ブラック企業

ブラック企業の辞め方/元ブラック企業の社員が効果的で実践的な方法をご紹介します

筆者は以前、ブラック介護施設で5年間働いていました。

その会社は「バイト並みの月給」「不当労働の強制」「パワハラ」「脅迫・暴力行為」など言い出すときりがない程の極悪な環境でした。

入社1年目で「ブラック」だと確信した筆者は、退職願いを社長に出しました。

辞めさせたくないブラック社長は簡単には受理せず、提出した直後、数時間にわたり筆者を個室に軟禁しました。

その後も、ブラック社長は今まで以上の厳しいノルマを要求するなど更に過酷な労働環境に筆者を追い込みました。

圧倒的な無力感と絶望感、「もう自分は一生、ここから逃げれない…」と苦悩し、その時の精神状態は正にギリギリでした。

それでも友人の励ましなどもあり、その後も退職願を出し続けた結果、通算5回目となる『退職願』をようやく受理されたのです。

世の中には、筆者のようにブラック企業を辞めれずに苦しんでいる人はまだまだ多いと感じています。

生活のため」「上司が怖くて」等、辞めれない理由は人によって異なるでしょう。

とはいえ、現状を抜け出す努力をしなければ自分自身が後悔することになります。

縁があってこの記事を読んでる方の中には、程度の差はあれ今の劣悪な労働環境を変えたいと考えている人がおられると思います。

筆者はそんな人たちの力になりたいと願います。

「こんな奴もいたのか」「自分ももう一度、自分のために頑張ってみよう」

と思って頂けたら嬉しいですし、少しでも現状を変えていく力になって欲しいと思います。

5年間ブラック企業で体験した悪夢…こんなクソみたいな経験でも誰かの役に立てるかも?

そう思いながら、過去のエピソードを振り返って今回の記事をかきました。

皆さんのお役に少しでもなれることが、筆者にとっての喜びです。

ブラック企業への『退職願』の出し方

ブラック企業に『退職願』を提出する前の心構え

辞め方はどの職場でも一緒で、『退職願』を出せば良いんです。

ただ、それがブラック企業の場合だと簡単にはいきません。

「絶対に辞める!」

という強い覚悟がまず必要になります。

慣習的にはいきなり『退職願』を持って行くより、事前に退職の意思があることを上司に相談するべきだと言われています。

筆者に言わせれば、そんな事をしたら100%引き留められるし、直後から陰湿なパワハラが加速するのが明白なので辞めたい人にとってはメリットが少ないと考えます。

先方はパワハラなどの違法行為を散々やっておいて、こちらが退職する時に「慣習」や「常識」「社会のルール」を持ち出してくるかもしれません。

両者で信頼関係が構築されているケースではないですし、そんな筋の通らないことはする必要はないと個人的には思います。

もし、

「それでも自分は退職願いを出す前に上司に意思を伝えたい」

と言う方は、自分と上司の会話のやり取りを録音する用意をすることが自分を守る一つの手段です。

ただし、相手が勘の鋭い上司だと(僕の場合がそうでした)バレる可能性はあります。

なので筆者はやりませんでした。

それでも、会話のやり取りを記録に残しておくことは必要です(筆者はノートに記録しました)。

なぜかと言うと、時間が経つほど記憶が曖昧になり、「言った」「言わない」の水掛け論になる可能性があるからです。

後々、第三者に当時の状況を説明する際、記録に残しておいた方が圧倒的に信用されます

また「記録」をつけるメリットとして、

・自分の受け答えに不自然な点がないか?

・話の筋が通っているか?

これらを後で冷静に判断できるという利点もあります。

会社側に揚げ足を取られないように、自分の発言一つ一つをきちんと「説明できる」よう備えて下さい。

「勝つ」ための鉄則です。

これをやると自分の発言にも自信がもてるようになってきます。

ブラック企業に『退職願』を提出した後の心構え

『退職願』を提出して相手が「受け取ってくれた」と安心してはいけません。

上司はひとまず「預かっただけ」で、チャンスがあればひっくり返そうと考えてるかもしれません(筆者のケースのように)。

あなたに対していつもより優しく声を掛けたり、労をねぎらってきたり急に「良い上司」を演じてきます。

相手も人間ですから、機嫌が良い時や何か意図があれば優しくしてきます。

決して改心したわけではないので「辞める」という気持ちは最後まで貫徹して下さい。

「もう少し様子を見てみようかな」

と考えた瞬間、あなたの未来に暗雲が立ちこめます。

ブラック企業に『退職願』を受理されなかったら?

『退職願』を出す際、退職日を決めて下さい。

あなたが決めて良いんです。

自己都合ですから。

もし、会社側が退職日を少しでも引き延ばそうとしてきたら、

「会社都合ということでよろしいですか?」

と言い返して下さい。

それでも話をうやむやにしてきたら、『退職届』を作成し提出しましょう。

「退職願」のように伺いを立てる必要もありません。

淡々と渡した後、指定した退職日を最後にそれ以降は出勤しないで下さい。

会社側から電話が来ても取る必要はありません。

 

 

 

ブラック企業の辞め方【行政機関を使う】

ブラック企業の辞め方『労働基準監督署に相談する』

『労働基準監督署』は国が管轄する行政機関です。

相談に行った際、有効な対策を講じて欲しいところですが、残念ながらパワハラをしている会社に対して行政処置をとってくれるワケではありません。

筆者は過去に、1度所轄の労基に相談に行った事がありました。

とりあえず話は聞いてくれたという印象でしたが、それだけでした。

しかし、やる意味はあります。

できたら話を聞いてくれた担当者の名刺をもらっておきましょう。

「労基に相談している」

という証明にもなり、《1個人でなく行政機関も相手にしなければいけない!?》というプレッシャーを会社側に与えることにもなります。

あなたが会社より少しでも精神的に優位に立つことで、退職しやすい状況をつくれます。

そのための方法の1つです。

年休が取得できない」等、労基に相談する内容は事前に選ぶことが大事です。

少しでも「相談にのってもらえた」とあなたが実感する内容を考えてから訪ねましょう。

ブラック企業の辞め方『労働局へ相談する』

『労働局』パワハラやいじめ問題に対して相談にのってくれます。

『労働局』は、労働問題を包括的に扱っている機関です。

相談窓口も設置していますし、昨今の「ブラック企業」によるパワハラ問題が世間を賑わしてから、その存在が注目されています。

ぞんざいな対応は滅多にされないと思いますので、是非、一度足を運んでみて下さい。

大事なことなので繰り返しますが、あなたが「相談に行く」という行動が大事なのです。

あなたがいくら会社に不満を持っていても外に向けて発信しなければ、会社側は「不満をもっていなかった」といくらでも事実をねつ造できます。

遠慮せずに他人をどんどん巻き込んで下さい。

ましてや、労働局は各種の労働問題に取り組むのが仕事なのですから『自分を守る手段』として活用しましょう。

労基と労働局と両方に相談に行けば最強!と個人的に思っています。

ちなみに相談窓口は夜間や休日にも電話で相談にのってくれます。

詳細は確認してみて下さい。

ブラック企業の辞め方【心療内科を受診する】

心療内科を受診して『診断書』をもらう

職場で強いストレスを受けている方は、おそらく「不眠」「食欲不振」「消化器系の症状」など身体に様々なサインが出ていると思います。

「おかしいな」と感じて内科に行くケースもあるかもしれません。

でも、それで「異常なし」の診断でしたら、『心療内科』の受診をお勧めします。

「心療内科」の受診は敷居が高く、近寄りがたいイメージをもっている方が多い印象です。

筆者もそうでした。

でも全くそんな事はありません。

むしろ「ストレス社会」と言われる時代ですから、「うつ病」などは『現代病』と言われるほど身近な病気になりました。

実際、筆者が診断を受けたことを職場で公表したら、「実は私も薬をもらっていて…」と筆者にアドバイスをくれた同僚が数名いました。

つまり、もはや珍しい病気ではないのです。

『心療内科』を受診すると、まずカウンセリングを受けます。

その際、仕事のストレスが大きく日常生活に支障が出ていることを申し出て下さい。

うつ状態」「適応障害などの診断がつくと思います。

その後、医師から診断書を作成してもらい会社に提出することで「休職」扱いとなり会社を休むことができます。

筆者も経験ありますが、この過程は超簡単です。

自分は本当に「うつ病」なのか?ただの風邪じゃないか?

とあなたが素人判断するのは危険です。

当事者だと客観的な判断ができないケースは多々ありますし、診断するのは医師の役目です。

恐いのは本人が自覚しないまま症状が進行しているケースです。

筆者の場合、「記憶力・注意力・判断力の低下」といった症状が、仕事に支障が出るほどのレベルで出現しました。

電話を切った直後に自分が何の会話をしていたのか思い出せない状況…これでは仕事になりませんよね。

同時期に、一緒に食事をした際に親しい先輩から「言動がおかしい」と指摘されて、受診を勧められました。

先輩から言われなければきっと受診することはなかったでしょう。

「休職中」にゆっくりで良いので社会復帰を目指そう!

診断書を職場に提出した後の行動は特に大事です。

働く事に嫌気がさしてそのまま引きこもるケースもあるからです。

気持ちは分かりますが、何か考えがあって引きこもるのは良いですが、自己肯定感が低いまま社会との繋がりを遮断すると幸せな人生から遠ざかります。

クソみたいな会社のためにあなたの未来を捨てる必要は全くないのです。

休職したらしばらくの間、たっぷりと寝て体力を回復させましょう。

そして、天気の良い日にお勧めしたいのは散歩です。

日光を浴びながら歩くだけで少しずつパワーが充電されていくのが分かりますよ。

是非、試してみて下さい。

ウォーキングのもつ可能性を検証『うつ病予防?』『便秘解消?』『体力増強?』/19日目「毎日1時間は歩こう!」と心に決めてウォーキングを始めたワケですが...。 始めてから『19日目』という中途半端なタイミングでの報...

 

ホームを離れて旅行に出掛けるのもお勧めです。

山に登って自然からパワーを貰うのも1つの方法です。

休職中は「○○をしなきゃいけない」というルールはありません。

ゆっくりあなたの心と体を労って、次のステップに進むための準備をすれば良いのです。

「次のステップ」とは『就活』です。

「生きる力」が充電されたと実感したら、今より良い環境の職場を探していきましょう。

これであなたは、前に進むことができます。

ないと思いますが、間違っても元の職場に戻ろうとは思わないで下さいね。

ブラック企業の辞め方【味方を増やす】

ブラック企業の辞め方『家族を味方にする』

ブラック企業で自分が辛い思いをしていても「親に心配かけたくない」と思っちゃいますよね?

でも、同居されてるなら既にご両親は気付いていますよ。

あなたの普段と違う様子に気付き心配し、心を痛めているハズです。

両親に心配をかけたくない気持ちは分かりますが、多くの親は常に子供の幸せを願うものです。

思い切って今の自分の状況を相談してみてはどうですか?

親身になって聞いてくれる家族の存在は、あなたにとって大事な存在です。

ブラック企業の辞め方『友人を味方にする』

筆者がブラック企業で消耗している間、体調面などを心配してくれる友人がいました。

筆者から進んで相談することはありませんでしたが、筆者が辛い時でもこれまで通り変わらず接してくれました。

会社を辞めずに「まだ頑張る」なんて言ってる筆者を心配してくれたり、自分の職場に来るよう誘ってくれたりもしました。

ブラック社長は意図的に「自分の言うことを聞く社員」を作ろうとしていたので、自分と違う意見は聞かない人でした。

社員の対場でいくら反発しても「自分の意見が正しい」と異論を認めず、社長の都合の良いように思考を矯正されます。

今思うと、心理学の手法もあり、宗教のマインドコントロールも意識的に使っていたように思います。

会社にいけば社長の言うことが全てでした。

そんな状況でも、1年間で1~2回は友人と電話で話していたので、その時にかけられた言葉の全てが自分の励みになりました。

自分の現状を見つめ直す機会にもなり、それが最後まで筆者の心の支えになったのです。

【ブラック社長語録】転職を考えたパワハラ発言『5選』/気弱な社員が耐えた5年間筆者がブラック介護施設(デイサービス)に勤務していた期間は、なんと5年間にもなります。 その会社に君臨していたブラック介護施設の社...

ブラック企業の辞め方【退路を断つ】

ブラック企業の辞め方『次の就職先を決める』

退職の意思を告げた後、社長や上司から色んな嫌がらせを受ける可能性があります。

実際、そんな日々が続くと

やっぱり辞めれないのかな

自分が退職を取り下げれば、これ以上苦しまなくて済むのかな..

というネガティブな感情が顔を出します。

筆者もそれが理由で4回も失敗しています。

でも、取り下げたとしても状況が良くなるわけはありません。

待っているのは、今まで以上の辛辣な言葉や嫌がらせです。

筆者の場合、5回目の退職願を出す前「これで辞める!」と誓った際には既に次の就職先を決めてました

それまでは、まともな就活などできるワケがないと思っていたのにです。

5年間で年休は1日もとれませんでした。

日程的にまともな就活ができるわけもなく、さらに社長の監視の目があり、筆者の思考や態度の変化は細かくチェックされていました。

監視の目が厳しかった理由は、筆者が会社や社長の意思に反するような行動を取れないようにするためでした。

会社にいる間は、どこで何を聞かれているか、見られているか分かりません。

上司や同僚も社長の指示により、筆者の言動は筒抜けだったのです。

そんな状況で次の就職先を決めれたのは、前述した友人のサポートがあったからです。

その友人が自分の勤めている会社の上司に筆者を紹介し、社長との面談をセッティングしてくれたのです。

そこで幸いにも筆者を採用してくれる事が決まり、その事がブラック企業を辞める大きな後押しになりました。

今の会社を退職しないと、採用してくれた社長を裏切り友人の顔も潰すことになる。

もう自分だけの問題じゃない!

という後戻りできない状況を作ったことで、もはや揺らぐことのない確固たる信念ができました。

「何が何でも辞めてやる!」

この時の筆者はこんな気持ちでした。

 

ブラック企業の辞め方『退職するまでの間は体調管理に配慮しよう』

体調管理は何よりも大事です。

せっかく退職までのプランを立てても、体調を大きく崩すような事があればプランの実行は先延ばしになります。

ご飯を食べれるくらいの気力はもっていないと、体力が落ちて免疫力も低下してしまいます。

強い意思を持ち続けるにはある程度の体力も必要です。

経験上、最低でもご飯の摂取量はそれまでの半分以下にはせず、ジュースやアイスなど体を冷やすような物はなるべく控えた方が良いと思いました。

筆者の場合は急に息苦しくなったり、排尿障害が出たりなどストレスと思われる症状が身体に起こっていました。

もう少し退職が遅れていたら更に症状は悪化し、医療機関での治療が必要になっていたでしょう。

ブラック企業の辞め方「おわりに」

ブラック企業を辞めるのは確かに簡単ではありません。

会社側は辞めさせたくないわけですから、色んな手段を使って嫌がらせをしてくるケースが普通です。

筆者も散々やられましたが、やってる事は子供のいじめと何ら変わりません。

「退職」してそれまでの呪縛から解放されると、心がとっても軽くなります。

毎日目にしている景色がまるで違う景色を見ているようかのように、葉っぱの一枚一枚が色濃くハッキリと見えます。

「あんなに緑が濃かった!?」

ブラック企業に勤務していた時も同じように食べていたご飯も、「美味しい」と味わうことができるようになります。

いつも通り家でTVを観ながら、家族の会話を聴いているだけで涙が出てくるのです。

この時にハッキリと分かるのです。

「ああ、自分は本当に辛い状況で頑張っていたんだな」

「ようやく解放されたんだな」

筆者は色んな助けがあって、おかげさまで今はパワハラとは無縁な環境で働いています。

当時の筆者を知っている人は例外なく「辞めて良かったね」と言ってくれます。

苦しい状況の中、人の手を借りるのは恥ずかしい事ではありません。

一人で全部解決しようと思わず、周りの人に助けてもらいましょう。

話を聞いてもらいながらパワーと勇気をもらって下さい。

そして、退職するまでの道のりをイメージしてみて下さい。

辞めた後の人生はきっと今より幸せなものになってるハズです。

どんな状況でも希望を捨てずに行動すれば、必ず今の呪縛から解放される日が来ます。