スポーツと運動

ウォーキング13日目でその効果を発見!脳のポテンシャルを発揮する効果をお試し下さい

こんにちは。ぷ~すけです。

ウォーキングを始めて13日目になります。

ウォーキングをやればやるほど楽しくなっていく感じ…やる前は想像してませんでしたが物の見事にはまってしまいました。

今では歩く前から天気を心配したり、シューズの準備をしたり、少し大袈裟に言えば子供が遠足に行く前の気持ちに近いのかもしれません。

こんなにもやる前からウキウキするのは理由があります。

「楽しいから」

「気分が良いから」

この2つに尽きます。

誰でも楽しいこと、例えば楽しみにしていた旅行の前の日はウキウキしますよね?

それに近い感情だと思います。

まだウォーキングを始めて13日しか経っていないのに、筆者が異常なのかもしれません。

ウォーキングについて客観的に考えてみました。

思っていた異常に奥が深く、不思議な魅力があります。

まだウォーキング素人の域を出ない筆者が、偉そうにウォーキングの魅力を簡単にご紹介したいと思います。

3つだけです。

サラッと読める記事ですので、少し寄っていって下さいね。

ウォーキングの良い所『負荷のかけ方次第で世界を獲れる!?』

突然ですが、世界最高齢のエベレスト登頂者としてギネス記録に認定されている三浦雄一郎氏をご存じでしょうか?

なんと80歳でエベレスト登頂に成功しているとんでもない人です。

この偉業を成し遂げるために、どんなに過酷で特別なトレーニングを積んだのか?

気になりませんか?

それは「歩くこと」だったんです。

背中に30㎏の重りを背負って3時間歩くことを、トレーニングとして欠かさず行っていたそうです。

30㎏の重りを背負って3時間とか…相当な負荷を身体に掛けていますね。

僕が同じ事をしようと思ったら、5分も続かないと思います。

ウォーキング、つまり「歩くこと」は人間に与えられた最も基本的な原点とも言える移動手段です。

歩く姿勢や歩き方が悪ければ体のどこかを痛めてしまい、長時間歩くことは困難ですので甘くみてはいけません。

また負荷のかけ方工夫しだいでは、ギネスにのるような偉業を達成できることが三浦氏によって証明されました。

ウォーキングがもつ可能性を想像すると、ワクワクしてきますよね?

ウォーキングの良い所『誰でも簡単に始められる』

ウォーキングはシューズさえあれば、お金は不要で準備運動も必要ありません。

誰でも簡単に始められることが魅力です。

自分の生活スタイルに合わせて、好きな時間に取り組めるのも良いですね。

ウォーキングするならジムに行ってマシンを使えば良い

という意見もあると思いますが、経験者として言うなら「歩くだけ」という印象です。

ウォーキングの良さは、外に出て日光を浴び風を感じながら地に足をつけて歩くから良いのです。

賛否両論あると思いますが、建物の中でマシンを使って365日調整された室温・湿度の中で歩くのは筆者には物足りない気がしました。

ジムはたくさんの人が利用しているので、ちょっと仲良くなったり意識したりするとたちまち自分のペースを崩すというデメリットも感じました。

ただし、女性が夜一人で人気のない道をウォーキングするのは防犯上、危険かも知れません。

女性の場合は安全面や体調コントロール、有事のフォローを優先してジムで汗を流すメリットがあると思います。

ウォーキングの良い所『瞑想のように思考が深まっていく』

筆者はこれまで、朝の5時~夜の10時過ぎまで、様々な時間帯でウォーキングしました。

心配事があったり作業が煮詰まった時など、特に夜の時間帯を選んでウォーキングをしています。

これはウォーキングをすると、頭が冴えて集中力が増す効果を知っているからです。

しかも夜は、周りが暗くて視界に入ってくる情報が少ないので余計なことを考えずに思考が深めることができます。

人の声や車のエンジン音なども聞えませんのでひっそりとしていますし、一定のリズムで体を動かすのは思考力や判断力が冴えていきます。

こんな環境の中を黙々と歩いていると、少し大袈裟な表現かもしれませんが「瞑想」しているような感覚になることがあります。

過去に「座禅」をした時に、雑念が消えていき心の奥底にある自分の本音に辿りついた経験がありますがその時に似ています。

眠くなる訳ではなく、脳がしっかり動いていて思考が深まるような感じ…表現力が追いつかず、うまく伝えられないのが残念です。

ですが、これだけは言えます。

部屋に何時間も籠もって考えに考え抜いて出した結論よりも、ウォーキングしながら頭に浮んだ事や出した結論の方が良質です。

まだ始めたウォーキングを始めたばかりの筆者が、あれこれ語るのもおかしな話ですがウォーキングがもっている魅力や可能性はいつも感じています。

今日も仕事が終わった後、ウォーキングします。

今日だけでなく明日も明後日もこれからもずっとです。

体の動く限り歩き続けたいと考えています。

そして、さらにウォーキングの魅力にどっぷりと浸かってウォーキングの効果をとことん享受したいと思います。

ほんと、マイナスなことは一切ありませんから、身近な人たちにもお勧めできると思います。

やる前から「ただ歩くだけでしょ?」とウォーキングの効果を疑う人もいるでしょうが、ウォーキングと散歩は違います。

「何が違うの?」

とおっしゃる方は、真剣にウォーキングしてみることをオススメしたいです。

感じ方」は人それぞれですから、先入観を持たずにやってみた方が理解は早いかもしれません。

筆者は40代半ばですが、今の年齢を考慮しても「無理することなく長く続けられる運動」としてウォーキングが最適だと結論を出しました。