫌な気分になりますが、その経験が必ず生かされる場面が将来やってきます。

例えば、いつも不機嫌で話しかけても無愛想な人っていますよね?

こんな時、その人に近寄らないこともできますが、環境を変えても同じようなタイプの人がいるかもしれません。

その時もまた「近寄らない態度」に徹しますか?

でも、その人が会社の上司や自分の結婚相手の父親だったらどうしますか?

もちろん転職したり婚約解消することもできますが、【避ける】ことばかりしていると人生の選択肢を狭くするのもまた事実です。

一方で、もし苦手な人を攻略できたら、その先の人生の幅が広がりませんか?

 

ロールプレイングゲームに例えてみましょう。

苦手な敵キャラが出たからといって、毎回【逃げる】ばかりを選択したら経験値が溜まりませんよね?

フィールドには色んな敵キャラが登場しますが、それらを倒すには『傾向と対策』が有効です。

魔法を無効化できる怪物に魔法攻撃をかけますか?

肉弾戦を仕掛けた方が倒しやすいハズです。

もちろん現実世界には多種多様な人間がいますし、「こうすれば成功する」という攻略法もないのでゲームより難しいのは事実です。

それでも、自分のアプローチの仕方を変えてみるだけで、相手からあなたに返ってくる反応は変わってくるものです。

魔法の効かない怪物にいくら魔法攻撃をしかけても「跳ね返された後に攻撃を受ける」という結果は変わりません。

自分ができる魔法以外の方法を実行するべきなのです。

いつもと違う方法を試すのは勇気のいる作業ですが、自分の経験値を上げて一回り強い人間になるためには必要な過程です。

1度乗り越えてしまえば、「案外、大したことなかったな」という印象で終わることも多いのです。

 

おわりに

「人情味のない時代」と言われることが増えた昨今、ほとんどの人がそこまで他人に対して労力を傾けません。

逆に言えば、そこまでやって相手と良好な関係を築くことができたら、それはあなたが高いコミュニケーション能力を身につけた証拠です。

それがあなたの価値になりますし、どこにいっても周りから必要とされる人間となるハズです。

そうなれば自分の未来が開けて、今よりずっと楽しい人生になるのではないでしょうか?

将来の自分の可能性を広げて自分に楽をさせるためには、今少しだけ頑張ってみるのも良いのかもしれませんね。

ブラック企業の休日出勤で熱中症になりかけた夏猛暑の中で草取りをして熱中症になりかけたエピソードを紹介しています。ブラック企業の忘れられない夏の体験です。...
ブラック企業でパワハラを受けながら気弱な社員が「心のより所」にしていた事《3選》こんにちは。ぷ~すけです。 筆者はブラック企業で5年間毎日パワハラを受けながら仕事をしていました。 それはそれは辛い日々でし...
こちらの記事もおすすめ!