ラグビーワールドカップ

オールブラックスが日本でタトゥーを隠す配慮『郷に入っては郷に従う』気高い精神を見せた

ラグビーは、選手も観客も相手を敬いたたえ合うスポーツとされています。

実際、プレーする選手は審判の判定に対して不服を言いません。

そして相手選手のこともリスペクトしています。

2015年『南アフリカ』が格下の日本チームに負けた際、試合後に日本チームを称えていたのが印象的でした。

そして、そのラグビーの精神は試合から離れた場面でも垣間見れます。

『ラグビー最強国』オールブラックスも強いだけではありません。