ブラック企業

ブラック企業で『石の上にも3年』と言われたら?「報われない努力」をしてませんか?

これまで筆者は、職場を転々と変えながら主に高齢者施設に約20年ほど勤めてきました。

ほとんどの施設では業務時間内に仕事が終わりません。

残業代を普通に請求すればいいのでしょうが

「もっと大変な人でも残業代をもらってないのに…」

という無言の同調圧力に負けて、お決まりのサービス残業に身を投じていました。

もちろん残業代がちゃんと支払われている会社もあるでしょうが、その一方で、払う物も払わず従業員に不当な労働を強いている会社もたくさんあるのもまた事実です。

・業務量が多くて1日の拘束時間が長い。

・「人件費削減」を決まり文句にして必要な人員の補充をしない。

・基本給が安くて残業手当が出ない。

これだけ悪い条件が重なるとかなり消耗してしまい、心も体も大変です。

本当はみんなも仕事を終らせてさっさと退社したいのに、それがままならずに働き続けると心も体もボロボロになっていきます。

どうせ頑張るなら、費やした労力と時間が自分に返ってくる事に頑張りたいものです。

ブラック企業は「社員をまともに評価しない」

社員が先輩の助言や指導を受けながら、真摯に取り組んでいても定時で終われない会社ってありますよね?

現場が大変で毎日消耗していることを知らずに(又は知ろうとせずに)、少ない人員でしかも安い賃金で働かせます。

こういった会社は、社員のことを考えている会社とは言えません。

真面目な社員ほど

・「自分一人の力で最後までやらなきゃいけない」

・「周りに迷惑かけないように寝る間も惜しんで終らせなきゃいけない」

と思いがちですが、若い頃は自分の体力・心の限界が分からない人が多いためどうしても無理をしがちです。

たくさん頑張れば評価してもらえるから

とひたむきに仕事をする社員をよく見かけますが、その気持ちもよく分かります。

確かに常識的な上司、人間味のある上司でしたら何らかの形で評価はしてくれるでしょう。

ですが、世の中には残念ながら、「やっても報われない努力」が存在します。

所詮、評価するのは感情がある人間です。

上司は特定の社員だけに甘く、高い評価をしているなんて事は社会にはたくさん存在します。

「頑張ればいつか分かってもらえる」

と根拠のない考えはもつのは止めましょう。

他人から評価をされるために膨大な時間を費やして、心身をすり減らしても「誰からも評価されない」可能性もあるのです。

その事実に気付いた時には、既に抵抗する気力や体力がなくなっていた…。

これでは遅いのです。

【ブラック社長語録】転職を考えたパワハラ発言『5選』/気弱な社員が耐えた5年間筆者がブラック介護施設(デイサービス)に勤務していた期間は、なんと5年間にもなります。 その会社に君臨していたブラック介護施設の社...

ブラック企業ほど「石の上にも三年」をよく口にする

「石の上にも3年」

昔の偉人は言いましたが、このことわざを会社側の人間が言う時は注意して下さい。

つまり会社側はこう言いたい訳です。

「入社したばかりの時は右も左も分からないだろうが、多少の不満や辛い事があっても会社を信じて会社のために働きなさい。いつかその努力が報われる時が来るから」

どうですか?

筆者も同じような事を言われたことが何度かあります。

よく聞く諺ですが注目したいのは、ほとんどのケースが会社側の人間が発言しているという点です。

鵜呑みにすると危険な言葉です。

会社があなたを都合の良いように使おうと思っている可能性が大です。

同じように

「誰かが頑張った自分を見てくれているはずだ」

と自分で思い込むのはお勧めしません。

それはあなたが周囲に向けて「そうあって欲しい」と願っているだけで、所詮は他人なのですから期待するのは危険です。

ブラック企業では「上司は自分の保身が第一」

自分より役職が上だからと言って、「上司」や「社長」と言われている人たちが「高い人格の持ち主」と思い込むのは辞めましょう。

私たちと変わらない人間です。

むしろ自分たちが手に入れた地位や名誉、高い給与を手放さないために、周囲の人間を利用するのが当たり前と思った方が気楽です。

会社の利益よりも自分の保身を一番に考えている人も実際、多いのです。

そんな人たちのためにあなたの情熱を注ぐのはもったいないと思いませんか?

何でもかんでも上司にお伺いをたてるのはお勧めしません。

肝心な時に自分で判断できず、上司の指示がなければ動けない人間になってしまいます。

そんな環境でいくら一生懸命に仕事しても、そこの会社でしか通用しない『1会社特化型』の人間ができるだけです。

仕事がハード過ぎて体調を壊した人達が、筆者の周りだけでも何人もいます。

具合が悪くなる前兆はあったはずですが、なぜ上司や周りの同僚はそれに気づけなかったのか?

もしくは気付いていたにも関わらず、助け船を出してくれなかったのかもしれません。

結局、自分の身は自分で守るしかありません。

筆者のように一度ドロップアウトしてしまうと、その状態から抜け出すのは多くの時間と労力を必要とします。

大事なことは、限界になる前に逃げることです

逃げるのは恥ずかしいことではありません。

自分には合わなかった」だけです。「合わなかった」ことが分かっただけ進歩です。

会社の人間から「ここで通用しなければ、どこに行っても通用しない」

と言われても、それも辞めさせたくない会社側の人間が言う常套句です。

聞き流しましょう。

おわりに

今、筆者には「もっと早く辞めておけば良かった」と思う職場がいくつかあります。

いわゆるブラック介護施設でしたが、1年目には既に心と体に限界のサインが出てました。

対象を心配する友人からアドバイスされても

実績が出るまでは

と耳を貸さずに、とうとう5年間も勤務してしまいました。

・「お前が変われば周りも変わる!」

・「周りに期待せずにお前が先に変われ!」

会社側から言われたら右から左に聞き流しましょう。

勤めた会社が

「自分には合わないかも…」

と思ったら早めに逃げて下さい。その予感はほぼ合っています。

・辞めたくて仕方なかったけど続けてきて良かった。

・辞めたくて仕方なかったから、辞めて正解だった。

どっちのケースもあると思いますが、両方の人生を体験してみるほどあなたに残された時間は多くはありません。

言うまでもなく時間は有限なのです。

そう考えた場合、何に頼って判断するのが良いのか?

分かりやすいのは、あなたの「直感」です。

時間をかけて悩んでも、100点満点の回答を出せるほど有益な情報は集まりません。

どこかのタイミングで結論を出さなければいけないのです。

人生は多くの『選択』の連続です。

朝、起きて「何の服を着ようか?」「朝ご飯は何を食べようか?」全てが選択です。

「職場は簡単には辞めれない」

これもある意味で真実ですが、終身雇用が実質崩壊した今、生涯一つの会社にこだわるのは得策ではありません。

「ここに自分の学ぶべきスキルはあるか?」

この点だけを考えて、後悔することのないよう自分の道を見つけましょう!