未分類

【パチンコ依存症】の克服には「タイミング」が重要/身の回りの状況が変化した時が好機

こんにちは。ぷ~すけです。

筆者がパチンコ依存症だったことは過去の記事でも取り上げました。

今振り返っても毎日が暗い気分が続いて、歩く時も下を向いていた時期です。

本来なら楽しいはずの事でも「楽しい」と感じれない日々でした。

【ギャンブル依存症】の治し方は簡単!「今日行かない」その繰り返し/3日坊主は大歓迎!こんにちは。ぷ~すけです。 過去にギャンブル依存症から抜け出す方法について記事をあげました。 その時、みなさんに伝わ...

初めてのパチンコで勝利(運命が変わった日)

初めてパチンコ店に入ったのは、まだ社会人になる前。

その時は、典型的なビギナーズラックで8000円ほど勝ちました。

社会人になって自分の自由になるお金が増えると、毎週ホールに通うようになり使う金額も増えていきます。

当時はローンを抱えていた訳でもなく、酒もタバコもやらずこれといった趣味がない人間でした。

当時、節約すれば毎月10万円は貯金できたハズでした。

「パチンコに出会ってなければ..」

何度悔やんだことか。

今でも当時を思い出すと、悔しい気持ちが湧いて来ます。

自業自得です。

1度手を出すと止められなくなる「負のスパイラル」

その後は、大当たりを引いた時の快感が忘れられず、店に行くと当たりを引くまで投資するようになりました。

とうとう『お小遣い』の範囲を超えて生活費にまで手を出すように…

手持ちのお金がなくなると、借りてでも打ってしまうケースが増える。

既に賞与をあてにしてお金を借りていたので、賞与が出てもほとんどが返済に消えて行きました。

職場の同僚は賞与が出てウキウキしている時に、筆者だけ心は闇の中でした。

「もう止めよう」

「もう止めたい」

負ける度に思うのですが、1日経つと辛かった気持ちが薄れて懲りもせずに行きたくなります。

開店前から並び、閉店まで打つ日も何度もありました。

朝から1度も当たらず何万円も使っているのに、筆者の後に来た他のお客さんが座ってすぐ大当たりを引く。

その光景を横目で見ながら、当たる気なんて全くしないのに投資を止めることができない自分。

まるでブレーキとハンドルが壊れた車です。操縦不能…

体調不良で倒れても止めれないパチンコ

ある日は、打っている途中で目の前がチカチカして台のハンドルを握る指が震えてきました。

その時点で「異変」なのだから止めて帰宅するか、酷ければ医療機関を受診するのが常識的な行動です。

筆者はどうしたと思いますか?呆れますよ?

無視して打ち続けました。

そのうち段々気分が悪くなって、目の前の光景がグルグルしてきます。

店内は暖かいハズなのに寒気が止らない。

平衡感覚がなくなり椅子から倒れそうになったので、あちこちの椅子に捕まりながら何とか外に出ました。

人目に付かない場所についた途端、その場で倒れてしまい嘔吐しました。

そんな目にあって、「もう二度と打たない!」と誓ったのに翌日には

「ああパチンコうちて~」

そう思った瞬間、自分でハッとしました。もう恐怖です。

今までパチンコを打ってきて、散々いやな思いをしてきたのにまだ打ちたいのか!?

自分はこれからどうなってしまうんだろう…

正直、自力で依存症を治すのは諦めかけていました。

人生の大きな転機で潮目が変った「マイホームの購入」

筆者には、子供の頃から「自分の家に住みたい」という夢がありました。

父が転勤族で子供の頃から賃貸暮らしが長かったのがその理由の1つです。

家を建てる計画は何年も前から家族内で出てましたが、大きな買い物であることや土地の問題など条件面で折り合いがつかず見合わせていました。

「家を建てよう!」

家族が集まってる場で、筆者が急に大きな声を出したので親は驚いていました。

もちろん「パチンコを止めるため」など口が裂けても言えません。

その後、思っていたよりも話はトントン拍子に進んでいきました。

当時、筆者の年齢で新築の家を建てた人は周りにはいませんでしたので、マイホームを持つことの相談をできる人はいませんでした。

何人かの知人から

「長いローン地獄」

「中古の家を買えばもっと安く済む」

「一生、その土地に縛られることになる」

など否定的な意見をもらいましたが、これ以上パチンコにお金をつぎこみたくないという決死の覚悟がありました。

「自分の夢がパチンコでお金を使い果たしたために実現できなかった」

なんていう言い訳を将来したくない。

「パチンコ」が優先事項でなくなり依存症を克服するチャンスが到来

家を購入してから「家のローン」の支払いが自分にとって最優先事項になりました。

必然的にパチンコで使える金額は大幅に減ります。

依存症なのでこの時点では、まだ完全にパチンコを止めれてません。

ですが「家を買った」という【人生の一大イベント】は筆者にとって心理的な影響が大きかったのです。

特に、マイホームは昔からの【夢】だったのですから…

その後、パチンコ熱はジワジワ低下していきました。

パチンコ依存症は意思の力だけで治らない

パチンコ依存症はやっかいな病気です。

自分の意思の力だけで治すのは難しく、年月が経つほどその末路は悲惨なものになります。

本来は周囲の理解と協力があって、長い時間をかけて少しずつ治していくものです。

「パチンコをしなかったら、良い人生を送っていたのではないか?」

と今でも悔やむことがあります。

そんな時は

「マイホームがあって自分も家族も病気がない..幸せなんだ」

と思うようにしています。

パチンコ依存症になると、仕事中でもパチンコのことを考えるようになります。

本当に恐い病気です。

決して甘く見てはいけません。

ライフステージの変化がチャンス

結婚する

家を建てる

・海外旅行をする

これらの【イベント】が、人生の中で誰にでも訪れると思います。

この時がパチンコの存在を小さくするチャンスと言えます。

【イベント】をうまく利用しましょう。

意識的に操作するのは簡単ではないですが、頭の中の優先順位が下がるほどパチンコの関心が薄くなっていきます。

「最近、前ほどパチンコしたいと思わないな」

と実感できるくらいになったら、大チャンスです。

何度も来ないチャンスを無駄にせず、『パチンコ依存症』を改善する切っ掛けにしましょう。

元パチンコ依存症だった筆者が影ながら応援します。